カテゴリー別アーカイブ: マクロビレシピ 秋の献立

園児の心をわしづかみなメニュー

サーバー会社がメンテナンスをおこなったせいで
このワードプレスにログインできなくなって、
1週間も!

やっと、サーバー会社がメンテナンス以前の
状態に戻してくれて、ログインできるように
なりました。

ほんとにもおっ!て感じな1週間でした。

写真だけはどんどん溜まっていってたので
どの話から書こうかなと選り取り見取り状態。

今が旬なかぼちゃとさつまいもを使った
お菓子っぽいおかずを作って、園児の
心をわしづかみにした自慢話でもいい?

お菓子っぽいと言っても、砂糖は全くゼロ。

かぼちゃとさつまいもとにんじんという
甘い野菜のトリオなので、少しの塩で
甘さを引き出しています。

こういう時、マクロビオティック以外の
レシピでは必ず、砂糖を入れるのよね。

なんでこんな甘い野菜を使うのに、
砂糖を入れるんだよとひとりごとで
ツッコミを入れるんだけど、料理研究家や
栄養士たちって、砂糖が好きだよね…

柔らかく煮た野菜をフードプロセッサーで
ペースト状にして。

そのまま食べてもいいんだけど、ここで一工夫。

絞り出し袋に入れて、カップにぐにょぐにょと
絞り出します。

次はハートの形に。

丸くお花の形にも。

これはカップの上にスプンでぼてっと載せて、
上にハートを絞ったのですが、失敗作。

そして、オーブンで軽く焼いて、ちょっと
クッキーみたいに仕上がりました♪

園児たち、見た途端に、「わあ~?!」
「これ、なに?!」
「クッキー?!」
「デザートなの?先に食べてもいいの?」
と、大興奮。

味ももちろん、氣にいってもらえて、
お替り続出。

小さい1歳児2歳児たちも、もっとほしいほしいと
次々と食べてくれました♪

色がくすんだ黄色なのは、かぼちゃの皮も
さつまいもの皮も入っているからです。

マクロビオティックなので、皮は必須よ♪

実際に作って食べてみると分かるんですが
全然どおってことない味なのよ。

いも、かぼちゃ、にんじんと塩。
想像つきますよね。

かわゆい形に絞り出したと言う点がミソなだけ。

でも、子どもってたったこれだけのことで
大喜びしてくれるから、張り合いがあります。

フードプロセッサーでペースト状にするのは
まあ、面倒と言えば面倒。

でも子どもたちの食べっぷりと歓声を聞くと
次もやらなきゃねと思います。

この日はちょうど運動会のリハーサルで
場所となる体育館で練習した後、30分くらい
掛けて歩いて戻ってきたので、みんなすごく
疲れていたんです。

あの道のりを3歳児も一緒に歩いて帰ってきたのかと
思うと、出迎えた時、涙が出てきたわ。

前月に給食の献立を作った時はこの日が
リハーサルになるとは思わず、てきと~に
絞り出しクッキー風メニューを組み込んだのですが
子どもたちへのご褒美になって、よかったです♡

私が給食の仕事をやり始めて間がないころ、
全然おいしくできなくて、悩んでいたら
園長先生がどこかの栄養士を呼んで来て、
「アドバイスしてもらったら?」と言われたんです。

その時の栄養士は、「時々でもいいから、市販の
アンパンマンポテトなどを使って、子どもの心を
掴むといいですよ」

私は、「はっ?!おまえ、ば〇?」と思ったのよ~

栄養士ともあろうものが市販品に頼れって言う?

その時から私は市販品に頼らず、絶対に園児の
心を掴む給食を作れるようになってやると
決心して、今に至るというわけなんです。

今回は園児の心をわしづかみにした
自慢話ですが、次回は、またまた撃沈した
悲しい物語になる予定ですw

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ブルーチーズのパスタ

久しぶりのチーズ。

しかも、ブルーチーズ。
ブルーチーズが血流改善によくて、冷え性改善らしいので
オイシックスで買ってみました

北海道産のチーズなので、くさみとかにおいとかも
そんなにきつくはないみたい。

加熱するとにおいが和らぐそうで、ピザに載せるのがいいみたい。

研修中の長男が食べている社員食堂の内容は、野菜が
極少なメニューみたいで、「野菜をいっぱい食べたい」とのこと。

私を食堂に雇ってくれと直訴したいわ。

イタリアのレモンパスタとターツァイのパスタ。
ココナッツオイルと菜種油とハーブ塩で味付けしました。
ブルーチーズを早く入れすぎたので、溶けてしまったのが残念だけど
お味はすっごくおいしくて、コクもあるし、よかったです。
いつも書いてますが、シンプルな料理の時は、ぜひ、いい調味料を使ってください。

