初めての味噌作り

初めての味噌作りって?

もう20年近く毎年味噌を作ってるんですとか
最初に味噌作りを教えてくれた人は、とっくに
作るのを止めてしまってるけど、私は毎年
作ってるんですとか、おまえ、言ってなかった?

そうそう、うそじゃないのよ。

毎年、味噌は作ってるけど、今年の味噌作りは
初めてのやり方に挑戦してみました。

かなり無謀なやり方でw

普通の味噌作りは、

大豆を茹でるor蒸す

つぶす

麹と塩を混ぜる

団子に丸めて、容器に入れ重しをする

そんなにむずかしくないんです。

去年、もやしもんという漫画を見てて、
味噌作りの場面で、蒸し大豆を丸めて団子にして
2週間程放置し、空気中の菌を付着させてから
麹と混ぜると書いてあり、へえ~!ちょっと
やってみようかな♪

詳しい作り方は記載されてなく、漫画の中での
簡単な説明のみ。

そしたら、先日、料理研究家の方の講演会で
「あなぐらで生活している仙人さんが
味噌を作っていて、団子に丸めて
空気中の菌を付着させ、濃い塩水につけて
崩しながら食べると、味噌になっている」という
話をされたんです。

おおっ!

これは詳しく聞いてみたい!

途中でヘンな菌とかくっついてしまって
味噌になるどころか納豆になってしまいませんかね?
と、聞いてみたら

それはそれで、いいんじゃないんですか。

失敗だと思わず、新しい調味料ができたと
思えばいいんじゃない?

いや、それは、、、
せっかくの無農薬無化学肥料のかたつむりの会の
大豆がもったいない、、、

失敗しないように納豆菌が付かないよう
氣をつけよう♪



料理研究家さんはさらに面白い話を。

大豆をつぶす時、足で踏んでつぶすと
とっ~ても氣持ちいいんですよ。
すごい癒し作業になるんですよ。

それは、素足で?

素足でもいいと思うけど、私がやったのは、
袋に入れた大豆を袋の上から踏みましたよ。
それでも、ほかほか温かくて、氣持ちいいのよ~

今まで保育園で園児たちと味噌作りしてたけど
今年の秋は、足ふみ味噌に決定だね♪

で、今回は自分の味噌なんだから、私は素足味噌に
チャレンジするべきじゃない?

お風呂でいつもの3倍くらい足を丁寧に洗って。

でも、常在菌がいなくなったら、意味ないので
石鹸の使用量はいつもと同じで。

さらに大豆を踏む前にはもう一度、熱い湯に
足をつけて消毒もどき。

両足は入らなかったので、片足で、踏み踏み。

田んぼの中に入っているような感じかな。

もっと大豆が熱い方が癒されたかも~

潰した大豆を丸めて、ひもで縛って
つりさげて乾燥させるのが、穴倉の
仙人方式なんだけど、今回の大豆は
茹でたせいで柔らかく水分が多過ぎて、
ひもで縛るのは無理。

コップの上に置いておけば、空中に浮かべているのと
同じ感じかなとやってみたけど、柔らかい煮大豆団子の
せいで、コップの中に落ち込んでしまいました。

ざるや網の上に置いて、できるだけ、乾燥しやすいように。

うちはりすを飼ってるから、りす菌がうようよいるから
りす味噌になりそうw

しばらくは、この部屋で納豆を食べるのは厳禁よと
次女に言い渡してますが、ちゃんと守ってくれるかしら。

当ブログは、しばらく、味噌の話が続きます~

どうか、腐りませんように。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です