不気味ないでたち

香港へ来た時もみんなバラバラの
便でしたが、帰るときも、バラバラ。

私ともう一人は関空着の香港エキスプレスで
午後3時15分発。
羽田着に乗る人も似たような便だったので
この3人がまず最初に11時すぎに宿を出発。

その後、3時50分発とか、5時発とか
遅い人は夕方6時発のもありました。

ゆっくり香港を楽しめていいね~

私たちが宿を出るときは、一人以外は
みんな起きてましたが、寝起きが悪いのが
一人いて、まだベッドの中でごろごろ。

いい加減起きないとほんとに間に合わなくなる!と
せかされても、ごろごろしてました。

ここまで時間にルーズな人は反対にうらやましいわ。

私は、すぐに「遅れたらどうしよう!」と
いらいら焦るからね。

市内で昼を食べるより空港に着いて
昼を食べてから飛行機に乗ろうということで
空港行きのエキスプレス(料金100ドル)に
乗って、30分弱で到着です。

私たちの便は夜8時15分関空着という
予定なので、到着したらダッシュで
荷物を受け取りダッシュでJRの駅へ向かい
特急はるかに乗って、新大阪についたら
またまたダッシュで、ホームへ走り
最終の新幹線に絶対に乗らなきゃいけない。

着物だと、ダッシュの3乗は無理。

と言うことで、帰国当日はふつ~のスカート。

なんだけど、スカートに合う靴をスーツケースに
入れて持って来るのも邪魔だなぁ

足袋と草履とスカートでもいいんじゃない?
香港でそんな恰好してても、だれもおかしいと
思わないよね。

日本に戻って来た時は夜だし、新幹線に乗るときも
そんなに人は多くないよ、きっと。

と、自分に都合よく考えて、靴を持って行くのはパス。

しかし、かなり不気味ないでたちだったようで
岡山駅の新幹線プラットフォームで待っていたら
だ~れも私の後ろの列に並ばないの、、、

そそくさとみんな私を避けて、他の車両の
番号にずら~と並んでいました。

香港は暑くてつい夏服っぽいのを持参してたのですが、
日本に戻ると寒くて、スカートの下にスパッツ履いて
マフラー代わりに風呂敷を首に巻いていたからねぇ。

そんなファッションしてたら、どうひいきに見ても
まともな神経してるとは思えないよねぇ

↑ 空港でシャトルバスを待ってるところ。
一緒の男子は、たそがれてると思ってみたいですが
「バス、早く来い!」といらついていたのよ~

飛行機を待ってる間、残りのメンバーと
スカイプチャットをしていたら、他の便は
軒並み遅れが出てて、私たちの便だけが
まともに出発してくれました。

最後の出発だった人は、日本に着いても
帰るための電車がなく、飛行場で朝を迎えたそうです。

私たちは飛行機に乗って、夜の8時に日本到着と
思っていたのに、7時にベルト着用のサインが
灯り、あれれ?

通りかかったスチュワーデスに聞くと、
7時過ぎに関空着ですとのこと。

ええっ!

そうなの?

7時すぎ!

なんてラッキーな!

余裕で新幹線間に合うじゃん。

草履にスカートという不気味な
恰好じゃなくてもよかったじゃん。

旅行会社が連絡してきた時間は
どうも、香港時間だったようです。

ちゃんと到着する国の時間で教えてよ、、、



海外WIFIも宅配便を使わなくても
空港で返却できたし、ほんとラッキーな
帰国でした。

行きは遅れてどうなるかとひやひやでしたが
あの遅れが、今回のツアーの厄落としだったんだね♪

こうして、アンラッキーで始まった香港ツアーも
ラッキーな展開で帰国できました。

いつも一人で旅をしてるのですが、
こんなふうに団体旅行というのも
楽しいもんだなぁ

人数もこじんまりとしてて、手頃だったし。

唯一残念だったのは、数秘術だと3月の旅行は
恋愛運的に最高!のはずだったのに、
な~んにもロマンスがなかったってこと。

石油王は、目が節穴かっ!と悲しく
ツッコミを入れたのでした。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です