見ただけでおいしいかどうかわかる

カンボジアの話がやっと終了したので
通常の給食のことや食事のことを書きますね。

沢山溜まっているんだけど、時期を逃がした
話もあるなぁ。

ちょっと前に蕗をいただきました。

おうちの庭に生っていた、今年の初物ですって。

巻いてあった新聞をほどくと出てきた細めの蕗。

写真が相変わらず下手なので、感動が伝わらないと
思うのですが、見た瞬間に、「これはおいしいに
決まってる!」とわかったくらい。

とっても初々しい新鮮な蕗でした。

細めだったせいか、アクも少なくて、筋を
取っていてもほとんど指が汚れません。

さっと茹でて、軽く佃煮に。
この佃煮の写真を撮ってなかったようで、残念よ~

葉っぱも捨てずに、別で茹でて、だしを
取ったかつお節の残りと一緒に佃煮に。


なんか、ただのゴミみたいな煮物にしか見えんね、、、

どっちも砂糖を加えてないけど、苦味も少なく
春の香りを堪能しました。

春は苦味を食べましょうと言われるけど、
今どきの料理方法では必ず砂糖を加えて煮るので
それをすると、苦味も感じず食べやすいけど
ぜ~んぜん苦味がその役割を果たせないからね。

まあ、本物の味醂を少量加える程度はいいけどね。

私も今回、使ったし♪

見ただけで野菜の良し悪しがすべて分かるかと
言うと、まだまだその域に達していません。

7,8年くらい前、県北の農家さんから
仕入れたにんじんを見た時、
「これはおいしい!」と食べる前に
わかったのが、初めてでした。

それ以来、ときど~き分かるようになりました♡

このにんじんは切る時も包丁がサクッと
入り、ほとんど力を入れなくても切れた。

だからと言って、柔らかすぎるにんじんという
のでもなく、一言で言うと、育てた人の
性格が反映されているにんじんでした。

一度しかお会いしていない農家さんだったのですが
特にご主人が感じの良い柔和でひょうきんな方で、
奥様の方も明るい性格の女性で、お手本にしたい
ようなご夫婦でした♡

そりゃ、あのお二人が育てたにんじんなら
性格の良い野菜になるのは当然って感じ。

ほんわかしたオチで終わらないのが、
性格の悪い私のブログ。

国産小麦粉を使ったうどんを仕入れたら
こんながありました。

セラミド入りうどん。

女性の美容にぴったりっぽい?

これは見た瞬間に「あやしい~」と思ったわw

うどんにセラミドなんか入れんでもいいけ。

うどんは小麦粉と水と塩だけで作れるんだから。

国産小麦粉を使っているというだけで
アドバンテージがあるんだから、それ以上の
ことをするなって。

案の定、ひっくり返して原材料を見たら

コーン抽出物。

こいつか!

コーン抽出物からセラミドを取り出しているらしい。

コーンって、遺伝子組み換えの最たるものじゃん~

ほんとにもおっ、
余計なものを加えんといて~

業者さんには、ここのうどんは次から
止めてねとお願いしとこ。

いつも細かい注文を付けて商品を探して来て
くれとお願いする私なんですが、嫌な顔もせず
探してくださるので、頭が下がります。

私も人から頼まれたら、すぐにはいっ!と
言わなきゃいけないなぁ

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




米ドル、死なんといて

9時から2時過ぎまで銀行に缶詰になり
「こんなことなら、もっと朝食バイキングを
食べておくんだった」と超、後悔したわたし。

フルーツ10回お替りしたのに?!

まだ定期預金口座の手続きは完全に
終了していなかったのですが、
窓口が混雑してて、今日は無理ということで
残りは現地事務所の人に任せるということに
なりました。

後日、郵送で、トークンなどが
送られてきてそれを使って、インターネット
バンキングを開始できるようになります。

まだ、これを書いてる時点では送られてきてないの。

帰国して20日だから、まだよねぇ
短気な私は、焦ってるけど。

まあ、とにかく昼ごはんを食べなきゃということで。

パスタ、ハンバーガー、ジュースなどのカフェへ行き
注文した料理が出てくるのを待つ間、屋上に上がって
プノンペンの町並みを眺めてきました。

色、鮮やか!

工事中の建物は緑色のシートで覆われていて
至る所にその緑色が見えています。

プノンペンは以前、フランスに占領されていたとかで
街の中にもヨーロッパ風な建物が結構、多いです。

道路にはあまり信号が無く、右折や左折する時
相手の良心を信じて、交差点に突っ込んでいくのよ~

すごいじゃろ。

灼熱の屋上からカフェに戻ってもまだ、料理ができてない!

そんなに面倒な料理、頼んでないのにぃ

しかも、パフェを食べてみたかったのに
全て、売り切れですと言われ、がっかりよぉ

私はフィッシュバーガー。

どでかいパンで、これはかぶりつけない大きさ。

なので、分解バラバラにして、切り刻んで
いただきました~

魚はさっくりと揚がっていて、おいしかったです。

その後はイオンモールで見学&買い物の予定でしたが
銀行が押した上に交通渋滞で、イオンの時間は小1時間。

駆け足で広い店内を見て回りました。

参加した方でファッション専門の男性がいらして
その人が服を選ぶという突発セミナーもあったのですが。

私の場合、氣持ちが頑固すぎて、その方が
選んでくださる服がことごとく自分の好みじゃなくて、、、

こ、このデザインが、私に似合うんですか?!

