柏餅に入れるよもぎの効果

年長組の園児たちと月に一度、
クッキングをします。

5月は季節の柏餅つくり。

米粉と豆腐を混ぜて生地を作り、
私が用意していたあんこを包んで
葉っぱに挟んで、できあがり。

尾道では柏餅は、柏の葉っぱを使わず、
ぼての葉を使います。

標準語で言うと、サンキライの葉?

がけに沿って、生えたりしてます。

秋になると実が赤くなり、蔓として
花材に使われたりしますね。

自分で採りに行ってたこともありましたが
あまりに大変だったので、最近では
産直市で買ってます。

今までは小豆であんこを作ってましたが
今回は、青エンドウのあんこと、白小豆の
あんこで。

しかも、白みそを混ぜて。

ちょっと塩気がある甘さ控えめすぎなあんこ♪

まあ、毎回、甘さ控えめすぎなんですけど。

豆・雑穀の専門店 すずや

園児たちの手のひらは小さいから、生地を
手のひらいっぱいに伸ばしても小さくて、
あんこをくるもうとしても、生地が足りず、
じょうずにくるめません。

でも中には器用な子もいて、ちゃんとあんこが
見えないように上手にくるむ子もいるんですよ!

葉っぱではさみ終わったら、蒸し器で10分ほど
蒸して、できあがり。

葉っぱはきれいな緑色でしたが、蒸すと
茶色くなってしまうのが、残念。

こんな風に生地からあんこがはみ出してます。

4月に桜餅を食べるとき、葉っぱも食べてよと
伝えるので、柏餅の時も葉っぱを一緒に食べるのだと
思っている子もいたりしますが、さすがにこれは
食べるとモサモサして、おいしくないよねぇ

小さい園児たちには葉っぱをはがして、4等分して
手渡してやると、ちゃっちゃと食べて、お替りコール。

もちもちして食べにくいかなとか、あんこが
甘くないから苦手かなとか心配してましたが
まったく意に介せず食べてくれてました。

今回はよもぎの葉っぱも生地に加えてます。

園児たちがお散歩の時採ってきてくれたよもぎ。

給食室で茹でて刻んでおいたのを見せて、
ニオイを嗅いでもらっても、???

この緑の塊、なに???

あなたたちが道から採ってきたのに、
覚えてないの?

ニオイでわからないの?!

やっと一人だけが、「よもぎだ!」と
わかりました。

自分たちが採ってきた時と、形が
違うから、氣づかないのかしらねぇ

よもぎは特に女性が食べると、血が
きれいになるし、造血作用があるから、
毎日少しずつでも食べると、良い草です。

草。

まあ、野菜じゃないし。

草よね。

ちょっとだったら茹でたり水にさらしたりと
面倒なことをしなくても、みそ汁に2,3枚
入れて食べてみてね。

2,3枚程度なら、えぐみもそんなに感じないから
大丈夫です。

と言いつつ、私も最近、食べてないから
庭のよもぎを探してきます~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です