カテゴリー別アーカイブ: お役立ちマクロビミニ知識

インドへ行くときは梅干し持参で

インドへ行ってた知人が、インドで死ぬかと
思った話をしてくれました。

超、氣をつけていたのに、なにかで
下痢してしまい、氣温が40度あるのに、
寒氣がして何も食べれん、飲めれん状態。

食べるものもカレーしかなくて、
食べる氣になれず、ポカリの粉を
薬局で買ってきてもらい、ミネラルウォーターに
溶かして飲んだけど、インドのミネラル
ウォーターは大丈夫なんかと心配になるような
水だったとか。

それでも、それしか口に入らず、がんばって
飲んで、命を繋いだそうです。

とにかく水が汚くて、シャワーを浴びても
たまった水が泥水状態。

ひょえ~

ついに、おしっこも出なくなったんだって!

それは恐怖よねぇ

命からがら帰国して、韓国でトランジット。
空港の待ち時間の時、シャワーを
浴びたら、途端におしっこが滝のように
出てき始めた。

体は汚い水で洗われていたら、おしっこって
出ないものなの?!

なんで?

よく、インドへ行くと人生観が変わるとか
言われるけど、まったく、変わらんかった!

二度と行かんという氣持ちになっただけと
インドへの恐怖を語ってました~

「なんで、梅干し、持って行かなかったの?」と
聞くと、逆に質問が来た。

「なんで、梅干し持って行けばいいの?」

もおっ~

海外旅行、特にインドやらアフリカやら
日本と水が段違いに違う国へ行くときは、
梅干し、必須でしょうが!

姑さんなんか、日本国内を旅行する時ですら
梅干し、持って行ってたよ。

おなかの調子が悪くなったら、梅干し食べれば、
少々のことなら、治るから。

知らんほうが不思議なんだけど。

しかも、インドへ行くなら、7年物の梅干しを。

普通の梅干しより効果が倍増♪

「そんなこと、知ってるなら、行く前に
教えてくれよ」
「7年の梅干しとか、あるわけない!」と
ブーブー言われたけど、
みんなふつ~に知ってると思ってたわ。



いざというときに備えて、7年物、用意してますよ💛

インドへ行く予定がある人がいたら、あげるよ。

その代わり、アーユルヴェーダの目薬、買ってきて。
紫色の目薬。

ずっ~と以前、ヨガの先生から買った目薬が
よかったので、賞味期限過ぎてても、冷蔵庫に
保管して使い続けていて、ついに無くなったの。

今回も買ってきてとお願いしてたら、どれも
目薬はアーユルヴェーダだから、ちゃんと
ブランド名を言ってくれんと買えん!と
お土産なし~

もう容器は捨ててしまったから、ブランド名も
わからないのよ・・・

インドに限らず、海外へ行くときは、梅干しを
ちゃんと持参しましょう。

と、書くと、はちみつ入りじゃないとすっぱくて
食べれないんだけど、それでもいいですか?と
質問するあほな人がいるけど、だめに決まってます。

塩だけで漬けた梅干しじゃないと薬効はありません。

そもそも、はちみつ入りとかかつおだし味とか
そういうのは、梅干しじゃないので。

梅を使っているだけの調味液まぶしですから。

それって、食べないほうがましなくらいです。

いくら梅が体にいいと言っても、調味液は
添加物の塊だから。

毒を食べてるようなものよと、言うと、
言い過ぎかしら~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




オーストラリアの本物のオリーブオイル

撃沈おやつの話を書く前に
抽選で当たったオリーブオイルの
事を書いてみます♪

オリーブオイルって、なんか
苦味というかエグミがあるような
氣がしてて、いまいち、好きじゃなかったんです。

オリーブオイルを使い始めたころ
友人が「オリーブオイルって、
なんか化粧品みたいな味がするよね」
と言ってて、そう言えば、そうだなぁと。

時々、喉がむせたりすることもあって
私には向いてない油なのかも?

