枯れ木も山の賑わい的なお月謝

昨日の薪能では無事に晴れて、
今日は雨。

お客さんも濡れずに観劇できてよかったね。

観劇が終わったら、生徒さんでお片付けを
するから、お願いねと言われていたのですが、
てっきり、椅子の片付けだと思い、外で
いくら待っていても指示がない・・・

いったいどこでお片付けなんだろう?と
受付にいる人に聞いてみたら、庫裏だと
思いますよとのこと。

そうか!

よく考えてみたら、庫裏に決まってるよね。

ほとんど片付けは終わってる~

生徒頭の人をやっと探して、「遅くなって
すみません」

もっと早くに氣づいていたら、演者の人の
舞台裏が見れたのに、ほんとに残念。

別室で飲み食いしてた招待客やお偉いさんの
弁当を片付けて。

去年まで見かけない顔の私が楽屋で
うろうろしてるので、奥様が
あれはだれ?と驚かれたみたいで、
生徒さんが、「去年から習われてます」と
紹介してくださいました。

相変わらず不調法なので、私の方から
挨拶すべきところを失礼しました。

片付けのあとは、出演された大先生、
若先生とその子どもたちと奥様たちと
一緒に生徒も弁当をいただくので、
その準備を。

私たちが食べるのは、招待客のより
一段下のランクっぽい弁当♪

お客さんたちからの差し入れのお菓子が
残っていて、それもみんなの席へ
配ってもらいました💛

職場での昼は軽く食べただけで
めっちゃおなかがすいてて、観劇中、
ずっと思っていたのは、「おなかすいた」

あっという間に弁当完食!

これまた差し入れのお酒もがぶがぶ3杯も
いただいてしまい、手伝いに来たんだか
食べに来たんだかわからん始末。

来年からはお手伝いのお呼びがないかも。

若先生一家は遅くなっても京都へ
その日のうちに戻られ、翌日はまた
別の能舞台があるそうです。

7月には上の男の子の舞台があるそうで、
何人もの生徒さんが観に行かれるみたい。

さらに祇園祭のころにも重要な発表会も
あるそうで、もちろんこの日も皆さん、参加。

とまあ、こんな具合に能のお稽古してたら
お金に羽が生えちゃうんです~

新しい舞台衣装が昨日届いたという話を
若先生がされていて、「見たら、皆さん、
驚かはりますよ」
「うちの息子の代になってもまだ
着れると思います」

いったい、そんな豪華な衣装、
おいくらするんでしょうか?!

私がお金の心配しなくていいって!

芸術って、なくても生きて行かれるし、
今のように不景気な時代だとぽ~んと
簡単に協賛金を出す企業も少ないでしょうし。

 

こんなことを書くとすっごい失礼なんだけど、
先生という立場でも、パトロンの
企業さんには頭を下げていらっしゃるなぁと
思う場面がないこともない。

奥様も私みたいな役に立ってない新米の
生徒にも、とっても丁寧にご挨拶して
くださり、がさつな私はどうお返事していいのか
ますますうろたえる~

しかも、予定外の人数だったと思うのに、
私にまで、お土産として京都の老舗の
お菓子をいただいてしまい。

余分に用意して持ってこられていたんですね。

ますます恐縮。

28年前に大先生が尾道でお稽古を
始められた時は50人の生徒さんだったそう!

今は何人なのかなぁ

かなり減っているはず。

枯れ木も山の賑わいだから、私も
辞めずに続けなきゃね~

微々たる私のお月謝代でも
日本の能を支えてますよね♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です