作成者別アーカイブ: risuko44

オーストラリアの本物のオリーブオイル

撃沈おやつの話を書く前に
抽選で当たったオリーブオイルの
事を書いてみます♪

オリーブオイルって、なんか
苦味というかエグミがあるような
氣がしてて、いまいち、好きじゃなかったんです。

オリーブオイルを使い始めたころ
友人が「オリーブオイルって、
なんか化粧品みたいな味がするよね」
と言ってて、そう言えば、そうだなぁと。

時々、喉がむせたりすることもあって
私には向いてない油なのかも?

まあ、ココナツオイルとかごま油とか
使えばいいんじゃないと、オリーブオイルの
ことは、私の油の範疇になかったんです。

最近、料理の先生に「油はどうしてますか?」と
聞いたら、「菜種油とオリーブオイルを
使っている」とのこと。

う~む・・・

オリーブオイルってやっぱり、必要なのか・・・

でも、日本で売ってるオリーブオイルって
粗悪品が多いって聞くじゃない?

古いものに着色してるとか。

私たち素人には良さが見分けられそうもない?

オリーブオイル難しいと困っていたら
にゃんと!
最高級の本物のオリーブオイルが当たったんですぅ!

オーストラリア産。

えっ?
オーストラリアにオリーブオイルがあるの?
しかも、最高級なの?

と、困惑しましたか?

意外にもオーストラリアは良質の
オリーブオイルの産地。
気候がギリシャ、スペインなどの
オリーブ生産地と似ているので、生産される
オリーブの品質も高評価を得ているそうです。

一般的な油の作り方として、ごく簡単に
説明すると、加熱して細胞を変性させて
油が外へ出やすくした後、ぎゅっと圧縮し油を
採るのですが、それだけでは量が限られるので、
そこへ薬品を入れて、もっ~と大量の油が
採れるようにします。

そうすると、薬品くさい油になってしまうので、
その臭いを消すためにまた別の薬品を加えたりします。

加熱すると、大量の油が採れますが、質は悪くなります。
また天然成分が壊されたり、香りや鮮度も落ちるし、
油自体の劣化も早くなってしまいます。

加熱せずコールドプレスという方法で搾油すると
少ない量しか採れず、値段が高くなると言うわけです。

オーストラリアの最高級オリーブオイルは
もちろん、コールドプレスの油です♪

しかも、どさっとオリーブを仕入れて、
ごちゃ混ぜで油を採るのではなく、
シングルエステート方式。

単一農場のオリーブで、搾油することです。

品質のばらつきが少なくなるから
味や香りなど安定したおいしさが確保できます。

まあ、当然、値段はその辺のスーパーで
売っているものと比べて、3倍くらいするけど。

でも、このオリーブオイルを食べてみて、
オリーブオイルは油として扱うと言うより、
調味料として扱うほうが
的確かもと思うようになりました。

味噌や醤油などの調味料は伝統製法の
本物を使うと、そんなに沢山使わなくても
味がちゃんと、決まるんです。

だから最初買う時は、「高っ!」と思っても
じゃんじゃか使わないので、減り方もおだやか。

今回、当たったエキストラヴァージンオイルも
同じですよん。

パンに付けて食べるときも、みそ汁に入れるときも
ほんの少しで十分、おいしく味わえます。

パンにマーガリンを塗るでしょう?

あれは止めた方がいいよね。

でも、バターは固くて塗りにくいから、
またマーガリンに戻っちゃうのよね。

そんな時、オリーブオイルの出番。

エキストラヴァージンとはちみつ、もしくは
メープルシロップをパンに塗ると、マーガリンを
塗った以上においしくいただけます♪

私は朝のスムーズに垂らしたりもしてます。

かぼちゃのケーキにも使ってみました。

私が作るケーキにしては珍しくふわふわに
焼きあがりました💛

油の質がいいから、塩をささっと振るだけの
炒め物を作っても、かな~りいい感じに
仕上がります。

何で味付けしてる?と聞かれるよ。

ほんと、調味料は大切。

無農薬野菜とかオーガニックの肉とか
そういうのって高いし、買うのを躊躇する時は
とにかく調味料だけはいいもの、本物を買う。

これが大切。

そうしたら、〇〇の素とか〇〇ドレッシングとか
必要なくて、冷蔵庫の中もすっきりするし。

オーストラリアのエキストラヴァージンも
ええっと言うくらい高いかもしれないけど
一度は良い油ってどんな味なのか、知って
おくのも必要なことですよん。

箱も重厚感があるので、贈り物に
しても、喜ばれそう。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




園児の心をわしづかみなメニュー

サーバー会社がメンテナンスをおこなったせいで
このワードプレスにログインできなくなって、
1週間も!

やっと、サーバー会社がメンテナンス以前の
状態に戻してくれて、ログインできるように
なりました。

ほんとにもおっ!て感じな1週間でした。

写真だけはどんどん溜まっていってたので
どの話から書こうかなと選り取り見取り状態。

今が旬なかぼちゃとさつまいもを使った
お菓子っぽいおかずを作って、園児の
心をわしづかみにした自慢話でもいい?