まあ、ココナツオイルとかごま油とか
使えばいいんじゃないと、オリーブオイルの
ことは、私の油の範疇になかったんです。

最近、料理の先生に「油はどうしてますか?」と
聞いたら、「菜種油とオリーブオイルを
使っている」とのこと。

う~む・・・

オリーブオイルってやっぱり、必要なのか・・・

でも、日本で売ってるオリーブオイルって
粗悪品が多いって聞くじゃない?

古いものに着色してるとか。

私たち素人には良さが見分けられそうもない?

オリーブオイル難しいと困っていたら
にゃんと!
最高級の本物のオリーブオイルが当たったんですぅ!

オーストラリア産。

えっ?
オーストラリアにオリーブオイルがあるの?
しかも、最高級なの?

と、困惑しましたか?

意外にもオーストラリアは良質の
オリーブオイルの産地。
気候がギリシャ、スペインなどの
オリーブ生産地と似ているので、生産される
オリーブの品質も高評価を得ているそうです。

一般的な油の作り方として、ごく簡単に
説明すると、加熱して細胞を変性させて
油が外へ出やすくした後、ぎゅっと圧縮し油を
採るのですが、それだけでは量が限られるので、
そこへ薬品を入れて、もっ~と大量の油が
採れるようにします。

そうすると、薬品くさい油になってしまうので、
その臭いを消すためにまた別の薬品を加えたりします。

加熱すると、大量の油が採れますが、質は悪くなります。
また天然成分が壊されたり、香りや鮮度も落ちるし、
油自体の劣化も早くなってしまいます。

加熱せずコールドプレスという方法で搾油すると
少ない量しか採れず、値段が高くなると言うわけです。

オーストラリアの最高級オリーブオイルは
もちろん、コールドプレスの油です♪

しかも、どさっとオリーブを仕入れて、
ごちゃ混ぜで油を採るのではなく、
シングルエステート方式。

単一農場のオリーブで、搾油することです。

品質のばらつきが少なくなるから
味や香りなど安定したおいしさが確保できます。

まあ、当然、値段はその辺のスーパーで
売っているものと比べて、3倍くらいするけど。

でも、このオリーブオイルを食べてみて、
オリーブオイルは油として扱うと言うより、
調味料として扱うほうが
的確かもと思うようになりました。

味噌や醤油などの調味料は伝統製法の
本物を使うと、そんなに沢山使わなくても
味がちゃんと、決まるんです。

だから最初買う時は、「高っ!」と思っても
じゃんじゃか使わないので、減り方もおだやか。

今回、当たったエキストラヴァージンオイルも
同じですよん。

パンに付けて食べるときも、みそ汁に入れるときも
ほんの少しで十分、おいしく味わえます。

パンにマーガリンを塗るでしょう?

あれは止めた方がいいよね。

でも、バターは固くて塗りにくいから、
またマーガリンに戻っちゃうのよね。

そんな時、オリーブオイルの出番。

エキストラヴァージンとはちみつ、もしくは
メープルシロップをパンに塗ると、マーガリンを
塗った以上においしくいただけます♪

私は朝のスムーズに垂らしたりもしてます。

かぼちゃのケーキにも使ってみました。

私が作るケーキにしては珍しくふわふわに
焼きあがりました💛

油の質がいいから、塩をささっと振るだけの
炒め物を作っても、かな~りいい感じに
仕上がります。

何で味付けしてる?と聞かれるよ。

ほんと、調味料は大切。

無農薬野菜とかオーガニックの肉とか
そういうのって高いし、買うのを躊躇する時は
とにかく調味料だけはいいもの、本物を買う。

これが大切。

そうしたら、〇〇の素とか〇〇ドレッシングとか
必要なくて、冷蔵庫の中もすっきりするし。

オーストラリアのエキストラヴァージンも
ええっと言うくらい高いかもしれないけど
一度は良い油ってどんな味なのか、知って
おくのも必要なことですよん。

箱も重厚感があるので、贈り物に
しても、喜ばれそう。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




味噌玉の行方

行方というより、経過報告と言うべきか。

茹でて潰して丸めた大豆。

食べたらダメ!と言ってたのに、その大豆を
置いてる部屋で、2回も納豆を食べていた次女。

納豆菌がくっついてしまったらどうすんのよ!

