カテゴリー別アーカイブ: 保育園の給食

グレイスフルスイーツで習ったタルトを保育園のおやつに

今までは保育園では毎月お弁当の日が
ありましたが、今年からは年に一度に。

当然その日は給食はありません。

でも、開園している日はぜっ~たい
お金を使って園児たちに還元しないと
いけないので、一般的には(公立では)
市販のお菓子を買ってきて、「はい、
これが今日のおやつとおみやげ」

ほんと、〇かじゃろ、、、

なんで、わざわざ市販のお菓子なん?

白砂糖と添加物と油満載で、体にも
歯にも悪いと分かっているのにさ。

それで食育やってますと言うなっつ~の。

普段から、食べ物の持ち帰りは禁止!と
言ってるのにさ。
業者が作ったのはおっけ~だなんて、おかしいよ。

ということで、うちの園では、市販のお菓子なんか
買い与えません!私がいつもより豪華なおやつを
作ります!と園長に宣言しました。

ちょうど、9月10月と自由が丘へマクロビオティック
スイーツを習いに行こうと決めていたので、そこで
習ったお菓子を作ればいいんじゃない💛

いくつか贅沢な材料が必要だけど、
給食費を使えるんだから、何を
買ってもおっけ~だよね、ふふふ。

園児分60個と職員にも試食して
もらおうと計画したので、16個プラスで。

私も乳児クラスの遠足に付いていくから
園に戻ってくるのは1時ごろ。

3時のおやつまでの2時間で70個以上を
一人で作り上げるのはちょっと難しそう。

何がいいかなとレシピを見ながら
楽しく悩みました。

多分お天気が良くて、歩き回って
体も熱くなっているから、マンゴーを
使ってもいいかな。

普段は南国の果物は使わず、地元の果物しか
購入しないのですが、今回はちょっと贅沢に。

冷凍のカットマンゴーを使います。

くず粉を使ってサクサク感を出したタルト。

その中へ豆乳のクリームを詰めて。

上にカットマンゴーを載せて。

梅ジャムを水で伸ばしたものをグレイズ
代わりに掛けて照りをつけて。

マンゴーが足りなかった場合に備えて
オレンジジュースのゼリーも作って。

かわゆいシールをピックとして飾ると出来上がり。

タルトは3日前から焼いて冷蔵庫へ溜めておきました。

豆乳クリームも同じく冷凍庫で保存して、
当日フードプロセッサーで滑らかにします。

でも、意地悪な私は素直にタルトを
出さないんです・・・

まずはりんごを食べてから、タルトに
行きつけるんです~

柑橘県に住んでいながら、りんごラブなので
おやつに出す果物は秋、冬はりんごがメインなの。

最近の子どもたちは噛むというのを
免除されているのか、りんごをしゃきしゃきと
食べることができない子が多い!

いまだにすりおろしりんごを食べてるんか?と
思うような1歳児もいます。

だから、まずりんごを食べなさいというのは
意地悪じゃなくて、あなたたちの将来を
考えている愛情からなのよんw

りんごもタルトもあっ!と言う間に
食べてしまった子もいれば、ええええ・・・
まだ、りんごに苦戦中なの?!と言う子もいました。

豆乳クリームもお替りがほしい!と
氣に入ってくれる子もいれば、もういらん…と
言う子も4,5人ほどいたかなぁ

この豆乳クリームは自分でもいまいちで
なんで教室で習ったときと味が違うんだろう?と
10月のクラスの時、持参して試食してもらい、
理由がわかりました!

次からはレベルアップした豆乳クリームを
作りますよ!

10月のクラスで先生に今回のおやつのことを
報告すると、まだ完ぺきとは言えなくても
グレイスフルスイーツのお菓子を保育園で
出してもらえて園児たちが喜んで食べてくれたと
いうのはうれしいことですと、褒めていただきました💛

次はクリスマスのおやつをどうしようかと
楽しく悩んでいます。

献立を作るのは大変でしょう?とよく言われるけど
好きなことをやってるから、ちっ~とも大変じゃない。

むしろ、こんなことを悩めること自体がうれしいし、
幸せです💛

クリスマスはチョコレートかな。
ロールケーキかな。
白と赤と緑のケーキにしようかな。

自由が丘グレイスフルスイーツで、
12種類も勉強してきたので、選り取り見取りなの。

みんな~、クリスマスには
口を開けて待ってろ~

今度こそ、全員が「大好き」と言うような
豆乳クリームを作るからね♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




撃沈ずんだ白玉だんご

豆が好きなんです♡

特に乾燥させたひよこまめとか
虎豆とかを薄い甘さに仕上げた
煮豆とか、大好きで、毎週給食の
メニューに出したいくらいだけど
ぐっと我慢して、月に一度出してます。

初夏はグリーンピースの季節だし、
今は枝豆。

枝豆と言えばビールだけど、給食に
ビールは出せんw

じゃあ、山形の郷土料理のずんだを
広島県の園児たちに食べていただきましょう。

枝豆を軽く茹でて、せっせせっせと
さやから出して、フードプロセッサーで
ペースト状にして。

甘酒と少しの砂糖、塩で甘めの
枝豆ペーストを作りました。

皿の上にぽてっと、ペーストを載せて、
その上に団子をぽんぽん。
豆乳のクリームを絞り出して。

めっちゃおしゃれじゃん~

と、一人悦に入ってたのよ♪

味も、うん、なかなかいいよ~

と、自信を持っておやつに出したら。

これ、なに~
苦い~
へんな味がする~

はっ?!