お菓子っぽいと言っても、砂糖は全くゼロ。

かぼちゃとさつまいもとにんじんという
甘い野菜のトリオなので、少しの塩で
甘さを引き出しています。

こういう時、マクロビオティック以外の
レシピでは必ず、砂糖を入れるのよね。

なんでこんな甘い野菜を使うのに、
砂糖を入れるんだよとひとりごとで
ツッコミを入れるんだけど、料理研究家や
栄養士たちって、砂糖が好きだよね…

柔らかく煮た野菜をフードプロセッサーで
ペースト状にして。

そのまま食べてもいいんだけど、ここで一工夫。

絞り出し袋に入れて、カップにぐにょぐにょと
絞り出します。

次はハートの形に。

丸くお花の形にも。

これはカップの上にスプンでぼてっと載せて、
上にハートを絞ったのですが、失敗作。

そして、オーブンで軽く焼いて、ちょっと
クッキーみたいに仕上がりました♪

園児たち、見た途端に、「わあ~?!」
「これ、なに?!」
「クッキー?!」
「デザートなの?先に食べてもいいの?」
と、大興奮。

味ももちろん、氣にいってもらえて、
お替り続出。

小さい1歳児2歳児たちも、もっとほしいほしいと
次々と食べてくれました♪

色がくすんだ黄色なのは、かぼちゃの皮も
さつまいもの皮も入っているからです。

マクロビオティックなので、皮は必須よ♪

実際に作って食べてみると分かるんですが
全然どおってことない味なのよ。

いも、かぼちゃ、にんじんと塩。
想像つきますよね。

かわゆい形に絞り出したと言う点がミソなだけ。

でも、子どもってたったこれだけのことで
大喜びしてくれるから、張り合いがあります。

フードプロセッサーでペースト状にするのは
まあ、面倒と言えば面倒。

でも子どもたちの食べっぷりと歓声を聞くと
次もやらなきゃねと思います。

この日はちょうど運動会のリハーサルで
場所となる体育館で練習した後、30分くらい
掛けて歩いて戻ってきたので、みんなすごく
疲れていたんです。

あの道のりを3歳児も一緒に歩いて帰ってきたのかと
思うと、出迎えた時、涙が出てきたわ。

前月に給食の献立を作った時はこの日が
リハーサルになるとは思わず、てきと~に
絞り出しクッキー風メニューを組み込んだのですが
子どもたちへのご褒美になって、よかったです♡

私が給食の仕事をやり始めて間がないころ、
全然おいしくできなくて、悩んでいたら
園長先生がどこかの栄養士を呼んで来て、
「アドバイスしてもらったら?」と言われたんです。

その時の栄養士は、「時々でもいいから、市販の
アンパンマンポテトなどを使って、子どもの心を
掴むといいですよ」

私は、「はっ?!おまえ、ば〇?」と思ったのよ~

栄養士ともあろうものが市販品に頼れって言う?

その時から私は市販品に頼らず、絶対に園児の
心を掴む給食を作れるようになってやると
決心して、今に至るというわけなんです。

今回は園児の心をわしづかみにした
自慢話ですが、次回は、またまた撃沈した
悲しい物語になる予定ですw

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




すいかパイ、撃沈

かなり前に下書きしておいた記事なので
やや季節外れ氣味で失礼します…

すいかの白い部分をそのまま捨てるのが
もったいなくて、塩もみして漬物を
作ったりしていましたが、甘い系は
どうだろうと、シロップ煮を作ってみました。

と言っても、私が作るので、砂糖が
少なすぎて、「もっと甘い方がおいしいかも」と
アドバイスされました。

試作的に作ったすいかのミニパイ。

これは物珍しかったせいか、「食べた~い」
「うん、おいしい」と評判がよかったので
つい、「砂糖を足さなくてもいいや」

皮には小麦粉、少々の塩、油のみの成分です。

パイ皿にパイ生地を伸ばして、上には編み込み
リボンもせっせと作って載せてみました。

残った生地で型抜きクッキーも。

残ったすいかのシロップを上に塗って焼いたせいで、
こんな変な焼き色がついてしまった・・・

 

最初の試作がけっこう、評判
よかったので、こっちの本作品も
大丈夫!といい氣になってましたが。

撃沈・・・

「中身が入ってないパイ皮だけ、
ちょーだい」とか
「ジャムを塗ってほしい」とか。

半分くらい残ってしまいました。

ひえ~

パイ皮にはたっ~ぷり油を入れて
サクサクに出来上がったので、
皮だけは評判よかったんですけどねぇ

やっぱり、ある程度の甘さは必要だな。

まあ、すいかの皮のシロップ煮の
食感とか味の方も改善が必要なのよねぇ

来年の夏には名誉挽回します!

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