カテゴリー別アーカイブ: どうってことない話

30年前の100万円

23でお見合いして24で結婚し
25で最初の子を出産っていうのが
私の結婚の経緯。

その話を次女にしていたら、「そんな
たった6ヶ月で結婚するなんて、ありえん!」
と、驚愕してましたが、当時のお見合いって
それがふつ~だったよ♪

結婚するにあたって、女性の方は色々
準備して持参する必要があったんですが
使わないのに持参しないといけないものの
NO.1が着物。

恋愛結婚だったり、都会での生活だったりすると
着物も必要ないかもしれないんだけど。

私の場合、相手は姉妹が3人いて、まあ田舎の
範疇に入る住所地だったせいもあったし、
着物は必須準備品。

姉妹の数がなぜ関係あるの?と思う人は
都会育ちよ~

嫁いでいる姉妹はそれぞれ、着物を用意して
嫁いで行ってるわけだから、次にやってくる
お嫁さんも当然、着物を用意して嫁いで
来ないといけないのですよ。

暗黙の了解というか。

私の家は着物とはほぼ無縁な生活の家だったので
どの程度の用意が必要なのか、知識がない!

まあ、最低限の支度で勘弁してもらおうと
いうことで、色無地、付け下げ、喪服、
ウールアンサンブル、小紋を作ることになったの。

出入りの呉服屋さんがあるわけじゃないし
スーパーに入っている大手のチェーン店の
着物屋さんで揃えることに。

着物の反物を買っても、そこにそれぞれ小物が
必要だし、縫い賃も追加だし、、、と
簡単には終わらないのが着物よねぇ

反物を買う時も、その店の一番安いのを
買っていたのに、最終的に着物のために
使ったお金が100万を超えたと母から
聞いたときは、絶句!

今の100万円って、たいしたことないじゃんと
いう意識があるかと思うけど、30年前の
100万円はかなりのインパクトがあったよ。

でも、その金食い虫の着物もほとんど
着ることもなく。

だって、自分で着れないんだから、
いちいち、着付けを頼んでいたら、
身が持たないわよねぇ

もったいない、親に申し訳ないという氣持ちは
あっても、着物とは縁が遠かったんですが、
忠海という場所に転勤になったとき、そこの
公民館で着付け教室があるのを発見!

その頃には三番目の子も幼稚園へ通う
年齢になっていて、私もやっと子育てに
余裕ができてきていたので、じゃあ、
着付けを習ってみようかしら♪

かな~りの不器用体質で、一つの
着方を習得するまで人の3倍くらい
時間がかかったんですが、まあそれでも
なんとか、一人で色無地が着れて、
二重太鼓を結ぶことができるようになりました♪

といっても、不器用なのは変わりないし、
まあいいっかで済ませてしまういい加減な
性格なので、着物を知ってる人が見たら
それこそ、絶句する着付けをしてるんだけど~

それなのに、平気で外を歩いていると言う、、、

4字熟語の厚顔無恥を地で行ってる私。

子どもたちの卒園卒業の時にだけは
着物を着て出席して、長女の結婚式も
身内だけで行なったので、色無地を着て。

この色無地は、ちゃんと元をとったんじゃないかと
思えるくらい、着倒してます。

去年から着物を愛用している男性と月に
一度会っていたせいもあり、私もまた
着物を着るべきじゃない?!としまいこんでいた
着物のことを思い出しました♡

と言うことで、18日の保育園の卒園式に
着物出席に挑戦!

8年ぶりくらいに一人で着てみましたが
帯もちゃんと結ぶことができて、
おおっ!覚えてる!と我ながら驚いてます。

まだまだ、きれいに着れるように
練習が必要だけどね。

孫に会いにドイツへ行くとき、着物で行こうかな♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




初めての味噌作り

初めての味噌作りって?

もう20年近く毎年味噌を作ってるんですとか
最初に味噌作りを教えてくれた人は、とっくに
作るのを止めてしまってるけど、私は毎年
作ってるんですとか、おまえ、言ってなかった?

そうそう、うそじゃないのよ。

毎年、味噌は作ってるけど、今年の味噌作りは
初めてのやり方に挑戦してみました。

かなり無謀なやり方でw

普通の味噌作りは、

大豆を茹でるor蒸す

つぶす

麹と塩を混ぜる

団子に丸めて、容器に入れ重しをする

そんなにむずかしくないんです。

去年、もやしもんという漫画を見てて、
味噌作りの場面で、蒸し大豆を丸めて団子にして
2週間程放置し、空気中の菌を付着させてから
麹と混ぜると書いてあり、へえ~!ちょっと
やってみようかな♪

詳しい作り方は記載されてなく、漫画の中での
簡単な説明のみ。

そしたら、先日、料理研究家の方の講演会で
「あなぐらで生活している仙人さんが
味噌を作っていて、団子に丸めて
空気中の菌を付着させ、濃い塩水につけて
崩しながら食べると、味噌になっている」という
話をされたんです。

おおっ!

これは詳しく聞いてみたい!

