カテゴリー別アーカイブ: マクロビナチュラルスイーツ

クリスマス用特別おやつの試作

私たちは日本人だし、キリスト教徒じゃない
んだから、クリスマスだからと言って、
特別な食事にする必要ないっと、毎年
夢のないことを言って、周りのひんしゅく、
買ってます~

給食とかおやつとか、いつもと同じ
ような献立にすると、必ず、園長が
「え~?!クリスマスなのに、煮物(怒)」
と言うのよ。

園児たちは、家で豪華なクリスマスディナー、
食べてるから、保育園ではシンプルでいいのよ!

と反論しても、うだうだ言われるので
今年は自由が丘のグレイスフルスイーツで
習ってきたケーキを作ろうと計画中。

色々習ったので、どれにしようかな。

60人分作るから、あんまり手の込んだのは
無理。

しかも、25日は月曜日だから、前日に仕込む
というのも、不可能。

当日限りの仕込みで、豪華に見えるけど
簡単に作れるもの。

そんな虫のいい話、あるわけない~

と、悩みつつ、頭の中でいくつか
シュミレーションしてみて、土曜日にも
試作してみて、見つかったような氣がする♪

ハート型のスポンジケーキの上に、
豆乳クリームをプレーン味と、チョコ味で。

チョコ味と言っても、キャロブパウダーを
使います。

クリームの上に果物をちょこっと載せて。

果物も苺がいいよねぇ



でも、クリスマスの苺って、べらぼうに
高いよねぇ

まあ、一人丸ごと1個にせず、
切り刻んでさ、5分の1くらいに
したら、費用の面でも大丈夫かもよ♪

キウィと苺とアラザンで、キラキラ
クリスマスバージョンで。

って、結局、私が一番、クリスマスだからって
便乗して、喜んで遊んでるじゃん!

マクロビのケーキって、重くてさ、
どっしりしてて、固くてと不評なんだけど。

実は私が過去に作っていたマクロビケーキの
ことです。

今回、習ってきたスポンジケーキは
ふわんふわんなの~💛

園児のおやつに作り、保母さんにも
ちょこっと試食してもらって。

けっこう、好評なお味でした。

来月25日、体調を整えて、
ぎゃんばります!

口金でばらの花とか絞り出せるようになりたい💛

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




グレイスフルスイーツで習ったタルトを保育園のおやつに

今までは保育園では毎月お弁当の日が
ありましたが、今年からは年に一度に。

当然その日は給食はありません。

でも、開園している日はぜっ~たい
お金を使って園児たちに還元しないと
いけないので、一般的には(公立では)
市販のお菓子を買ってきて、「はい、
これが今日のおやつとおみやげ」

ほんと、〇かじゃろ、、、

なんで、わざわざ市販のお菓子なん?

