カテゴリー別アーカイブ: 保育園の給食

寺田本家の日本酒でお通じが増える!

元々、お通じは毎日あって、しかも
けっこう、どでかいのが出てました。

トイレで水を流しても、一度では流れない時も!

だから、「私の腸は大丈夫!」

「善玉菌が50%」と、勝手に思い込んでたけど
昨年末にドイツ旅行から帰って、調子が悪い・・・

たった1週間、暴飲暴食しただけなのに
なんで、善玉菌が弱ったのよぉ

で、うんこにいい!とお勧めされていた
寺田本家のむすひを買ってみました。

寺田本家さん、ごめん。

うんこにいいお酒じゃなく、体にいいお酒だよね。

そしたら体調不良だった私の善玉菌がやっと
復活してくれて、また、ど~んと出るようになりました♪

だから、もう寺田本家の日本酒は買わなくても
いいんだけど、スパークリングタイプで
私の好みのお酒だったので、買い続けてます。

むすひは、瓶の中でも乳酸菌や麹菌が生きて
活動しているので、要冷蔵。
要縦置き。

蓋を開けようとすると、生きてる乳酸菌が
待ってました!とばかり、外に出ようとして
泡がじゃんじゃん浮き上がってきます。

蓋を開けたり閉めたりして、乳酸菌を
落ち着かせてから、やっと完全に開けれます。

面倒と言えば面倒だけど、菌と遊んでる
感じが楽しいのよん♪

今回はむすひを2本。

普通の日本酒の香取を1本。

香取は千葉県の香取神社のお神酒として
奉納してるそうです。

吟醸酒は、お米をばんばん削りまくって
芯だけにしてお酒を作るけど、香取は
ほんのちょっと削っただけで作るお酒です。

香取はまだ飲んでないので、お味は不明。

寺田本家にも大吟醸のお酒はありますが、
それは買わずに、酒粕を買ってみました。

ちょこっと味見してみたけど、すぐに
酔っ払いそうなくらいアルコールが残ってる!!

贅沢な酒粕。

これでクリームチーズ風とか、ホワイトソース風とか
作れるらしいよ。

そのまま置いてたら料理に使う前に食べてしまいそうなので
冷凍庫に確保してます♪

今日は、マッシュポテト、ほうれん草、アボカドで
ケークサレを作ってみました。

米ぬかも全粒小麦粉も使ったので、重い生地に
なるかなと予想してたけど、オリーブオイルを
多めに入れたので、ふわっとした口触りです。

見かけはぺちゃんこだけど。

むすひと一緒に食べると、どっちもおいしさが
倍増して、あっという間に3切れ食べて、
むすひも2杯、がぶ飲み。

むすひを飲んでいる時は、一日一回のトイレが
二回になることもしばしば。

腸内の乳酸菌、ほんとに大切ですね。

でも、アルコールで乳酸菌を増やすのは
嫌だと言う人は、ぬか床を作ってくださいませ。

ぬか床を混ぜるのが面倒と言う人は、
乳酸菌サプリですね。

保育園では、園児に毎日ぬか床を
混ぜてもらい、ぬか漬けを刻んで、
ご飯に入れてます。

まあ、一人当たりの量が少ないから
効果があるかどうかは、疑問だけどね。

ぬか漬けを毎日園児に食べさせてるって
言うだけの、  私の氣休めかもなぁ

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




揚げないえびせん

米粉を使ったえびせん。

米粉のお菓子とか料理、大流行中。

小麦粉じゃなく米粉なら、ヘルシー&
ヘルシー&ヘルシー!

そんな勘違いしてない?

小麦粉よりは確かにいいかもしれないけど
米粉で作ったお菓子だったら、じゃんじゃん
食べてもいいってわけじゃないですよね。

米粉は国産の米から作っている商品が
多いから、国産米の消費量を増やすのに
お役に立ってるだろうけど、微量だと思うよ。

やっぱり、米は炊いて食べるべきよ~!

と、偉そうなことを書いておきながら
今回は米粉のお菓子w

米粉の本で見つけたえびせんです。

レシピには、薄く伸ばした生地を油で
揚げるとなっていました。

揚げる?!

換気扇が汚れる!

コンベクションオーブンで焼けばいいじゃん~

うまくできあがるか、どきどきだけど。

米粉、干しエビ、塩、油を泡立て器でよく
混ぜて、水を加えてひとまとめに。

それを切り分けて、天板に薄く伸ばして置き、
180度で19~20分焼いてみました。

平たく伸ばして、油で揚げるのですが、壊れやすい
生地なので、油の中に入れると、バラバラになりそう?!

これはやっぱり、天板の上で、落ち着いて
焼く方が無難。

それに生地の中に油がちゃんと入ってるから!

