やっとふなやきの作り方のコツがわかった!

尾道の初夏のお菓子、ふなやき。

初夏のお菓子と言いつつ、8月くらいまで
ちゃっかり売られてますけどね♪

京都の水無月というお菓子も初夏のお菓子ですよね。

この水無月、大学生の時、近所の和菓子屋さんで
初めて見て、ひょえ~!なんて、おいしいぃぃ!と
大感激。

元々、ういろうが大好きなせいもあるんだけど。

話が脱線するのを承知で書くと、名古屋の
ういろうはだめよ~
私が好きなのは、山口県のういろう。

山口のういろうは、ぽにゃぽにゃしてて
触るだけで氣持ちよくて、食べるとさらに
癒される食感でと、言うことなし♡

名古屋のは釘が打てるんじゃないかと
思うくらいかっちりしてて、色氣がない。

色氣のかけらもない私が言うのもなんだけど、、、

話をふなやきに戻すと、皮に特徴があります。

表面に氣泡が残っている焼き方と言うか、
知らない人が聞いたらますます想像しにくい
ヘタな説明ですみません。

うっすらときつね色になってて、あばたみたいな
焼きあがりになってます。

市販の皮のように焼きたいと思っても
どうやってもうまくできず、何年も
悩んできたのですが、昨日焼いていて
もしかして、こうすればいいかも?と
ひらめき、やってみたら、、、

その通りだった!!!

余計なことをせず、じっくりと
落ち着いて、焼けばいいだけだったと
わかりました。

人生も子育ても多分、同じなんだろうな~

と、哲学的なことを思いつつも、
実践できない私なの~

友人の友人が和菓子屋さんを始めたので
ふなやきの作り方を聞いて来て!と
頼んでいたけど、自分で悩んで考えて
こたえが分かると、すっごく氣持ちいい!

自分がめっちゃ賢くなった氣分♡

ここまで単純な人、いないよね

最初に作った5年前のことを思うと、
上手になってるけど、まだ一つずつが
同じ形に作れてないので、だめですね~

小豆300g使い、砂糖を100gで甘みをつけ、
塩を5g強加えて、甘さを引き立てています。

商売として和菓子を売るなら、これだけの甘さでは
売れないんでしょうけど、保育園では十分人氣。

でも、60人の園児のうち4人があんこがだめでした~

市販の甘~いあんこなら食べるという園児もいるんだけどねぇ

早くこの味に慣れとくれ。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です