このお店にある中で、一番嫌いなデザインなんですけど
みたいな。

他の女性は3人とも、「わ~、すてき~♡」
「ありがとうございます~」
「買います~」な展開だったんですけどね、、、

色としては、ペパーミントグリーンとかが
似合いそうですと言われたので、その色の
素敵な服を見つけたら、ご一報ください♡

イオンモールでの時間が短すぎて、
買いたかったカンボジアのビールも買えず、
ほんとに残念よ。

第一陣の飛行機の搭乗手続きの時間が
迫っているので、イオンモールとは
早々にお別れして、一路空港へ。

これがまた、大混雑の道のりでねぇ

バイクがいっぱい走っているから、
車もなかなか進めないのよ。

途中、大スコールがあり、少しバイクの数も
減ったのですが、20分後には晴れたので
すぐにバイク復活!

でも、無事に空港に着き、お土産を買う
時間もあって、みんなそれぞれの飛行機で
日本へ帰って行きました。

日本円だけで財産を持っているのは、危ない、
他の国の通貨もあったほうがいいと言うことで
米ドル建ての定期預金にしたのですが、
つい最近、「米ドルは死んだも同然」という
記事を見かけて、ひえぇぇぇ、、、

5年間は死なんといて~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




6%の予定が5%になりそう?

ホテルの前にはツアー主催者さんが手配された
運転手さんが待っていてくれ、他のみんなが
宿泊しているホテルへ連れて行ってくれました。

車に乗る前に、ホテルの前で写真を♪

いよいよ、これから銀行へ行き、口座を開いて
定期預金をするんです。

これは銀行の外観。
正面から撮らず、横の堀から撮っているので
建物の大きさがわかりにくいんですけど、
かなり大きな建物でしたよ。

銀行の内部の写真は撮ったらだめらしいのだけど
行員さんが部屋から出た隙に、テーブルの上の
写真を1枚だけ。

衝立の向こう側にも日本人グループがいて
私たちと同じように定期預金口座を開いていました。

このアグレダ銀行、小金持ちの日本人に
金利の良さが知れ渡ってるみたい?

お金のセミナーでこのアグレダ銀行の定期預金の
話を聞いたときには、金利が7%でしたし、
最初は7.5%だったんですって。

でも今回、既に6%に落ちてしまってました。

国のレベルが先進国に近づくほど、定期預金の
金利は下がって行くのが世の常なんです。

しかも、この6%の利子から更に税金が14%
引かれてしまいます。

まあ、日本でも20%引かれるんだし。

では、定期預金が満期になったとき、
どうやってお金を引き出せばいいの?

日本でもコンビニのATMで引き出すことが
できます。
もちろん、日本円で。

だって、日本のコンビニのATMには米ドルは
入っていませんからね。

その日のレートで換算して、引き出すようになります。

引き出すためには銀行カードが必要。
そのカードを作るためには、さらに50ドル必要。

え~ん、、

こうして、どんどん金利6%丸々から遠ざかっていく~

利子は日本の銀行のように1年後にまとめて
付くのではなく、3ヶ月ごとに付きます。
複利で元本に組み込まれず、普通預金口座の
方へ入ってしまうので、時々、まとめて
定期預金の方へ戻してやらないと、損。

しかも、これをするのは実際に銀行の窓口に
行って、手続きをする必要があります。

委任状を書けば、だれかにやってもらうことも可能。

う~む。

ただで?

な、訳ないか。

委任状は日本へ書類を送ってもらえば、自宅で書いて
カンボジアへ郵送して、カンボジアの人がその委任状を持って、
銀行へ行き手続きをしてもらうのです。

この銀行ツアーの主催者さんがカンボジアに
事務所を作っていて、その手続きをする人が
いるので、この事務手続きをお願いするかどうかの
確認がありました。

カンボジアの人に仕事を作ってあげる目的だとか。

え~ん、、

また、丸々金利6%から遠ざかっていく~
と、ケチなことを考える私。

今回のアグレダ銀行の女子行員さんの化粧や
ファッションなどを見てて、彼女たちは
カンボジアの中でも選ばれし者たちなんだなぁってこと。

シャネルのピアスやペンダントを付けてる人、多し。

彼女たちのお給料は私より多いような氣がするわ。



日本の銀行って、お客様は神様ですみたいな
態度で接してくるけど、このアグレダの彼女たちは
「はっ?おまえら、もっと英語をまともに話せるように
なってから、来いっつ~の」「日本にはこんなに
高金利な定期はないだろう」的な上から目線なのよ~

お腹の大きい女子行員が3人くらいいて、日本語通訳さんに
聞いてみました。
「産休はどれくらいあるんですか?」
「え~?よくわからないけど、3ヶ月くらいじゃないでしょうか?」

3ヶ月?!
み、短い、、、

母乳やりたい人はどうするんですか?!と追及したけど
「いや、僕にはわかりません」

子育ては母親じゃなく、おばあちゃんとかが
やってくれるのかしら。

まあ、せっかく手に入れた高給取りの銀行員の
仕事を手放したくはないよねぇ

まあ、そんなこんなで、金利6%が実質は5%に
なりそうな感じなんですが、それでも日本よりは
いいですよね。

この日、銀行に入ったのが9時過ぎで、手続きが
終わったのが、2時ごろよぉ

お腹空いたよぉ

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