カテゴリー別アーカイブ: イタリア旅行 2015年

ボローニャで、大根おろしや~い



ボローニャのホテルは駅から歩いて10分ほどの便利な
ビジネスホテル。
旅行中のホテルの質がだんだん低下して行ってる、、
悲しい、、、

ここでも、ダブルルームとシングルルームを一つずつ。

初めて、フロントの人に、「シングルルームはあなたね」と
言われました。
いや~、違うのよ~
彼がシングルルームなの~

まだ体調不良の長女を部屋に残して、4人でボローニャ探検。

しょぼいけどクリスマスマーケットも駅近くにあります。

長女希望のお水を2本買った後は、あたりをうろうろ。

どうしても、イタリアの大根おろしが欲しかったので、大きいスーパーを
まず探して、そこへ行ってみましたが、ない、、、

IMG_7980

25日に長女が使っているのを見せてもらって、欲しい!となった
大根おろしなの。
長女が使っていたのは、円錐形だったのですが、どうもそれは現在は
ないようで、今売られているのは、四角柱のもの。

IMG_7981

25日だったので、トレントのスーパーはすでに閉店してたし
トレントでは買うことができなかったので、旅行の時買おうと
考えてました。

ところがどこのスーパーに行っても、見つからないのよね。

明日に希望をつなぎましょう。

ボローニャの街中に、ローマにあるような水道跡みたいなのが
ど~ん!とありました。
説明を見てないので、ほんとに水道跡なのかどうか、判りませんが
教科書に出てくるローマの水道跡にそっくり。

最後にクリスマスマーケットにも行ってみました。

広い場所にお店が点々とあるので、余計にさびれた感じが。
一応、立派なメリーゴーランドもありましたが、人出が
少ないので、子どもも少なくて、だれも乗ってない。

夕食にケバブを買おうと婿さんと孫は張り切ってましたが
今まで全然、見かけません。
あれぇ~?
イタリアにはどこでも見かける屋台だと思ってたのに?
ボローニャには、中東から来た人、少ないのかしら?

クリスマスマーケットにあったパニーニとフライドポテトを
婿さんが買っています。
フライドポテトは大を注文してる!
日本のポテトの大よりも更に量が多い!
そこに、更に「マヨネーズかけてくれ」と注文してる!

ひえ~~~!

せめて、ケチャップ掛けてくれと言ってよ。

い~いにおいがしてきて、バギーに乗ってうつらうつらしてた
2歳の孫もしゃきっと目が覚めて、ポテトを欲しがってますが
ホテルに戻ってからね。

ホテルに戻ってもまだ長女はぐったり。
フィレンツェの朝食レストランからもらってきたりんごを
食べてみたけど、まずかったから残したよと言ってます。

そお?と私がかじってみたけど、おいしいじゃん。

ポテトやパニーニを食べた後、孫2人が喜んで、そのりんごを
食べてました。
やっぱり、体調が悪いと、味覚もおかしくなるのかしら。

寝る前に「シャワーを浴びるのもしんどいから、2歳の孫のシャワーは
母さんがして」と長女が言うので、「さあ、おばあちゃんと一緒に入ろう」

やだよ~
お母さんじゃなきゃ、絶対やだよ~と大暴れ。

仕方ないので、長女がシャワーを浴びるふりをして、浴室に行き、シャワー室に
私と孫が入った途端、ドアを閉めました。

孫はその透明なドアからちゃんと、母親が見えているのに、ぎゃんぎゃん大泣き。

もお~
わたし、めっちゃ悪者じゃん~

今日の記事はさっぱり写真がないので、想像力をフルに使って
読んでくださいね。

 いつも、クリック、ありがとうございます♡

どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

せっかくのフィレンツェレストランだったのにね



長女がネットで見つけていたフィレンツェのレストラン。

フィレンツェ在住の日本人お勧めのレストランだそうで、
自分のブログで紹介していると、日本人観光客がよく来るようになり
日本語のメニューまで作ったくらい日本人に人気のお店だそうです。