と、心配してましたが、幸い大丈夫だったみたい。

無事に、乾燥中です。

もやしもんの漫画によると、2週間ほど乾燥なのですが
カビたりしないかとか心配で、2週間も私の心が
続かないので、明日の土曜に麹が届いたら合体させます。

去年作った味噌は、初めてかたつむりの会の
生の米麹を使って作ったのですが、それまでの
乾燥麹を使った味噌と比べて、味が格段においしかったの♪

今年の味噌も期待が大きいのですが、私の足の裏の
常在菌と部屋のりす菌が付着してるから、どうなるかしらね。

↑ さらに乾燥が進んだ状態。かなり茶色が濃くなってます。

山奥に自給自足で生活していない限り、今の日本に
住んでいたら、添加物を避けることはできない。

まあ、限りなくゼロに近づけることもできるけど
それだと、外食とか友達と一緒に食事するとかが
不可能になっちゃうからねぇ

ある程度は添加物も受け入れて、それをどうやって
体から出していくかを考えたとき、発酵食品を
毎日食べて、体温を上げて免疫力を高めるっていうのが
一番簡単でお金もかからないかな♡

質のいい味噌は買おうと思うと、値段も張るので
やっぱり止めようかなとなってしまう、、、

だけど、自分で作ると、品質も良くて
発酵食品としての効能をちゃんと取り入れることが
できる味噌を無理ない金額で作れるからね。

スーパーで売ってる味噌は本物の発酵じゃないから~

あっ、そういう過激な言い方は控えるべきか。

使ってる大豆もほとんどが外国産。
つまり、遺伝子組み換え大豆の可能性も大きいですね。

塩も精製塩がほとんど。
たまに天然塩とか記載していたりしますが
外国から輸入した塩に日本の海水を混ぜて
もう一度塩にしたっていう、からくりなので。

そして、化学的に発酵温度と時間を
調整して、1か月かそれくらいで、ちゃっちゃっと
味噌風のペーストに作り上げてるってわけです。

私自身がいらちなので(短気ってこと)、子どもの
成長をゆっくりと待ってやれなかったんだけど
味噌や醤油、漬物も子どもと同じ。

ゆっくりと出来上がるのを待ってやると、
おいしいくて、冷蔵庫に入れなくてもすぐに
腐ったりしないし、食べた私たちの体を
元氣にしてくれる食べ物になってくれます。

統合医学のお医者さんが言われていたんですが、
がんの予防には、体を温めることが一番で、
それにはお風呂に入るとか運動するとか
ゆっくりよく噛んで食べるとか
当たり前のことをすればいいんですと
言われてました。

うちの長女や次女もそうなんだけど、お風呂に
入るのを面倒がるのよ。

うちへ帰省した時は、私が風呂掃除を
するから、風呂に入るのもいやじゃないんだけど
自分たちの生活の家では自分が浴槽を掃除するので
それが面倒で、シャワーで十分というスタンス。

たぶん、ほとんど多くの人も同じなのかと。

シャワーじゃなく、お風呂に入ってよ~!
お風呂に入ると、「日本人に生まれてよかったわ」と
つくづく思うんだけどねぇ

それでも、風呂掃除が面倒だから
シャワーで済ます!と言う人は、ぜひ自分で
味噌を作って食べて、体温を上げてくださいね。

味噌作りも面倒という人は、タマチャンショップの
酵素を飲んでねと、宣伝してみた♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村