カテゴリー別アーカイブ: 保育園の給食

おばけすいかで皮も有効利用

めっちゃ大きいすいかをもらいました♪

どれくらい大きいか、何かと比べることが
できる写真を撮りたかったのですが、
なにも適当なものがなくて、包丁と
比べています。

これじゃあ、ちっとも、大きさがわからんよね!

切ってみると、ちょっと棚落ちしてたけど。

でも、甘い~!

おいしい~!

棚落ちしてるすいかを見るたびに思うんだけど、
落ちてしまった部分はどこへ行ったんだろうね?

ほんとは皮ごと切り分けて、提供するのが、
食育としてはいいのはわかってる。

でも、こどもって、赤いおいしい部分だけ
ちょろちょろっと食べて、まだ赤い部分が
かなり残っているのに、「もういらん~」
「お替わりちょうだい~」というばかたれな
食べ方をするのよ。

あっ、ばかたれって、うちの子どもの話ね。
と、うそっぽい言い訳、、、

食べ物を粗末にするな!って常日頃思ってる
私は、そういう食べ方が許せないのよ。

頑固すぎるんだけど。

皮を切り取って赤い部分だけを
園児たちに出すべきか、いやいや、皮を
付けてすいかの形も味わせるべきか?

1分間悩んだけど、皮は切り取りました~

で、残った大量の皮。

大きいすいかって、その大きさに
テンションが上がるけど、実は皮の
部分が多過ぎるのよねぇ



皮をそのまま捨てたら、ごみが増えすぎ。

ここも食べたいよね。

一番外側の固い縞模様部分はさすがに
切って捨てます。

ここはばっさりと分厚く切り捨てないと
固くて味が悪いので、思いきります。

あとはできるだけ薄切りに。

塩をまぶして、漬物にしたり、砂糖と
一緒にグラッセとして煮たりしました。

グラッセは冷たく冷やして食べると、結構おいしい♪

塩まぶしは軽く絞って、塩と砂糖で味付けした酢を
かけて、ピクルス風に。

こっちの方はどうしよ、、、と言うくらい大量に
できてしまいました。

子どもたちがそんなに好きな味ではないだろうしなぁ

だれか欲しい人、いるかなぁ

瓶、持って来てくれたらあげるけど~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




米粉パン、練習中

卵と牛乳アレルギーの2歳の園児がいて、
毎週使っているパン屋さんのパン生地には
少しだけど牛乳が使ってあるとのこと。

その子の場合、卵よりも牛乳の方が
強いアレルギーなので、市販のパンは
絶対だめ。

ということで、私の蒸しパンを出しました。

1歳児さんも、市販のパンはいやだなぁと
思うので、同じように蒸しパンを。

そしたら



みんなと同じようなあんぱんの方がいいらしく
他の子のパンをちらちら見て、食べるのが遅い~

しかも1歳児でもちょっと月齢の高い子になると
回りがよくわかるから、同じように2歳児のテーブルを
見て、「あっちのあんぱんの方がいい」

お~ま~え~!
と、思わず心の中でどなってしまった~

心の中よ~

保母さんからも、「この1歳児たちは月齢高いし、
月齢の低い2歳児と変わらないし、あんぱんでも
いいんじゃないですか?」と言われるし。

できるだけ、白砂糖のお菓子とか、ふわふわの
口当たりが良いお菓子は遅い方がいいのよ。

そりゃ、家では与えてるのはわかってるけど。

だからこそ、保育園では与えたくないの。

次こそは、市販のパンを食べてる子の方が
「あっちの方がいい」と言うような
手作り蒸しパンを作るぞ!と気合入れてます。

ちょうど、フライパンで作る米粉パンという本を
見つけて挑戦してみました。
フライパンでできる 米粉のパンとおやつ 小麦粉なしでも本当においしい (立東舎 料理の本棚)

