カテゴリー別アーカイブ: イタリア旅行 2015年

飛行機にターボエンジンを付けてみた結果



やっとエールフランスの搭乗手続きが始まりました。
エールフランスはボローニャからパリまでの2時間ほど。

パリでも2時間くらい待ち時間があって、日本航空に乗り換えて
日本へ帰ります。

さすがにエールフランスの男性CAは洗練されてるわ~と感心したのが
飲み物サービスの時。

私は白ワインをお願いしたのですが、ただワインを渡してくれるだけでなく
席のカバーをさっと取って、自分の腕に掛けて、ワインの小瓶を見せてから
プラコップにすこ~し注いで、「テイスティングをどうぞ」

images (13)

ソムリエみたいな雰囲気で楽しませてくださいました。
おしゃれですね~

2時間ほどのフライトなので、フィンランド航空と同じように
食事は出ないんだろうと思っていたら、あらま~ ちゃんと
サンドイッチが提供されました。

もおっ、フィンランド航空もエールフランスを見習ってよね!

胚芽入りみたいな丸いバンズに、ハムやトマトが入っているものと
ラディッシュとチーズ入りのと2種類から選べました。

すごくおいしかったんだけど、かなりボリュームがあってね。

その後に乗った日本航空の食事が食べれなくなるくらいだった。

今まで機内食を残したことがなかった私が食欲がなくて
完食できず、残してしまい、まあ、大ショックでしたよ。

しかも、「みそ汁もいかがですか」と言われたので、期待できないけど
まあ飲んでみようかとお願いしたら、案の定、インスタントだった。

一口飲んで、ギブアップだった、、、

ねえ、これって、みそ汁って言えるん?

日本航空では、わがままの限りを言ってしまったんだけど
コーヒーをもらう時、「牛乳も入れてもらえますか?」

はっ?牛乳でございますか?、、、、
コーヒーフレッシュならございますが、、、

ただの牛乳ってありませんか?

はい、ございます、ではそれをお持ちいたします。

ということでべつに牛乳をいただき、それを少しずつ
コーヒーに入れて、飲みました。
苦味が薄らいでちょうどおいしいコーヒーになりました。

だってね、あのコーヒーフレッシュって、名前は新鮮そうだけど
毒よ~ごみよ~

原材料を見たら、私が言いたいことが判るから。

でもさすが日本の飛行機のきめ細かさと感心したのが、トイレ。
最初の食事の後、暗くなっていったんみんな強制的に寝るのですが
起きたとき、トイレに行くと、なんと!歯ブラシセットが置いてあった!

これは、初めて。

あっ、ビジネスクラスだとあるのが普通かもしれないけど。
当然、全員分じゃなかったけどね。

ANAでもあったのかもしれませんね。
私が出遅れて気づかなかったのかも。

今回の日本航空ではラッキーだったんだわ。

私はTDEというエネルギーを勉強してるのですが
そこである人が、飛行機にエネルギーでエンジンを余分に
くっつけてみたら、30分も早く到着したと言う話をされたんです。

私もやってみなきゃ!ということで、行きも帰りも飛行機に
ターボエンジンをバンッバンッとくっつけてみました。

ダウンロード (58)

行きの時は、予定通りに到着しますと言うアナウンスがあり
エネルギーが効いたんだかどうなんだかわからん、、、

帰りの時は「向かい風が強く到着が遅れそう」と言うアナウンスが!

いやいや、それは困ります。

成田到着して、乗り換えて、伊丹に行かないといけないのよ。
夕方遅い便だからちゃんと到着してくれなきゃ、乗り損ねて
大阪に宿泊?ぜったいいやだ~

そのアナウンスの後は、ターボエンジンをバシッバシッ余分に
付けまくり、向かい風のエネルギーを弱めまくり~

その甲斐あって、ちゃんと予定時間に到着してくれ
乗り換え便にも間に合いました!

そして、伊丹から新大阪へ行くバスがあって、それに乗って
帰ったのですが、なんで関空~新大阪というバスが
ないんですかね?