あんたたち、なに、言ってんの?!

苦いわけないじゃろ!!

枝豆の色もきれいだし、豆の甘さと言い、
自然の恵みなおやつじゃろ!

なのに、ほとんどの園児たちが相変わらず
おいしくないを連発して、保母さんが
「きなこを掛けたらどうでしょうか?」と
言うので、きな粉を掛けてみたんですが、
予想通り効果はほとんどなかったわ…

数人の子だけがもりもり食べてくれてたけど。

いつも偏食する2歳児がめっちゃお替り
したのが、不思議よ。

自分でも今回のおやつはおいしいのか
まずいのか、わからなくなったけど、
残ったずんだ餡を食べてみても、やっぱりおいしいのよ。

なんでこの味を苦いと言うのか、さっぱりわからん!

このまま引き下がるのは悔しいので
どう改善したらいいのか考えてもう一度、
おやつに出してみますよ~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




園児の心をわしづかみなメニュー

サーバー会社がメンテナンスをおこなったせいで
このワードプレスにログインできなくなって、
1週間も!

やっと、サーバー会社がメンテナンス以前の
状態に戻してくれて、ログインできるように
なりました。

ほんとにもおっ!て感じな1週間でした。

写真だけはどんどん溜まっていってたので
どの話から書こうかなと選り取り見取り状態。

今が旬なかぼちゃとさつまいもを使った
お菓子っぽいおかずを作って、園児の
心をわしづかみにした自慢話でもいい?

お菓子っぽいと言っても、砂糖は全くゼロ。

かぼちゃとさつまいもとにんじんという
甘い野菜のトリオなので、少しの塩で
甘さを引き出しています。

こういう時、マクロビオティック以外の
レシピでは必ず、砂糖を入れるのよね。

なんでこんな甘い野菜を使うのに、
砂糖を入れるんだよとひとりごとで
ツッコミを入れるんだけど、料理研究家や
栄養士たちって、砂糖が好きだよね…

柔らかく煮た野菜をフードプロセッサーで
ペースト状にして。

そのまま食べてもいいんだけど、ここで一工夫。

絞り出し袋に入れて、カップにぐにょぐにょと
絞り出します。

次はハートの形に。

丸くお花の形にも。

これはカップの上にスプンでぼてっと載せて、
上にハートを絞ったのですが、失敗作。

そして、オーブンで軽く焼いて、ちょっと
クッキーみたいに仕上がりました♪

園児たち、見た途端に、「わあ~?!」
「これ、なに?!」
「クッキー?!」
「デザートなの?先に食べてもいいの?」
と、大興奮。

味ももちろん、氣にいってもらえて、
お替り続出。

小さい1歳児2歳児たちも、もっとほしいほしいと
次々と食べてくれました♪

色がくすんだ黄色なのは、かぼちゃの皮も
さつまいもの皮も入っているからです。

マクロビオティックなので、皮は必須よ♪

実際に作って食べてみると分かるんですが
全然どおってことない味なのよ。

いも、かぼちゃ、にんじんと塩。
想像つきますよね。

かわゆい形に絞り出したと言う点がミソなだけ。

でも、子どもってたったこれだけのことで
大喜びしてくれるから、張り合いがあります。

フードプロセッサーでペースト状にするのは
まあ、面倒と言えば面倒。

でも子どもたちの食べっぷりと歓声を聞くと
次もやらなきゃねと思います。

この日はちょうど運動会のリハーサルで
場所となる体育館で練習した後、30分くらい
掛けて歩いて戻ってきたので、みんなすごく
疲れていたんです。

あの道のりを3歳児も一緒に歩いて帰ってきたのかと
思うと、出迎えた時、涙が出てきたわ。

前月に給食の献立を作った時はこの日が
リハーサルになるとは思わず、てきと~に
絞り出しクッキー風メニューを組み込んだのですが
子どもたちへのご褒美になって、よかったです♡

私が給食の仕事をやり始めて間がないころ、
全然おいしくできなくて、悩んでいたら
園長先生がどこかの栄養士を呼んで来て、
「アドバイスしてもらったら?」と言われたんです。

その時の栄養士は、「時々でもいいから、市販の
アンパンマンポテトなどを使って、子どもの心を
掴むといいですよ」

私は、「はっ?!おまえ、ば〇?」と思ったのよ~

栄養士ともあろうものが市販品に頼れって言う?

その時から私は市販品に頼らず、絶対に園児の
心を掴む給食を作れるようになってやると
決心して、今に至るというわけなんです。

今回は園児の心をわしづかみにした
自慢話ですが、次回は、またまた撃沈した
悲しい物語になる予定ですw

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