カテゴリー別アーカイブ: マクロビレシピ初夏の献立 

国産パイナップルとグリーンピースサモサの給食

給食に出す果物は可能な限り国産を
目指してます。

近場の果物がない時期には悩みに悩んで
外国のバナナやオレンジを出したことも
ありますが・・・

パイナップルなんか、絶対、出されんわと
選択肢にすら入ってなかったんです。

最近、保育園でグリーンコープの商品も
購入し始めて、そこに、国産パイナップルが
載ってた!

おおっ?!

これは、どんな味なのか、一度、園児たちに
出してみたいよね♪

ということで、注文しました。

勢いで購入したので、詳細をよく確かめもせず。

そしたら、コープが届けるんじゃなく、
産地直送。

しかも、出荷日は指定できない。

まあ、指定できなくてもいいけど、出荷する
前日に、「明日、出荷するから」と連絡はほしい。

日曜とかに到着しても困るし。

グリーンコープにその旨伝えても、なんか、
要領を得なくて、困った~

もう私はパイナップルを使うメニューを決めてたので
この日に届かなかったら、別メニューに変更しないと
いけない。

あ~、どうする?

そんな時、良い方法があるのよん♪

てきと~なノートを日記として用意して。

私は家計簿の小さいメモ欄を日記として
ちょこちょこ書いてますが。

その日記に、未来の日付のところに、赤ペンで、
〇〇できました!よかった~💛
みたいに書くんです。

つまり、未来のまだ起きていないできごとだけど、
もうその当日の夜に書いているかのように書く。

それをやり始めて、けっこう色々叶ってるんですよ💛

すごいでしょ💛

まあ、すべてじゃないよ。
でも、これは無理かもみたいなことも
叶ったりするのよ。

で、届いてほしい日にパイナップルが
届きました、助かりましたと書いておいたんですが
ちゃんと届いたのよん♪



しかし!

届いたパイナップルの香りは、すごぉく
おいしそうな匂いで、かぶりつきたいくらい。

なのに…

いざ、食べてみたら、あらっ?

いまいち、甘くない・・・

こんなものなの?

良く言えば、自然な甘さ。

外国のパイナップルは甘すぎると言えば、甘すぎるよね。

パイナップルを使った給食メニューというのは、
グリーンピースのサモサ。

グリーンピースを煮たものをフープロで
ペースト状にして、餃子の皮や春巻きの皮で
包みます。

天板に並べて、油を塗って、オーブンで焼いて
できあがり。

揚げるのが本当のやり方ですが、油もたくさん
使うし、量が多いので、一気に3枚の天板を焼きます。

去年もこのサモサを給食で出したのですが、
つい餃子と言ってしまったせいで、園児たちが
これが、餃子?全然違う!と大ブーイング。

今年は、「餃子ではありません!」
「サモサです!」と連呼。

国産パイナップルはおやつの時間に出すつもり
でしたが、あまりの小ささに、「これでは量が
足りないね」と氣づき、給食のデザートにしました。

パインの芯の部分も食べられますと説明が
あったので、芯はフープロにかけて、これまた
ペースト状にし、ケチャップなど加えて、
パインソースにして、サモサにかけて。

特別な調味料を使っているわけじゃなく、
ウスターソースや醤油、塩麴などを加えただけ。

大人にはおいしかったようですが、子どもの
中には「辛すぎる」と不評だった子もいました。

唐辛子とか入れてないんだけどねぇ

今どきは家で豆を食べる習慣がすごく少なく
なっているようで、食べる豆と言えば、納豆くらい?

グリーンピースなんか、冷凍のミックスベジタブル
に入ってるのを食べる程度?

旬のグリーンピースを食べたことがない子が
多くて、味になじみがないのよ。

今年のサモサは去年よりは好評でしたが、
やはり残食もあり、毎年、歯ぎしりするんだけど、
絶対に子どもたちが旬の豆を喜んで食べるように、
あの手この手で出し続けますよ!

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




硬くないアスパラガス

保護者さんが作っているアスパラガスを
保育園でいただきました。

そう言えば、去年ももらったな~と思いだした!

めっちゃ立派なアスパラガス!

普通にスーパーで売ってるアスパラは
ここまで太かったら、硬くて筋っぽくて
食べられない。

根元の方は硬いの?
皮をむかないとだめ?と悩んでいたら、

ちょっと生で食べてみたら?と同僚に言われ、
え~?!
アスパラを生で?
苦いんじゃないの?
と、恐る恐る根元を2センチほど切って食べてみた。

なに?!
これ?!
めっちゃおいしい!!!