スチコンの扉を開けると、干しエビのいい匂いが!

給食室の中もめっちゃいい匂い!

干しエビって、匂いの素が強い食材なんだね。

焼けたばかりの時はカリッ、サクッ、でしたが
冷めてくると、けっこう、固いわ・・・

これ、赤ちゃん組の子どもたち、食べられるかしら?

米粉125gに対して、油が40g。

これはかなり多い割合だよ。

油で揚げる必要、絶対にない!

油の摂りすぎになる!

焼いたえびせんでもおいしくて、
赤ちゃん組の子どもでも、わしわし食べてました!



もちろん、固めなので小さく砕いて口に入れて。

食べたり出したりしゃぶったりしながら
時間がかかりましたが、大好きだったみたいよ。

もちろん幼児クラスでも大人氣♪

朝、園児が「今日のおやつ、なに?」

今日はねぇ、えびせんなのよ。

「えびせんって、なに?」

初めて作るお菓子だから、うまくできあがるか、
心配なのよ。

「大丈夫。給食先生はお菓子作りが
上手じゃけ、おいしく作れるよ」と
5歳児に励ましていただきました💛

ありがとうございます💛

おやつの時間に、その励ましてくれた子が
「やっぱり、おいしくできてたね」と
励ましの追加をくれました💛

ちょっと硬かったけど、おいしかった。

ちょっと喉がかわいたけど、おいしかった。

と口々にうれしい感想をもらいました。

手間がかかり、ちょ~めんどう、、、なんでこんな
おやつに決めたんだろ…と自分にあきれながら
作ったんですが、作った甲斐がありました!

また、つくりますよん♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




卒園お祝い献立には尾道の郷土料理です

尾道の郷土料理のひとつに
わけぎのぬた和えがあります。

わけぎって、知ってる?

まあ、ねぎの仲間よ。

見かけはほぼ、ねぎ。

でも、根元が分かれてどんどん増えていくから
おめでたい野菜と言われています(らしい)

ちょうど春ごろできる野菜なので、ひな祭りとかに
食べると縁起がいいよねということで、尾道では
めでたい席に使われるんだけど、最近は消費が落ちてるモヨウ。

同じ旬のアサリを入れるとおいしいけど、給食では
ピンク色のかまぼこ、使ってます。

料理って、本来、面倒だし手間がかかるじゃない?

それが料理よ。

でも、共稼ぎの家も増えてるし、スマホをみる
時間を確保したいし、料理の時間を削りたい!という
人が増えてるのよ。

電化製品が家の中に普及して、家事は楽に
なってるのに、その上まだ料理の手間を省きたいのよ…

料理、作ってよ・・・


なので、わけぎのぬた和えを作る家庭、激減。

じゃあ、私が作って園児に食べさせないと、
園児たちは一生、わけぎのぬたの味を知らないまま
大人になり、大人になっても、自分で作らない!

尾道の味を守れ!と暑苦しい私が考えて、
卒園、入園の時はお祝い献立でぬたを作ります。

豪華な料理じゃないから、園長は、毎回、
「ぬた・・・」と言いながら食べてるけど(怒)

そりゃね、タイの塩焼きとか出してやればいいけど、
鯛って、骨がかたいのよ!

あれがのどにささったら、大混乱よ!

お赤飯も家で作らんよねぇ

まあ、偉そうなこと言っても、私も本物の
蒸すお赤飯じゃなくて、炊くお赤飯だけど。

蒸すお赤飯は失敗する確率が高いので、
給食に出すのは、こわい⇐つまり私が未熟なの~

言い訳すると、蒸すとちょっと固めになるけど、
炊くと柔らかめになるので、ちいさい子でも食べやすい💛

言い訳の塊ですね。

数年前までは赤飯、すまし汁、わけぎのぬた和えという
献立でしたがあまりに園児たちにはハードルが高すぎて
箸が進まないので、ソーセージもプラス💛

食べる前には注意事項を発表。

わけぎを食べてから、ソーセージを食べましょう!

でも、ほとんどの子はさっさとソーセージを食べるけど。

お赤飯の上にはごま塩も振りかけて。

これもちゃんと自分で作ります。
市販のごま塩は塩が本物じゃないから、使わん!

すまし汁にも玉ねぎや切り干し大根、にんじん、えのきなど
10種類くらい具が入っていて、上品じゃない・・・

でもその野菜のおかげで、自然な甘みとコクが
生まれて、だしの素なしでもおいしいすまし汁に
なるから、園児たちの人気のお汁です。

お祝い献立って、鳥のから揚げ、ハンバーグ、
カレー、コーンスープなど子どもに迎合した
料理にする必要ないのよん。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