ライプチヒも尾道公会堂も同じ問題なんだ!



商店街にあるあくびカフェで、ベルリンに1年間行ってた
山本君の講演会がありました。

ベルリンの住宅事情や自分がやってきたアート、
住んでいる家をどうやって改築したかなど、まず
山本君の話があって、その後、ライプチヒで知り合った
男性がされてる「日本の家」という活動のお話。

IMG_8743

この方の名前がうろ覚えなので、、、たぶん大谷さん、、、

山本君は美術科卒業のアーチストなんだけど
大工仕事もできて、自分で古い家を改造して
住んでいたくらい本職並みの大工の腕なの。

IMG_8745

その経験を生かして、尾道のいろんな家の
デザインなどを請け負って、その実績をもとに
海外でも仕事ができるようにと、ドイツへ行ってたんです。

日本ではアートで生活するのはなかなか大変だけど
海外ではふつ~にアートが売れたりもするし、お金持ちが
自分のコレクションを展示する個人ギャラリーなどが
わんさかあるようです。

美容院の改装をしたり、借りて住んでいる部屋を改造してたら
大家さんが「ほかの部屋もやって」「ついでにアパートの
管理人もやって」と次々に仕事が舞い込んでいるようです。

山本君、すごい力持ち&執念で、落ち葉を詰めた袋を何百も
運んで部屋に散らしてみたり、大木すらも運んできたりして、
自分の展示会をしてるんですね。

IMG_8747

運んできた落ち葉のすっごい量を見て、作業を想像すると
気が遠くなったよ~

ベルリンでは住宅難で部屋を見つけるのに、すごく
苦労するようです。
若い人はとくにシェアハウスして、一緒に部屋を
借りるのですが、そう言うサイトに「部屋を借りたい」と
100通くらい送って、返事が来たのが10通。

そのうち、7通はすでに相手が見つかったので、残念というもので
3通のみが「面接に来て」
山本君はふつ~の格好で面接に行ったのですが、自分の後から来た人は
パリッとしたスーツ姿で、自分が良い人です、身元も確かですと
アピールする必要があるんだ!とびっくりしたんだって。

山本君の話の後、(たぶん)大谷さんのライプチヒでの
日本の家という活動についての話でした。

ライプチヒは旧東ドイツの町なので、東ドイツ時代に
作られた建物は突貫工事的でペラペラな建物が多いけど
それ以前に作られていた歴史的な建物は、本当に重厚で
価値が大きいのに、人口減のため、空き家になっているからと
言う理由で次々と壊されているそうです。

IMG_8748

それはあまりにもったいないと、立ち上がった地元の
人たちと一緒に、保存運動をしたり、改築した建物を
利用して、難民支援や地元を盛り上げる活動をしているのが
日本の家です。

地域の中の居間という位置づけで考えているそうです。

活動の主な内容は、一緒に料理すること。

4時くらいから人が集まり始めて、大量の野菜を切ったりして
各国のお国料理を作り、7時ごろに食べ始める。
料理の手伝いをした人は、無料で食べれる。
一応、一人2.5ユーロくださいと貼り紙をしてるけど
見張っているわけではない。
でも、赤字になったことはなく、最近では手伝いの人に
バイト代も出せるようになってきている。

特に難民の子どもたちは人と接することが少ないので
ここへ来ておしゃべりできるので、喜ばれている。
他には、ドイツ語をボランティアで教えたりとか。

う~ん!私もこの料理のスタッフをしてみたい~!

IMG_8749

ドイツ語の勉強にもなりそうだし、行きたい~!

そして、ライプチヒの建物を残そうという活動家と、
市役所の人両方が講演をするセミナーを主催して
どうやって、建物を残し、それを利用し、地域の人の
役に立つようにできるのかを考えているようでした。

さびれていた地域が活性化すると、人が集まりにぎやかに
なってくるけど、今度は家賃や地価が上がり始め、今まで
細々と住んでいた人たちが追い出されるという悪循環も
起こったりするので、単純に空き家を残せばいいと言うものでもないみたいです。

この話を聞いていて、尾道公会堂存続問題とそっくりじゃん~と
びっくりでした。
ちょっと古いからとか、利用頻度が少ないからとか
適当な理由で、取り壊そうとするのは、洋の東西を
問わない役所の仕業なんですね。

ほかにもドイツのヴィザ事情とか、花火は大みそかだけ許可とか
面白い話がいっぱいでした。

10月に孫に会いにドイツへ行く予定なのですが
その時、ライプチヒで見たいものがあるので
行く予定にしてたし、とっても参考になった講演会でした。

いつもクリック、ありがとうございます。
どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です