白砂糖と添加物と油満載で、体にも
歯にも悪いと分かっているのにさ。

それで食育やってますと言うなっつ~の。

普段から、食べ物の持ち帰りは禁止!と
言ってるのにさ。
業者が作ったのはおっけ~だなんて、おかしいよ。

ということで、うちの園では、市販のお菓子なんか
買い与えません!私がいつもより豪華なおやつを
作ります!と園長に宣言しました。

ちょうど、9月10月と自由が丘へマクロビオティック
スイーツを習いに行こうと決めていたので、そこで
習ったお菓子を作ればいいんじゃない💛

いくつか贅沢な材料が必要だけど、
給食費を使えるんだから、何を
買ってもおっけ~だよね、ふふふ。

園児分60個と職員にも試食して
もらおうと計画したので、16個プラスで。

私も乳児クラスの遠足に付いていくから
園に戻ってくるのは1時ごろ。

3時のおやつまでの2時間で70個以上を
一人で作り上げるのはちょっと難しそう。

何がいいかなとレシピを見ながら
楽しく悩みました。

多分お天気が良くて、歩き回って
体も熱くなっているから、マンゴーを
使ってもいいかな。

普段は南国の果物は使わず、地元の果物しか
購入しないのですが、今回はちょっと贅沢に。

冷凍のカットマンゴーを使います。

くず粉を使ってサクサク感を出したタルト。

その中へ豆乳のクリームを詰めて。

上にカットマンゴーを載せて。

梅ジャムを水で伸ばしたものをグレイズ
代わりに掛けて照りをつけて。

マンゴーが足りなかった場合に備えて
オレンジジュースのゼリーも作って。

かわゆいシールをピックとして飾ると出来上がり。

タルトは3日前から焼いて冷蔵庫へ溜めておきました。

豆乳クリームも同じく冷凍庫で保存して、
当日フードプロセッサーで滑らかにします。

でも、意地悪な私は素直にタルトを
出さないんです・・・

まずはりんごを食べてから、タルトに
行きつけるんです~

柑橘県に住んでいながら、りんごラブなので
おやつに出す果物は秋、冬はりんごがメインなの。

最近の子どもたちは噛むというのを
免除されているのか、りんごをしゃきしゃきと
食べることができない子が多い!

いまだにすりおろしりんごを食べてるんか?と
思うような1歳児もいます。

だから、まずりんごを食べなさいというのは
意地悪じゃなくて、あなたたちの将来を
考えている愛情からなのよんw

りんごもタルトもあっ!と言う間に
食べてしまった子もいれば、ええええ・・・
まだ、りんごに苦戦中なの?!と言う子もいました。

豆乳クリームもお替りがほしい!と
氣に入ってくれる子もいれば、もういらん…と
言う子も4,5人ほどいたかなぁ

この豆乳クリームは自分でもいまいちで
なんで教室で習ったときと味が違うんだろう?と
10月のクラスの時、持参して試食してもらい、
理由がわかりました!

次からはレベルアップした豆乳クリームを
作りますよ!

10月のクラスで先生に今回のおやつのことを
報告すると、まだ完ぺきとは言えなくても
グレイスフルスイーツのお菓子を保育園で
出してもらえて園児たちが喜んで食べてくれたと
いうのはうれしいことですと、褒めていただきました💛

次はクリスマスのおやつをどうしようかと
楽しく悩んでいます。

献立を作るのは大変でしょう?とよく言われるけど
好きなことをやってるから、ちっ~とも大変じゃない。

むしろ、こんなことを悩めること自体がうれしいし、
幸せです💛

クリスマスはチョコレートかな。
ロールケーキかな。
白と赤と緑のケーキにしようかな。

自由が丘グレイスフルスイーツで、
12種類も勉強してきたので、選り取り見取りなの。

みんな~、クリスマスには
口を開けて待ってろ~

今度こそ、全員が「大好き」と言うような
豆乳クリームを作るからね♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




すいかパイ、撃沈

かなり前に下書きしておいた記事なので
やや季節外れ氣味で失礼します…

すいかの白い部分をそのまま捨てるのが
もったいなくて、塩もみして漬物を
作ったりしていましたが、甘い系は
どうだろうと、シロップ煮を作ってみました。

と言っても、私が作るので、砂糖が
少なすぎて、「もっと甘い方がおいしいかも」と
アドバイスされました。

試作的に作ったすいかのミニパイ。

これは物珍しかったせいか、「食べた~い」
「うん、おいしい」と評判がよかったので
つい、「砂糖を足さなくてもいいや」

皮には小麦粉、少々の塩、油のみの成分です。

パイ皿にパイ生地を伸ばして、上には編み込み
リボンもせっせと作って載せてみました。

残った生地で型抜きクッキーも。

残ったすいかのシロップを上に塗って焼いたせいで、
こんな変な焼き色がついてしまった・・・

 

最初の試作がけっこう、評判
よかったので、こっちの本作品も
大丈夫!といい氣になってましたが。

撃沈・・・

「中身が入ってないパイ皮だけ、
ちょーだい」とか
「ジャムを塗ってほしい」とか。

半分くらい残ってしまいました。

ひえ~

パイ皮にはたっ~ぷり油を入れて
サクサクに出来上がったので、
皮だけは評判よかったんですけどねぇ

やっぱり、ある程度の甘さは必要だな。

まあ、すいかの皮のシロップ煮の
食感とか味の方も改善が必要なのよねぇ

来年の夏には名誉挽回します!

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