インドへ行くときは梅干し持参で

インドへ行ってた知人が、インドで死ぬかと
思った話をしてくれました。

超、氣をつけていたのに、なにかで
下痢してしまい、氣温が40度あるのに、
寒氣がして何も食べれん、飲めれん状態。

食べるものもカレーしかなくて、
食べる氣になれず、ポカリの粉を
薬局で買ってきてもらい、ミネラルウォーターに
溶かして飲んだけど、インドのミネラル
ウォーターは大丈夫なんかと心配になるような
水だったとか。

それでも、それしか口に入らず、がんばって
飲んで、命を繋いだそうです。

とにかく水が汚くて、シャワーを浴びても
たまった水が泥水状態。

ひょえ~

ついに、おしっこも出なくなったんだって!

それは恐怖よねぇ

命からがら帰国して、韓国でトランジット。
空港の待ち時間の時、シャワーを
浴びたら、途端におしっこが滝のように
出てき始めた。

体は汚い水で洗われていたら、おしっこって
出ないものなの?!

なんで?

よく、インドへ行くと人生観が変わるとか
言われるけど、まったく、変わらんかった!

二度と行かんという氣持ちになっただけと
インドへの恐怖を語ってました~

「なんで、梅干し、持って行かなかったの?」と
聞くと、逆に質問が来た。

「なんで、梅干し持って行けばいいの?」

もおっ~

海外旅行、特にインドやらアフリカやら
日本と水が段違いに違う国へ行くときは、
梅干し、必須でしょうが!

姑さんなんか、日本国内を旅行する時ですら
梅干し、持って行ってたよ。

おなかの調子が悪くなったら、梅干し食べれば、
少々のことなら、治るから。

知らんほうが不思議なんだけど。

しかも、インドへ行くなら、7年物の梅干しを。

普通の梅干しより効果が倍増♪

「そんなこと、知ってるなら、行く前に
教えてくれよ」
「7年の梅干しとか、あるわけない!」と
ブーブー言われたけど、
みんなふつ~に知ってると思ってたわ。



いざというときに備えて、7年物、用意してますよ💛

インドへ行く予定がある人がいたら、あげるよ。

その代わり、アーユルヴェーダの目薬、買ってきて。
紫色の目薬。

ずっ~と以前、ヨガの先生から買った目薬が
よかったので、賞味期限過ぎてても、冷蔵庫に
保管して使い続けていて、ついに無くなったの。

今回も買ってきてとお願いしてたら、どれも
目薬はアーユルヴェーダだから、ちゃんと
ブランド名を言ってくれんと買えん!と
お土産なし~

もう容器は捨ててしまったから、ブランド名も
わからないのよ・・・

インドに限らず、海外へ行くときは、梅干しを
ちゃんと持参しましょう。

と、書くと、はちみつ入りじゃないとすっぱくて
食べれないんだけど、それでもいいですか?と
質問するあほな人がいるけど、だめに決まってます。

塩だけで漬けた梅干しじゃないと薬効はありません。

そもそも、はちみつ入りとかかつおだし味とか
そういうのは、梅干しじゃないので。

梅を使っているだけの調味液まぶしですから。

それって、食べないほうがましなくらいです。

いくら梅が体にいいと言っても、調味液は
添加物の塊だから。

毒を食べてるようなものよと、言うと、
言い過ぎかしら~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です