人生最後の山登りから始まった伊勢神宮ツアー

先週の金、土と三重県へ。

三重と言えば伊勢神宮ですね。

当然、伊勢神宮にもお参りしましたが
その前に山登りもしてきました。

もう私の残りの人生では、最後の山登りでしょう。

登る前から2度とする氣がないと
思っていたので、トレッキングシューズも
友達に借りました。

ふつうのスニーカーすら持ってないのよぉ

どんだけ運動不足!

今回の伊勢神宮&山登りツアーは
セミナー受講仲間が企画したツアー。

当初は企画幹事3人を含めて11人の予定でした。

でも蓋を開けたら、3人が脱落ドタキャン。

セミナーの仲間に久しぶりに会えるので
楽しみにしていたので、かなり残念だったのですが
3月の香港ツアーの時もドタキャンした人がいて
あららな展開でしたが、どちらも、ドタキャン
してくれて、ちょうど人数的によかったわと
言う結果に落ち着いたんです。

いまどきの言葉で言うなら、神ってるドタキャン?

全然、使い方が違う?

香港ツアーも伊勢神宮ツアーも、ドタキャンな
人がいたからレンタカーやタクシーの割り振りも
ちょうどいい人数だったし、世の中ってうまく
采配されているなぁとつくづく思いました。

今回のツアーは初日が山登りと松阪牛。
2日目が伊勢神宮正式参拝コース。

山登りはどうでもいいわ、、、

と思ったけど、みんなが登ってるのを
麓でぼ~と待つのも寂しいし、人生で
最後の山登りなんだから、果敢にチャレンジ
するのが、ミーハーな私のモットーだよねって
ことで、捻挫しませんようにと祈りながら
登ってきました。

近鉄特急で京都から松阪駅まで。

尾道から行くんだったら大阪から
乗ってもよかったんですが、一緒に
参加する人が京都から乗るよと言われたので
じゃあ、私も京都から一緒にね。

隣同士の席がいいから、切符は買わずに
待っててね。

その人はセミナーの主催者なので、
宿泊の夜にはプチセミナーをしてねと
幹事にお願いされてました。

プチセミナーのための資料は車中で
作る予定だったのに、私が隣に座って
しゃべり倒したので、「全然資料が作れん!」

仕方ないので、特急を乗り替えしたのを
きっかけに、私はメールをチェックすることに
専念して、後半の1時間を静かにすごしてあげました♪

せっかくラブラブ車中にする予定だったのにぃ

そんなこんなで松阪駅に11時40分に到着してからの
話はまた明日ね。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




おばけすいかで皮も有効利用

めっちゃ大きいすいかをもらいました♪

どれくらい大きいか、何かと比べることが
できる写真を撮りたかったのですが、
なにも適当なものがなくて、包丁と
比べています。

これじゃあ、ちっとも、大きさがわからんよね!

切ってみると、ちょっと棚落ちしてたけど。

でも、甘い~!

おいしい~!

棚落ちしてるすいかを見るたびに思うんだけど、
落ちてしまった部分はどこへ行ったんだろうね?

ほんとは皮ごと切り分けて、提供するのが、
食育としてはいいのはわかってる。

でも、こどもって、赤いおいしい部分だけ
ちょろちょろっと食べて、まだ赤い部分が
かなり残っているのに、「もういらん~」
「お替わりちょうだい~」というばかたれな
食べ方をするのよ。

あっ、ばかたれって、うちの子どもの話ね。
と、うそっぽい言い訳、、、

食べ物を粗末にするな!って常日頃思ってる
私は、そういう食べ方が許せないのよ。

頑固すぎるんだけど。

皮を切り取って赤い部分だけを
園児たちに出すべきか、いやいや、皮を
付けてすいかの形も味わせるべきか?

1分間悩んだけど、皮は切り取りました~

で、残った大量の皮。

大きいすいかって、その大きさに
テンションが上がるけど、実は皮の
部分が多過ぎるのよねぇ



皮をそのまま捨てたら、ごみが増えすぎ。

ここも食べたいよね。

一番外側の固い縞模様部分はさすがに
切って捨てます。

ここはばっさりと分厚く切り捨てないと
固くて味が悪いので、思いきります。

あとはできるだけ薄切りに。

塩をまぶして、漬物にしたり、砂糖と
一緒にグラッセとして煮たりしました。

グラッセは冷たく冷やして食べると、結構おいしい♪

塩まぶしは軽く絞って、塩と砂糖で味付けした酢を
かけて、ピクルス風に。

こっちの方はどうしよ、、、と言うくらい大量に
できてしまいました。

子どもたちがそんなに好きな味ではないだろうしなぁ

だれか欲しい人、いるかなぁ

瓶、持って来てくれたらあげるけど~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




米粉パン、練習中

卵と牛乳アレルギーの2歳の園児がいて、
毎週使っているパン屋さんのパン生地には
少しだけど牛乳が使ってあるとのこと。

その子の場合、卵よりも牛乳の方が
強いアレルギーなので、市販のパンは
絶対だめ。

ということで、私の蒸しパンを出しました。

1歳児さんも、市販のパンはいやだなぁと
思うので、同じように蒸しパンを。

そしたら



みんなと同じようなあんぱんの方がいいらしく
他の子のパンをちらちら見て、食べるのが遅い~

しかも1歳児でもちょっと月齢の高い子になると
回りがよくわかるから、同じように2歳児のテーブルを
見て、「あっちのあんぱんの方がいい」

お~ま~え~!
と、思わず心の中でどなってしまった~

心の中よ~

保母さんからも、「この1歳児たちは月齢高いし、
月齢の低い2歳児と変わらないし、あんぱんでも
いいんじゃないですか?」と言われるし。

できるだけ、白砂糖のお菓子とか、ふわふわの
口当たりが良いお菓子は遅い方がいいのよ。

そりゃ、家では与えてるのはわかってるけど。

だからこそ、保育園では与えたくないの。

次こそは、市販のパンを食べてる子の方が
「あっちの方がいい」と言うような
手作り蒸しパンを作るぞ!と気合入れてます。

ちょうど、フライパンで作る米粉パンという本を
見つけて挑戦してみました。
フライパンでできる 米粉のパンとおやつ 小麦粉なしでも本当においしい (立東舎 料理の本棚)

ドライイーストと米粉と甜菜糖、菜種油と塩。

発酵させる時間が足りなかったせいかなぁ

見かけはおいしそうなんだけど、
切ってみると中がふわっとならず、べちゃっ、、、

手作りママレードやりんごの皮でかわゆくアレンジ。

はっきり言うと、ごまかしてるんだけど~
あっ、でもね、今回はアレルギーの子も
1歳児たちも嫌がらず、食べてました。

また今週も米粉パンに再挑戦。

今度は「嫌がらず食べる」から
「喜んで食べる」というレベルのパンを
作りたい♡

やっぱり作る人の氣持ちがふわんふわんな
柔らかい波動じゃないと、おいしいパンは
作れないよねぇ、、、

心の中でどなるような給食先生だと
ふわんふわんなパンは作れないよねぇ
と、反省してます~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