疑惑の魚セミナー

市役所からのお知らせで、魚のセミナーが
あるとのこと。
でも、なんでこんなに遅く知らせるのよ?!
わざと参加者を集めないため?と勘繰りたくなるくらい
お知らせが届くのが遅い。

開催の5日ほど前にやっと。

午後2時からだったのですが、その日の
おやつはおにぎりだったので、昼の
給食を片づけつつ、おにぎりの用意を
したら間に合うかも。

間に合わないとしても5分か10分の遅れで
済みそうだから、申し込みます~

で、予想通り、5分の遅れで到着。

スライドを使って、講師の仕事の説明など。

講師はマルハニチロの社員で日本水産会へ
出向しているそうです。

マルハニチロかぁ

(あの会社の商品、いまいちなんだよねぇ)
大きな声では言えないけど~

そこは置いといて。

鯛のうろこをスプーンで落としたり、2枚におろしたりを
デモンストレーション。
その後、私たち参加者も少しずつやらせてもらいました。

参加者のうち私のような部外者は4,5人ほどで、
あとは全員、市役所の各部署勤務の人ばっかり!

実は、身内だけで固めたかったの?

鯛を煮たり焼いたりして、食べるときに
骨の位置を確認しながら、子どもたちに
説明できるようになるために、しっかり
食べさせてもらいました♪

ほとんど塩を振らなかったのですが
新鮮な鯛だったせいで、さらに醤油などを
掛ける必要もなくておいしく食べれました。

さすが、鯛ですね。

講師の先生は、自分が食べた魚の口の骨を
洗って乾かして名前を入れて保存!

魚によって、食べるものがちがうので、歯が
尖っているのやすり減っているのや、どでかいのや、
まあ、さまざまにあって。

受講前は、魚なんてどれも同じような氣が
してたけど、仏像ツアーの時と同じで
こんなにそれぞれ違いがあるんだ!とまたまた
びっくりおどろきでした。

ほんと、魚に失礼ですね、私。

魚の剣?
物差し?

カジキマグロのツノです。
ツノなのか、くちばしなのか?

魚の群れの中にこのツノを振り回しながら
飛び込んでいき、ツノに当たって、倒れた
小魚を食べるという漁法なのが、カジキマグロなんだって。

カジキマグロと言ってるけど、あれはマグロの
種類ではないので、今はカジキと呼ばれています。

鮭や鱒のポスター。
マグロのポスター。
ヤマメやアマゴのポスター。

など、魚を種類に分けてちょっとした説明付きの
ポスターがすごく興味深い。

電車や車、昆虫のポスターは数多くあるけど、
魚のポスターは珍しいかも?

マルハニチロから1枚500円で販売しているそう。

魚にも違いがいっぱいあるんだと氣づいて
そこから興味を幅広く持ってもらい、魚を
食べるのが好きになるだけでなく、生物
ぜんたいに興味が広がれば、医者や科学者に
なる子が出てくるんじゃないかと期待されていました。

翌日はタコとイカの違いについてのセミナーだったのですが、
ちょうど給食を作っている時間帯。

こっちも聞きたい!とお願いしてみたら、
動画を撮影するから、もしかしたら、DVDに
して、あげれるかもとのこと。

ぜひ、見たいです!

タコとイカの墨も違うらしい。

どう違うのか、知りたい!

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です