生なのに?!

もうこのまま、給食に出していいんじゃない?!

先端より根元の方がおいしいんじゃないかと思うくらい。

なんでスーパーのアスパラはあんなに
硬くてまずいのか、逆に不思議になるわ。

ちょうどその日に、アスパラを料理するときは
ぜったい!切らずに丸ごと調理すること!
切ると味が落ちますという料理記事を読んだので、
このアスパラも切らずに調理したいけど、、、

園児には無理よねぇ

しかも、数が足りん。

ということで、切って塩と油をまぶしました。

180度のオーブンで10分ほど。

あ~、しまった~

ちょっと過熱しすぎ・・・

8分でもよかったみたい。

まあ、園児たちはこれくらいの柔らかさの方が
いいかもと言い訳。

でも、ほんと、おいしい💛



スナックエンドウも用意していたので、
そちらも同じく塩と油をまぶして
オーブンで焼いて。

この料理法は園児に大好評なんです💛

全学年で人氣のおかず。

私だったら、採りたてのエンドウなら塩も使わずに
茹でるだけでもおいしくていくらでも食べれるけど。

でも、一般的には最低でも塩の味付けがないと、いやがるよねぇ

この日の給食は、ジャンバラヤ。

男子先生のご飯はほかの人の1.5倍特盛りなので、
エンドウもアスパラも添える場所がなくて、
ご飯の上に盛り付けました。

ほかの人に比べて、アートでしょ♪

先日保護者懇談会で、時短料理の話題の時、
いい調味料、いい食材を使うと、シンプルな
料理法でおいしく仕上がるから、それが
時短料理です」とお話ししました。

今回のアスパラガスもまさにそれ。

まともな調味料はどうしても高いから
みんな買うのを嫌がるけど、一度買えば
1~2か月は余裕で持つんだし、1日の
費用にしてみると、ほんとにちょっとよ。

高くてもまともな調味料をぜひ、買ってください~

一番簡単な見分け方は原材料が少ないことです。

海の精 国産有機・生しぼり醤油 500ml | 醤油 しょうゆ 調味料 お醤油 自然食品 取り寄せ お取り寄せ おとりよせ 濃口醤油 こいくち

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




嫌われ者の空豆救出作戦

空豆を煮ていたら、年長組の男子が
「ねえ、今煮てるの、空豆?」と聞いて来たの。

そうよ~

「やっぱり、、、おれ、空豆、きらいなんよ」

あらまあ。どうしましょ。

空豆を塩で煮ても、砂糖で煮ても、子どもたちは
喜ばないのよねぇ

でも、おやつっていうのは、イコールお菓子じゃないんだから
できれば野菜やお米でおやつを作りたいのよね。

さやごと焼いて、自分でさやを開けて、中から
ほくほくの豆を取り出して、食べるって言うのは、どう?

IMG_9078

って、聞いたけど、それもいやなんだってさ~

どうしたもんかね、、、

と、考えていて、きら~ん!と閃きました。

IMG_9152

空豆をフードプロセッサーでペースト状にして
餃子の皮で包んで焼いてみようかな。

IMG_9153

一般的には揚げるんだけど、ホットプレートで焼いてみます。

ひとつ味見をしたら、結構おいしいよん♡

IMG_9155

赤ちゃんクラスには、餃子の皮のパリパリが食べにくいので
冷凍かぼちゃを煮て、空豆のペーストと合わせて、団子に。
柔らかすぎてうまく団子にできそうになかったので、煎りぬかを
加えて、水分を調整しました。

IMG_9156

空豆の餃子はほとんどの子どもたちが喜んで食べてたし
赤ちゃんクラスにも、かぼちゃ&空豆団子が大人気。

「この餃子なら、空豆が入っていても大丈夫?」と聞いたら
数人の男子は、「やっぱりいやじゃ~!」と、ぶーたれてましたが
女子は、「給食先生、おいしいよ♡」「うん、私もおいしい♡」「私も~」と
かわゆくフォローしてくれました。

IMG_9154

空豆も皮を剥いた状態で煮れば、もっと食べやすい
おいしい味になるのはわかってるんだけど、皮も食べてほしいしね。

どうやれば、おいしい空豆になるのか、まだまだ修行が足りないみたいです。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます。
どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです?

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村