わざわざ梅田まで行かないといけないから、面倒なのよね。

このバスを待つ間に時差ボケ解消をすればよかったのに
すっかり忘れてしまっていて、気づいたのが、尾道へ
着いたとき。

尾道の改札を出てから、靴を脱いで靴下も脱いで、地面とアース。

やるのが遅すぎたかな~

と言うことで、2015年末のイタリア旅行記もおしまい。

IMG_7950

行く前に思っていたより、イタリアはとっても素敵でした。
料理もおいしかったし、ホテルも素敵だったし、クリスマス
マーケットは感激だったし、色彩感覚がすばらしい~

中世にヨーロッパを席巻しただけあって、いまはおちぶれてるけど
(イタリア、ごめん)腐っても鯛だなとつくづく思います。

今年はドイツへまた行く予定なんですが、ドイツがしょぼく
思えたら、どうしようと勝手に心配してます。

私がイタリア語を覚えるのは100年経っても無理な気が
するので、孫がイタリア語を忘れないうちに通訳として
一緒にもう一度、行きたいな~

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

また普通の料理ブログに戻るけど、また見に来てね。

いつも、クリック、ありがとうございます♡

どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

リコッタトルテって、こんな味なの?



長女がボローニャでも、すてきそうなレストランを
ネットで探し出してました。
運河の近くのレストラン。

ボローニャには以前は大きな運河があったそうですが
埋め立ててしまって、今は、観光用にちょこっと
残しているだけです。

その運河のすぐそばにあるレストランで、超人気なので
開店時間の直後に満席になるそう。

だから、12時にはお店の前に並んでなきゃ!
と意気込んで行ったのはいいけど、「12月いっぱいは
お休みです、営業は1月から」という貼り紙が~

え~ん、、、

12時に開いてるレストランは、ない、ない、ない。

アジアンレストランみたいなのもあり、12時開店だったのですが
イタリアでアジア料理を食べたいとは思わないしな~

小さいレストランが開いていたのですが、カードは不可!とのこと。
う~ん、、どうしよう、私のカードにもうちょっと残金が
あるから、それを使いきりたかったのにな~

でも、開いてる店があるかどうか探すのも大変だから
もうここで食べようかということになりました。

まあ、普通の普通のレストランだった。

長女がリコッタチーズのタルトがおいしくて、母さんにも
食べてもらいたいんよと、言ってたので、じゃあここで
食べてみる?と注文したんですが、はっ?これが?

そんなに私に食べてほしい味なの?

長女に「一口食べてみて」と渡したら、無言、、、

長女がトレントで食べていたリコッタチーズのタルトは
このお店のと段違いにおいしかったそうです。

このタルトをおいしい、おいしいと超喜んで
食べていたのは、甘いものならなんでもいい6歳孫でした、、、

image (5)

長女たちがトレントへ帰る列車は2時台。
私が乗る飛行機は5時なので、長女たちを見送ってから
空港へ行くバスに乗るつもりでしたが、長女が、
「母さんを見送っておかないと、ちゃんと帰れるかどうか
不安だから、先にバスに乗って」とのこと。

ボローニャの駅前から空港行きのバスは出ていて、バス乗り場に
切符の自動販売機があります。

6ユーロ。
安~い。
だって、駅から空港まで25分ほどなんですよ。
めっちゃ近いよ。
ボローニャは、ヨーロッパ各地を飛行機で移動して
旅行する人には、すっごく便利な都市だと思います。

私がバスの切符をちゃんと買えたので、長女たちも駅へ向かって行きました。
6歳孫が、くすん、くすんと涙ぐんでくれて、、、
バスの切符を買うのにバタバタしてしまい、もうちょっと丁寧に
別れの挨拶をしてやればよかったと後悔してます。

私は早く空港に着きすぎて、することがなくて、退屈~

パソコンを開いてみたのですが、空港のフリーWIFIを
使うためには、自分のメールアドレスを送信しないといけなくて。

大丈夫なんかね、、、
ウイルスに感染したりしないんかね、、、

そんな不安がよぎってしまい、結局、空港のフリーWIFIを使う
勇気がありませんでした。

image (3)

そのせいで、ボローニャでもパリでも、長時間、ネットに
アクセスできず、ぼお~ともったいない時間の過ごし方を
してしまいました。

まさにネット中毒だわ、、、

次の記事でイタリア旅行記も最後です。

ちっともゴージャスじゃない旅行記にお付き合いいただき
ありがとうございました。

もう1回、よろしくお願いします♡

いつも、クリック、ありがとうございます♡

どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ボローニャでコンビニと同じくらい頻繁に見かけるもの



ボローニャのホテルで一晩過ごし、長女もやっと
回復の兆しが見えてきました。
もう旅行も最後だし、回復しなきゃもったいない!と
気力で、回復したみたいよ。

ビジネスホテルだから、朝食もそんなに良くはなかったけど
でも考えようによっては、ビジネスホテルの値段としては
良い食事だったとも言えるかな。

最初の2つのホテルの半額くらいなんだしね。

またここでも、6歳孫と私だけが、もりもり食べてました。
それなのに、孫はホテルを出て、10分くらいしたら、「おなかすいた~」

はあ~?

