ちょっと古い本だけど消失グラデーション

ずっと以前、もう5年くらい前?まだ新聞を読んでいたころ。

そう、今は新聞も取ってないし、テレビもない家です♪

日曜日の新聞に読書欄があって、青少年向けに
こんな本がお勧めというコラムがありました。

その中で面白そうな本が紹介されていたら、
切り抜いて、図書館で借りていたの。

その切り抜きがいくつか出てきたので、
図書館へ行ったついでに借りてきました。

2011年31回横溝正史ミステリ大賞の
消失グラデーション。

長沢 樹 作。

消失グラデーション (角川文庫)

いわゆる学園ものがたり。
そして、ボーイズラブ♡きゃあ~!
そして、バスケ部の話。

と思うようなふつ~の学園小説だったのに

最後に

えええっ!!!

そうなん?!

と、超驚く結末で、これはすっごくお勧めな
ミステリー小説です。

感が鋭い人なら、私のこれだけの紹介だけでも
途中から、わかってしまうかなぁ

まあ、私は相変わらず感が鈍いので
最後までぜ~んぜん、わかりませんでしたけど。

でも、ミステリ大賞の選者の作家さんたちが
本の紹介でも驚いた結末、3本の指に入ると
絶賛されていたので、作家さんたちも
衝撃の結末だったんでしょう。

感が鈍いのは、私だけじゃない♪

この本は、ぜったい、ネタバレとかを見ずに
読んでほしいです。

一気に読みたいから、時間がたっぷりあるときに。

こんな楽しい本に巡り合わせてくれて
新聞にもちょっと感謝しなきゃね♡

でも、もう取らないけど。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です