フィレンツェの駅から歩いて15分ほどなんですが、
ほんのちょっと脇道にそれたところにあるので、周りは
とっても閑静な位置にあるんです。

長女はまだふらふらだったのですが、どこにも行ける場所はないし、
1時に予約をしていたので、とにかくそのレストランへ行くことに。

駅を背にして、左側へ5分ほど進み、今度は右折して、まっすぐ行くと、右手にあります。

なんか、文字だけを読んでもイメージしにくいのですが
ほんと、駅から近くにありました。

でも、最初は道に迷って、左側へ進み過ぎて、どんどんそのまま左へ
突き進んでいってしまい、「ない、ない、店がない?」
道を間違えたらしいと気づいて、後戻り。

長女はふらふらよたよた歩いているので、「もう探すのは止めたら?」と
思ったけど、だからといって、じゃあ、どこで昼を食べるの?という
問題が出てくるしね。

駅の方へもう一度戻り、今度は正しい道を発見して、歩いて行くと
すぐに見つかりました。
そんなに大きくないお店でしたよ。

image (4)

壁には絵が沢山飾ってあります。
何人かの作家さんの絵のようです。

IMG_8129

メニューが完全日本語バージョンなので、わかりやすくて、ありがたいです。

婿さんは、トスカーナ州のトスカーナ牛が有名なんですよ、おいしいそうなんですよと
牛肉ステーキ推し。
ねだんを見ると、20ユーロだったかな?

もお~
もうちょっと安いので、珍しそうなのがあるじゃない。
牛肉のローズマリーソースとか。
これも、牛肉じゃん。

そう思ったけど、牛肉ステーキ一本やり。
自分の息子だったら、「高すぎるじゃろ、こっちのほうが
珍しいソースがかかっていて、おいしそうだし、こっちにして!」と
却下できるけど、婿さんじゃあねぇ、、

きつく言えないよねぇ、、、

長女はネットで見たときは、あれも食べたい、これも注文しようと
思っていたようなのですが、ここまで体調が悪いと、全然食欲も
ないらしい。
やっぱり、食欲がない人がいると、こっちもあんまり食べたくなくなるよね。

緑のリゾットと野菜のフリッターのみ注文しました。

パンは人数分、出てきます。
イタリアでは、席に着くと、席料が一人2ユーロほどかかり
その代り、ちゃんとパンが提供されるんです。

日本に戻ってから思い出してみて、せっかくのチャンスだったのに
もっと色々注文すればよかったな~と後悔先に立たずです。

 

期待が大きかった牛肉ステーキは、へっ?これなの?
ステーキどんっ、セロリの葉っぱどんっ、レモンどんっ。以上。

もうちょっとなんか、見た目を考えてよ、、、

味?
一切れもらったけど、特にどおってことない、牛の味だったよ、、、

緑のリゾットは、お米がしゃきっと炊いてあり、リゾットとは
ここまで固めに炊くものなのか!と驚きました。
やや薄味の塩でしたが、もう一度食べてみたいリゾットでした。

IMG_8130

野菜のフリッターは、いろんな野菜の天ぷらみたいな感じ。
カリッと揚げてあって、さすがに上手よね。

IMG_8131

婿さんはビール、私はレモンチェロを注文。
レモンチェロはかなりアルコール度数の高いお酒でしたが
とっても小さなグラスに入っていたので、全然大丈夫よ。
レモンの香りがとっても、爽やかでしたよ。

image (6)

この料理の写真を撮ってから、ついにデジカメが作動しなくなり、はあ、、、

夕方の列車でボローニャへ行く予定でしたが、変更料を払うと
早い列車に変更できるとのことだったので、そうすることにしました。

駅まで戻るときに、2歳の孫がもっと車を見たいとか、歩くのは嫌だとか
バギーが嫌だとか、しょーもないことで駄々をこねるので、またまた長女が
ダウン。

私の荷物がもうちょっと軽かったら、孫をだっこしてやるとか
なんとかできたんだろうけどな、、、

ぎりぎり変更の列車にも乗れて、夕方も早めにボローニャ到着。

駅前の雰囲気、なんだか、かんじいいよ~
どこが?と言われても、はっきり言えないんだけど、あまり大きくない
街で、しっとりと落ち着いてる感じです。

でも、そう思ったのは、この時だけで、ボローニャには
意外なものがめちゃめちゃ多かったのです。

いつも、クリック、ありがとうございます♡

どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ひえ~まさか、朝食は有料だったっけ?



