小豆を一度だけ渋抜きしてみた

マクロビオティックでは、あく抜きというのを
あまりしません。

あくは抜くんじゃなくて、収めるという感じ?

ごぼうを料理するとき、ふつ~は切った
端から、水に漬けていき、さらに酢水に
漬けたり、洗ったりして、真っ白にしますね。

マクロビオティックでは、切ったらそのまま炒めるんです。

その時、ごま油や梅酢を使って、あくを
収めながら炒めます。

こうすれば、ごぼうのえぐみも消えて、
滋味のあるきんぴらごぼうになるんです。

でも、やっぱり、まな板にごぼうの真っ黒い
あくの汁がしみつくのはいやよねぇ

と言うことで、私は、一度だけ、さっ!と
水に漬けてます・・・

これってマクロビオティックじゃないなぁと
思いつつ、まあ、その人の目的とか体質に合った
やり方がマクロビオティックなんだし、いいっか♪

小豆もマクロビオティックでは大切な素材。

ここまで読むと、ピン!と来ると思いますが、
小豆を煮るときも渋抜きはしません。

水に漬けて、すぐにそのまま煮ていきます。

その時、切手くらいの昆布を入れて煮ます。

早くおいしく煮えると言われてます。

実は、あんまり実感ないけど。

まあ、昆布のことは、いいんです。

今回は、渋抜きしないあんこの話です。

今までずっと渋抜きせず、あんこ、作ってました。

あんこラブなので、とにかく、あんこだったら
なんでもよかったというのもありますが。

でも、やっと今頃になって、私のあんこって、
洗練されてない?!と氣づいた。

遅すぎ!

で、今回、渋抜きしてみた。

一度だけ渋抜き。

プロの和菓子屋さんは数回渋抜きするらしいけど、
まあ、あんまり渋抜きしても、せっかくの小豆の
良さが流れて行きそう。

結局、あくって、その素材の持ち味よね。

あくがないごぼうって、ただの筋?

産後や妊娠中の便秘解消や体重管理のためのピクノジェノール配合サラシアルイボスティー「デテーサ」

渋抜きやりすぎると、たしかに洗練された
あんこになるけど、物足りないよねぇ

と、言い訳しながら、一度だけやってみたら、
予想通り、いつもよりおいしいのができた♪

やった後で、渋抜きの温度のタイミングとか
氣を使わないといけないとわかったけど、
時はすでに遅し。

このくらい煮えたら、渋抜きしてもいいかなと
自己流でやってしまいましたが、結果は
よかったので、多分、タイミング合ってたのよね。

この煮小豆は、砂糖を加えてフープロで
ペースト状にして、こしあんに。

本物の漉し餡は、めちゃめんどうだし、
皮を取り除くことになるから、もったいない!

小豆の良さは皮にあるのよ。
というか、食べ物は丸ごと食べてこそ、
私たちの体で最大限に力を発揮してくれます。

この漉し餡を使って、ういろうに。
ういろうとも言うし、蒸しようかんとも。

お当番がおやつを取りに来て、見た瞬間に
「あっ~!これ、おいしい分よねぇ💛」

今回も、お決まりの砂糖少な目ういろう。

今回は準備に忙しすぎて写真を撮れてないので
以前のういろうの写真を載せております~

あんこ大好きな男の子がいて、私がどんなに
失敗作のあんこを作っても、お替りしてくれる。

今回もちびちびと食べて、お皿も洗わなくて
いいんじゃないかと思うくらい、なめまくって
持ってきてました♪

と言うことで、私は厳格なマクロビを
やってません~
元々がいい加減な性格なので、きっちりできないと
言うこともあるし、いい加減なくせに、ちゃんと
できないと「できない私って駄目な私」と自分を
否定してしまうので、丁寧なマクロビは放棄しました♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です