季節早どりの、マツタケの土瓶蒸し

私が最初にかけはしで食事をいただいたときは
5000円コースでした。

その時、けっこう、ごっつい感じの魚の骨の
丸ごとから揚げが出されて、「この骨を完全に
食べることができるくらい揚げてあるのが、すごい!」と
超、超感激したので、あれを超える感動が
今回、なかったんですよね、、、

最初の先付けが、これ。

IMG_9726

手前が、そうめん瓜の酢の物、さざえ。
奥が、ねぶと(小さい魚)のから揚げのマリネ。

もうひとつ、とろろいものすり流し。

IMG_9727

お次は、吸い物。

IMG_9733

にゃ、にゃんと~

マツタケの土瓶蒸しでしたよ!

IMG_9735

マツタケの土瓶蒸しって、食べるのも見るのも、初めて!

でも、でも、残念なことに、このマツタケは、時期が早すぎて
日本産じゃないみたいで、香りがぜ~んぜんなかった、、、

あ~、その点が、ほんと、惜しい!
季節、超早どりでしたけど。

マツタケ以外には、鱧が入ってました。
マツタケの香りはしなかったけど、上品で、すっごくおいしい。
薄味だけど、味がぼけてない。

IMG_9734

次がお刺身。

IMG_9731

普通にお皿に盛り付けてある刺身と、この小鉢に
入っているのが、あなごの糸づくり。

あなごって、焼いてかば焼きみたいにして食べるのが
普通なんだけど、生ですか!
すごく珍しいです、かなり新鮮なあなごじゃないと無理ですね。

酢醤油で和えてあるので、そのまま混ぜて食べます。

刺身は、ひらめ、タイ、よこあマグロ、あかにし、太刀魚でした。

その後に、スズキのじんだ焼き、ずんだ焼きとも言います。
枝豆が乗っけてある焼き魚。

この焼き魚のお味も当然、おいしかったんです。
私が焼くみたいに、パサパサしてないし!
そして、添えてある細長い白いものを見て!
何だと思う?
朝顔よ!朝顔のつぼみよ!

IMG_9736

長いもで作ってあります。
赤い筋は梅干し。
その筋は、ちゃんと削ってあり、梅干しがだれないように
工夫がしてあるし、朝顔のがくは、しし唐で作ってあるのよ!
もう、めっちゃ、細工が細かい!

もう一つのガラスの小鉢は、ぶどうの宮重和え。

IMG_9737

これ、何度聞いても、もやしで和えとしか、聞こえなくて、はっ???

書いてもらってやっと理解できました。
宮重と言う地名は、大根の産地だとか?
大根おろしで和えてるデラウエアなので、宮重和え。
添えてあるみょうがも、さっぱりして、すてき。
名前も考えてありますね。

ここまで食べて来て、たった一人の男性参加者が、
仲居さんに聞いてました。
「えっとぉ、、お肉はないんですかね?」

はい、魚だけでございます。

「あっ、そう、そうだね、地の魚を使ってるんだね、、、」

やっぱり、男性は、魚より肉がいいんですかね?

素人が作る魚料理は、普通に焼くか、煮るか、
まあ、揚げてマリネにするかぐらいなので、
ここまでプロに魚料理のバリエーションを披露してもらうと
すごい!としか、言葉が見つからず、自分の語彙力の
不足をいまさらながら、反省しております。

ちょっと長くなったので、皆さんもお疲れでございましょう。

続きはまた、明日ね♡

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます。
どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です