あんなに食べたじゃろ。

おなかはね、一日中休まず働いてるから、食べない時間が
あると、「これで休める~」と喜ぶのよ。
だから、しょっちゅう食べたりせず、食べない時間も持つことが
大切なのよと言い聞かせたのですが、口を開けば「おなかすいた~」

もうこれは、口癖だと思って、無視しました。

image (1)

旅行のちょっと前にパリでテロがあったせいか、広場の教会の入口にも
警察とか軍が待機してて、婿さんの「リュックの中、見せろ」

赤外線みたいなもので、からだ全体のチェックも。

あら?じゃあ、私もリュック見せましょうか?と開けようとすると
「せんでもいい」

私、自爆テロするように見えないからね。

教会の中って、撮影禁止のところもあるのですが、2ユーロとかの撮影料を
払うと、カメラを使ってもいいっていう教会もありました。

そして、まさかの離乳食OKの教会も。

まあ、離乳食OKというか、勝手に食べさせているというか。

すごい、度胸ですね。
離乳食くらい、外で食べさせたら?
外は寒いから?

フィレンツェとかボルツアーノでは魚屋さんは見かけなかったのですが
ボローニャでは商店街に魚屋さんが2軒もありました。

そして、商店街には台所用品の店も!
やっほ~い

こんなので、こんなのってありますか?と身振り手振りと英語と
孫のイタリア語で聞いてみたら、「ありますよ~」

と、出してくれたんだけど、やっぱり四角柱。
私は円錐形のが欲しいんだよね、、、

それに、25ユーロして、長女が「高すぎじゃろ」
「大根おろしに25ユーロはないわ~」
「やめたら?」

と言うことで、「すみません」と失礼しました。

もうだめかね、、、

もう一つの教会を見るためにどんどん歩いて行くとまた台所用品の店が!

日本はこんな風に個別の個人商店がなくなってしまってるけど、
イタリアにはまだまだ健在なんですね。

面白い台所用品がいっぱいあって、時間があればいくらでも
眺めていたいし、買って帰りたいけど、スーツケースが重すぎて
もう無理、、、

すりおろし器ありますか?と聞くと、あるよ~と2種類出してくれました。

IMG_8253

やっぱり円錐形は、ないとのこと。
もうこれは妥協しないと無理だなと思い、値段を聞いたら、どっちも10ユーロ。

さっきの店でも出してもらったのと同じものが10ユーロ!
きゃっほ~
しかも、2年保証が付いてる!

IMG_8254

長女が買ったのは7ユーロだったそうですが、それよりも大きめだったので
使いやすいと思いました。

これ、帰国して使ってみたら、おろし器の内部に材料がこびりついて
取りにくいという欠点もありました。
手を突っ込んで取るには、ちょっと狭くて難しい。
なので、ミニミニ竹ブラシで撫でて取ります。

IMG_8255

ガンガンガンッと皿に打ち付けて中の材料を叩き落としても
いいんだけど、それはガンガンガンッという余分な波動が
入ってしまうから、だめなのよ~

と言うことで、お騒がせしましたが、無事イタリアで
大根おろしを見つけることができました。

そして、日本のコンビニ並みに頻繁に見つかるもの。
物というか、者です。

物乞いをする人なんです。

道にほんと、次々と並んでました。

ほとんどが帽子とかを差し出して、ぼ~と突っ立っているの。

座っていてお椀を置いてる人も。

犬と一緒の人も。

教会の出口にいて、出てくる人に物乞いする人も。

1ユーロ硬貨を山ほど持って行って、一人ずつ、入れていって
あげたかったわ、、、

そんなにボローニャ、貧しい人が多いのかしら、、

一人だけジプシーみたいな女の人もいて、タバコくれ、タバコくれ
みたいなしぐさをしながら、いつまでも付きまとってきました。

無視して歩いていても、タバコくれとついて来る。

特にバギーを押してる長女にまとわりついて、ついて来る。
多分隙あらば、財布をすろうとしていたんでしょう。

長女がブチ切れて,[NO!」と何度も言うと、やっとあきらめたけど
100メートルくらい付いてきたから!

6歳孫のおなかすいた~が止まないので、早くどこかで食べたいけど
イタリアの昼食は1時くらいが普通で、レストランも12時半に開店
というのがほとんどなの。

どしたらよかんべ~
いつも、クリック、ありがとうございます♡

どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村