ドライイーストと米粉と甜菜糖、菜種油と塩。

発酵させる時間が足りなかったせいかなぁ

見かけはおいしそうなんだけど、
切ってみると中がふわっとならず、べちゃっ、、、

手作りママレードやりんごの皮でかわゆくアレンジ。

はっきり言うと、ごまかしてるんだけど~
あっ、でもね、今回はアレルギーの子も
1歳児たちも嫌がらず、食べてました。

また今週も米粉パンに再挑戦。

今度は「嫌がらず食べる」から
「喜んで食べる」というレベルのパンを
作りたい♡

やっぱり作る人の氣持ちがふわんふわんな
柔らかい波動じゃないと、おいしいパンは
作れないよねぇ、、、

心の中でどなるような給食先生だと
ふわんふわんなパンは作れないよねぇ
と、反省してます~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




小さじ2杯で安物が変わる

保育園で使っている味醂と醤油。

ある自然食品店のものなんだけど、
その味がいまいちすぎて、好きじゃない。

大豆は確かに国産のを使っているけど、
品質の最後を引き締める塩が全然、しょぼい。

まあ、その自然食品店に限らず、
ほとんどの「良い」と宣伝している
国産大豆使用の醤油とか味噌は
塩が、ぼろかす。⇐言いすぎ

天日塩使ってますとか書いてあるけど、
海外の塩だったりするし。

そこまで、こだわるなら、お前が
自分で作れっ!と怒られそうだけど、
味噌は作れても、醤油は素人には
ハードル高くて、買う方が無難。

これはいいかなぁと思って買っていた
生醤油があるんですが、それもそこまで
いいものじゃなかった、、、と判明した
実験をした結果が今日のブログです~

味を変えたい醤油と味醂の瓶を用意しました。

それが入る大きな洗い桶も用意し、
そこへ浄水器の水をいっぱいに入れます。

その中へ瓶を入れます。

2~3分くらいでおっけ~。

瓶を取り出して、蓋を開け、「これは!」と
思っている醤油なり、味醂なりを小さじ2杯ほど
たら~んと入れて、蓋をして、軽く振ります。

味を比べてみると、

 

すっ~~~ご~~い!

信じられんけど、味が違う!!

と言うことに驚きますよ。

しかし。

「これは!」と思うものがしょぼかったら
全く味は変わらない~

この自然食品店の味醂は、材料としては
もち米、糀、焼酎、塩となっていて、私のお気に入りの
白扇酒造とほぼ同じ材料。

言葉としては米、糀だけど、実際のものとしては
品質がかなり違うんだろうなぁ

しかも、白扇酒造では使ってない塩まで入ってるし。

福来純 三年熟成本みりん 500ml<白扇酒造(株)>

この味醂と醤油を使ってお揚げさんを煮ると、
とがった味がするの。

とがった味としか表現できないんだけど。
ここに砂糖をプラスすると、とんがり味が
緩和されるんだけど、私としては、「お前は
味醂なら、砂糖に頼るな!」と言いたいのよ。

いや、それは私の料理の腕のせい、、、?

煮魚も味醂と醤油のみで作りますが、
煮魚の場合は、そんなにひどい味ではないのよ。

仕入れているお揚げさんと味醂の相性が
悪いだけなのかもしれないんだけど。

いなりずしやきつねうどんの献立の時、
味見をするたびに、げぇ、、ひどい味、、と
思いつつも、仕方なく出していたわけです。

この味醂のまずさをなんとかしたい!と
ついに教えてもらっていた実験を
やってみることにしました。

味醂の方は劇的においしくなったのです♡
小さじ2ほど入れただけの白扇酒造の
味醂が超いいものだからね~

そのまま飲んでもおいしい味醂だからね~

写真を見ると分かるのですが、色が薄くなってます。
それが不思議なの。

醤油はほとんど変化がなくて、、、
私が用意した「良いしょうゆ」だと思っていたものが
じつは全然、どおってことない醤油だったらしい、、、

使っている塩がたぶん、どおってことない塩なんでしょう。

今度は海の精の塩を使っている醤油を
注文したので、それを使って、どう味が
変化するか、再度実験してみます。

小さじ2ほど足すだけなのに、味が
変わるのが、すごく驚きでしょう?

最初にきれいな水に浸けておくのも
重要です。

何かの陰謀で、減塩ブームになってるけど。

塩をちょっとしか食べないんだったら、
高くてもいい塩を買うべきですよ♡

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