途中でヘンな菌とかくっついてしまって
味噌になるどころか納豆になってしまいませんかね?
と、聞いてみたら

それはそれで、いいんじゃないんですか。

失敗だと思わず、新しい調味料ができたと
思えばいいんじゃない?

いや、それは、、、
せっかくの無農薬無化学肥料のかたつむりの会の
大豆がもったいない、、、

失敗しないように納豆菌が付かないよう
氣をつけよう♪



料理研究家さんはさらに面白い話を。

大豆をつぶす時、足で踏んでつぶすと
とっ~ても氣持ちいいんですよ。
すごい癒し作業になるんですよ。

それは、素足で?

素足でもいいと思うけど、私がやったのは、
袋に入れた大豆を袋の上から踏みましたよ。
それでも、ほかほか温かくて、氣持ちいいのよ~

今まで保育園で園児たちと味噌作りしてたけど
今年の秋は、足ふみ味噌に決定だね♪

で、今回は自分の味噌なんだから、私は素足味噌に
チャレンジするべきじゃない?

お風呂でいつもの3倍くらい足を丁寧に洗って。

でも、常在菌がいなくなったら、意味ないので
石鹸の使用量はいつもと同じで。

さらに大豆を踏む前にはもう一度、熱い湯に
足をつけて消毒もどき。

両足は入らなかったので、片足で、踏み踏み。

田んぼの中に入っているような感じかな。

もっと大豆が熱い方が癒されたかも~

潰した大豆を丸めて、ひもで縛って
つりさげて乾燥させるのが、穴倉の
仙人方式なんだけど、今回の大豆は
茹でたせいで柔らかく水分が多過ぎて、
ひもで縛るのは無理。

コップの上に置いておけば、空中に浮かべているのと
同じ感じかなとやってみたけど、柔らかい煮大豆団子の
せいで、コップの中に落ち込んでしまいました。

ざるや網の上に置いて、できるだけ、乾燥しやすいように。

うちはりすを飼ってるから、りす菌がうようよいるから
りす味噌になりそうw

しばらくは、この部屋で納豆を食べるのは厳禁よと
次女に言い渡してますが、ちゃんと守ってくれるかしら。

当ブログは、しばらく、味噌の話が続きます~

どうか、腐りませんように。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




伝言ゲーム

先日、私が新宿から尾道まで夜バスで
帰ってきたという話を書いたんですが。

次女も同じバスを利用して、3日後に
尾道へ帰ってきました。

次女はオーストラリアのワーホリを終えて
格安航空で東京まで戻り、夜バスの時間まで
東京をうろうろして。

次女の携帯は日本出国の時、キャリア携帯を
解約して行ったので、日本に戻っても
電話もできないし、メールとかもできなかったそう。

無料WIFIがある場所なら、自分のちっこい
パソコンを使えたらしいけど。

私は、今までふつ~にラインやメールのやり取りを
していたし、いまどきの若い子は、何はなくとも
ネット環境は死守してると思っていたの。

夜バスに乗ったころに、ラインで、「乗った?」
と、送っても、返事がないどころかいつまでたっても
既読にならないまま。

朝7時50分に尾道着の予定なのに、まだ既読にならない。

もしかして、私みたいにぎりぎりになってしまい
乗り遅れた?

バスは ちゃんと動いてるんかしら?

と、東京のバス会社に電話してみても、自動音声で
「営業は10時からです。」

ひえ~、、、

福山のバス会社に聞いたら、「尾道営業所の方が
詳しいことを知ってるから、そっちへ聞いて」

尾道営業所へ聞いてみても、予約してるのは
確認できるけど、乗ったかどうかは、ここでは
わからんわ~

「東京の世田谷営業所なら、もう開いてるはずだから
そこへ聞くのがいいかもよ」

で、今度は世田谷営業所へ。

乗ったことまでは確認できましたが、バスがどこに
いるかは、わからんねと。

まあ、乗ったのがわかっただけでも、安心。

私も仕事に行かないといけない時間だしと
出かける用意をしていたら、電話がなって
先ほどの尾道営業所からでした。

私の電話番号は伝えていなかったのですが
着信履歴が表示される電話を設置してあったのね。

「今、バスは福山を出たけど、雪の影響で
遅れているとわかりました。」

「娘さんにお母さんが心配していると伝えるよう
運転手にも言いましたので」

なんと、親切な♡

ありがとうございます♡

で、次女は2時間遅れで尾道へ帰り着いたそうです。

バスに「定刻に尾道へ着く」というエネルギーを入れてたんだけどなぁ

バスのことですったもんだがあったという話を
次女にしたら、「うんうん、運転手さんが席に来たよ」

「ご両親が心配されていたので、連絡してください」って。

はっ?

ご両親?

違うじゃろ。

朝の営業所の人は、「お母さんが心配してるから
連絡してと伝えるよう、運転手に言いましたから」だったよ。

いつの間に、お母さんが、ご両親に変わったんじゃ~

次女も心得たもので、「運転手さんが言って来たとき
あ~、これ、母さんのことじゃと、わかったよ」
「うちの家にはご両親は、おらんけねw」

たった一人の伝言ゲームだったのに、内容が変わってしまうんだねぇ

いつもにも増して、しょーもない記事でごめんなさい~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村