ビジネスクラスの食事の味付けに感激

ルフトハンザからビジネスクラスの
チケットをもらったので、搭乗も早めに
さっさと入らせてもらえます~

ビジネスクラスの部屋(というのかしら)には
席もまばらに配置してあって、ゆっ~たり。

席自体も大きいんだし。

3列あって、1列は2席ずつで14席くらい。

私の席の隣にはすでに30代前半とおぼしき
男性が座っていたんですが、その男性、
「けっ!隣はこんなオバハンかよ・・・」と
いうオーラを振りまいていたんでしょう。

CAさんが来て、「隣のと方はお連れさま、ではないですよね?」
「本日はお席に余裕がございますので、他のお席に
移られても大丈夫でございますが、如何されますか?」

もちろん移ります💛

隣にだれも座っていない窓際へ移動。

でも、あとで氣づいたのですが、その列ごとに
CAの担当が決まっていて、最初に座ったのは
日本人CAさんだったのに移った場所はドイツ人
CA担当になっていて、意思疎通がむずかしい・・・

この点は失敗したわ。

ウエルカムドリンクは何がいいですか?と
聞かれて、迷わず、ゼクトをお願いしました💛

ゼクトってスパークリングワインのこと。
まあ、シャンパンですね。

スパークリング日本酒があれば、そっちが
欲しかったのですが、メニューを見せてもらったけど
なかった・・・ 残念。

ついで、ウエルカムスイーツも配られました。
クリスマスのクッキー。

アメニティもビニル袋に入ってるんじゃなくて、
布製のポーチに入っていて、毛布もペラペラの
じゃなくて、2種類の布が縫い合わせてある。

イヤホンもめっちゃ耳の当たりが柔らかくて
使いやすいの!

座席のリクライニングも割と細かく
動かすことができて、自分の体に
合わせやすくなってます。



トイレにはガーベラが飾ってあるし。

もお、至れり尽くせりなの💛

飛行機に滞在中、一番氣になる食事の時間。

あほで欲張りな私は、もらったメニューに載ってる
料理をぜ~んぶ食べれるんだと勘違いしてましたが
メインも副菜もどれかを選ぶんでした。

悩んだ末、野生のガチョウのローストを注文。

オードブルの皿は先に持って来てくれます。

ここに添えてあるサラダがうっひゃ~というくらい
おいしかった!

レシピ、知りたいくらいだった。

デザートはチーズの盛り合わせを選んだけど
これは、いまいちだったな。

朝食は洋食をチョイス。

和食もおいしそうな内容でしたが、まあ、
日本に戻ったら毎日でも食べれるんだし。

バターが絞り出してあるの、分かる?

朝食は、夕食に比べて感激度がかなり低下しましたけど。

そろそろ飛行機も羽田に着くという時、
ドネーションのお願いの機内放送がありました。

座席にもあらかじめ、寄付金袋が置いてあったの。

残っていたユーロは全部、孫のお小遣いにあげるよと
言ってたんですが、長女がいつなにがあるかわからんし
ちょっとくらいは持っときというので、5ユーロ札だけ
財布に残してました。

その5ユーロを袋に入れて、CAさんに渡すと、
なんかめっちゃ感激して受け取ってもらいました。

ビジネスクラスに乗る人って金持ちだと思うけど、
寄付する人、あんまりいないのかしら…?

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です