長女は一晩中、げーげー吐いてました。

夕食をそんなにたくさん食べたわけでもないので吐くものが
無くなって、水を飲んだと思ったらそれを吐くという感じでした。

病気かと思っていた2歳の孫の方はいい子でぐっすり寝て
くれてたのが、幸いでした。

私はいつものように、朝は早起きしてパソコンをしてると
6歳の孫もしばらくして起きて来て、毎度おなじみの
「おなかがすいた~」

長女はベッドから起きれないので、「なにか部屋へ持ち帰って来て」
と言われたけど、してもいいんだろうか、、、?

孫2人と婿さんと一緒にレストランへ。

テーブルの上にメニューみたいなのがあって、オムレツが〇ユーロ、
ベーコンが〇ユーロなどと書いてあるの。

ひえ~~~!

まさか、朝食って、有料だったの?
いや、確かに朝食込みの値段で予約したはずなのに?

IMG_8095

婿さんがジーと見ていて、「これはオプションの料理の値段見たいですよ」
はあ~、よかった~

クロワッサンとりんご、ヨーグルトを皿にのせ、婿さんが部屋に持って行きました。

6歳の孫は、コーンフレークが超気に入ったみたいで、器に牛乳とコーンフレークを
入れて、食べてます。
コーンフレークだけ食べるので、牛乳が残ると、またコーンフレークだけを
入れに行ってます。
また、コーンフレークだけ食べるので、牛乳が残り、またコーンフレークを。

これを4回くらい繰り返してましたが、「もう止めて、そのちょっとだけ残った
牛乳は、飲んだ方がいいんじゃない?」

IMG_8091

このレストランでは、クロワッサン以外にケーキも4種類あったので、ゆで卵を
半分こしたり、果物を食べたり、ケーキも食べたりしてました。

2歳の方は、プロシュートとパンを。

イタリアのプロシュートって、おいしいんですよ~
ハムのことなんだけど、日本のロースハムとも違うし、生ハムとも違う。
やっぱりプロシュートはプロシュートよね。

相変わらず、私はとことん食べまくってました。
私、ひとり、超元気なまま!

このレストランの欠点は、カプチーノじゃなかったということ。
普通のコーヒーが、どんっ!と置いてあって、まったくいまいちな味だった、、、

なんでイタリアなのに、カプチーノじゃないのよ~

まさか、これもオプションだったのかしら、、、

長女は朝食をほとんど食べてません。

IMG_8125

私はイタリアで行きたかったのは、ここフィレンツェの商人博物館。
豪商の家をそのまま博物館にしているようです。
そこだけは見たいと思っていたのですが、ちょうど泊まってるホテルから
歩いてすぐの場所でした。

長女と2才の方をホテルに残して、3人で博物館へ行ってみました。

IMG_8107

1階から3階まであって、3階は予約したら説明が聞けますと言うので
じゃあ、お願いしますと言うと、「今日はダメ、月曜日です」

はあ~?!

もお~

その説明を受けてるグループと遭遇したけど、数人だったのに、、、
私たちも加えてくれても、全然大丈夫じゃん、、、

3階は台所だったので、めっちゃ聞きたかったわ!

IMG_8109

昔のお金持ちの生活ぶりを見るのは、とってもすてき。

途中で婿さんが「自分は見に行けないから写真をたくさん
撮って来てと言ってました」と言いだしたので、慌てて
写真を撮りまくっていたら、な、な、なんと~まさかの
電池切れになってしまった~

IMG_8121

ひぇ~、、、そんな~

来る前にちゃんと充電したから大丈夫と思っていたのに~

この博物館ですごかったのは、ベルギーレース。

IMG_8122

レースやフリル、大好きな私は、きゃあ~♡きゃあ~♡の連発。

こんなボビンを使って、あんなに複雑で美しいレースを作りだす
ことができるなんて、不思議ですね。

IMG_8116

自分で作るのは、すっごく根気と集中力が必要ですね、私には無理。

受付の売店でも小さなレースを売ってましたが、とっても小さいのに
すごおく高いの。 無理もないけどね。

IMG_8120

絵はがきとか飾りの磁石とか、迷いながら選んでいると
婿さんがブチ切れて、「僕は先に娘と一緒に先に帰ってます」と
言うので、慌てて、てきと~に買ってしまいました、、、

長女はまだ回復してませんけど、もうチェックアウトの時間なので
ホテルを出て、予約していたお昼のレストランへ行ってみます。

いつも、クリック、ありがとうございます♡

どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村