IMG_7515

冷凍していたホッケときびなごのから揚げを、さつまいも、
里芋と一緒にグリルで焼いたもの。
一部、こげこげですけど。

きびなごから揚げの油が染み出るのを考えて
野菜には油は使わずに。

それでも、ほくほくに焼けて、いくらでも食べれましたよ。

IMG_7514

ブルーチーズのサラダ。
半熟卵を中央に置くつもりだったのに、ちょっと油断して
あっという間に固ゆでになってました、、、
土曜日に届いたかたつむりの野菜のラディッシュを
てんこ盛りに使ってます。
とってもきれいな春菊も。

ラディッシュも大根の仲間だし、さかなを食べるときには
一緒に食べると、消化が良くなりますね。

IMG_7512

お友達にいただいた青森の菊茶。
ちょっと菊を入れ過ぎかも?
菊の部分が口に当たると、苦味があるのですが
ちゃんと菊を取り出して飲んだら、てきめん、おいしくなりました。

カモミールティーの日本版みたいなお茶ですね。

いや、カモミールティーが、菊茶の外国バージョンなのかも?

IMG_7517

いつも、クリック、ありがとうございます♡

どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村

昔のカレーで出ています


子どもたちが帰省したら、最近必ず言うのが、
「かあさんの昔のカレー作ってよ」

え~、、、

なんで、「昔の」という枕詞がつくのよ。

元夫はカレー大好き人間で、こってりどろ~りとしたカレーが大好き。

カレーって忙しいときとかにさっとできるから便利な献立というイメージが
あると思うのですが、(実際、周りからはそう言う声を聞いていたのです)
元夫の場合、絶対そんなことは許さなくて、カレールーは、SBと決まっていて
ハウスなんか絶対まずくてだめ。

いろんなメーカーのを混ぜて使うとおいしくなるというのを聞いて、やってみたら
「勝手なことをするな、SB以外使うな」と怒鳴られたり。

ジャガイモを入れて煮込むと、まずくなると言うのですが、子どもたちはジャガイモが
ほろほろ煮崩れているのが好き。
フライパンで柔らかくなるまで焼いて、後から
カレーの鍋に入れて、ジャガイモの成分が溶け出さないようにしたりとか。

ほんと、めんどうだったんですよ。

IMG_7382

そのせいもあって、離婚したら、あのカレーを作る必要がなくなって、せいせいした~

神経使いながら作っても、おいしいねの一言もないから、作る気にならないでしょ。

しかも、カレーって、SBカレールーをどさっと入れるから、あれがおいしいのは
私の実力じゃなくて、カレールーのおかげだし、またつくってよと言われても
ちっともうれしくないし。

去年は長女がどうしても作ってくれ~とうるさかったので、しぶしぶ作ったら
「やっぱり、マクロビカレーよりこっちのほうがおいしいわ、
これ、〇〇君(長女の夫)もお替りすると思うわ。」

元夫もちゃんとこんな風においしいと言っていれば、私ももっと心を
こめて、作ったんですけどね~

今回は、長男がまた、帰省の前に「昔のカレーを作っといてよ!」

薄切り肉じゃなくて、和牛のカレー用の角切り肉を買います。

まあ、普段肉を買わないんだから、こういう時くらい高いのを買ってもいいかね、、、

玉ねぎもたくさんたくさん剥いて、時間かけて炒めて。
庭のローリエも入れて。
ニンジンもしっかり入れたけど、煮崩れて、形が見えない。

それなのに、味見した長男、一言「昔作ってたのって、こんな味だった?」
「生姜とかにんにく、ちゃんと入れた?」

ほんとにもおっ!
入れてるに決まっとるじゃろ。

IMG_7384

あんた、なに、父親と似たこと言ってるのよ!

私も食べましたが、食べている時はおいしいんだけど
しばらくすると、なんか胸やけすると言うか、こってりしすぎて
気分悪くなると言うか、う~ん、もうしばらく作りたくない。

保育園で作るときも、市販のカレールーが少ないので、とろみを
つけるために片栗粉とか、小麦粉の水溶きを入れるので
粉っぽさも残ってしまいます。

その点、キーマカレーだとほとんど片栗粉、小麦粉を
使わなくてもいいので、粉っぽさがなく、作っていても
食べていても気持ちいいのよね。

でも、日本人にはカレーと言うのはとろりとしているというのが
定番のイメージなので、毎回キーマカレーって言うのは、だめかも。

残ったカレーで作ったかれーうどん。

IMG_7416

大根葉をさっとゆでて、載せてます。
写真に撮るためにちょこっとしか載せてないけど
食べるときには、この4倍くらいの葉っぱです。

いつも、クリック、ありがとうございます♡

どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村