カテゴリー別アーカイブ: 保育園の給食

さすがに極薄甘は、やはり不評

わらびもちのおやつ。

わらびもち粉と言っても、本物じゃない。

IMG_9561

ただの片栗粉と同じだけどね~

それを600グラム、練り上げるのは、暑いわ。

やってる最中は夢中で練っているから、あまり暑さを
感じないんだけど、終わって、コンロから離れると
どが~!!と暑さが襲ってくる感じ。

練った生地は銀のお盆にたら~んと流して、冷ましました。

なんか、暑くて、頭がぼ~としてて、写真を全く撮ってないので
文章だけでうまく伝わるかどうか、不安。

わらびもちは生地をちぎって水中に落としていっても
いいんですが、そのやり方にすると水っぽくなるの。

銀盆に広げて冷まし、それをスプーンでちぎって、きな粉の
中へポンポン入れていき、きな粉をまぶしました。

今回は、きな粉とはったい粉のミックス。
しかも、砂糖が相変わらず少な目。

でも、いつもこれくらいの甘さでもOKだしね♡

と、思っていたのに、、、

あらら、、、

甘くない!とブーイングになってるらしく、保母さんが
「お替わりに来ませんよ」と報告に来ました。

ひえ~

今日は私、早退しないといけない日なのに~

慌てて、砂糖壺を持って、2階へ。

年長組がわいわい騒ぎながら、「甘くない!」「まずい!」

もおっ!

じゃあ、砂糖を振りかけてあげるわ!

ぱらぱらぱら~

はいっ、見たじゃろ。

お替りして。

勇気のある年中さんが一人、来てくれました。

そしたら、次々とお替りの行列が。

最初の一人はまだな~んにも感想を言ってないんだけど
なんか、口コミの力ってすごいみたいな?

肝心の年長組は、口の中にひとつ、入れてもらったのに
まだ「甘くない!」と文句言ってましたが、行列は途切れることなく。

この時点で私は早退したので、全部、食べきったのかどうか
確認できてないんだけどねぇ

味見した私は、この程度の甘さなら、大丈夫!と思ってたけど
見込みが下手だったわ。

はったい粉ときな粉を半々にした割合がだめだったかな。

翌日、「あれからどうだった?」と保母さんに聞いてみましたが
その保母さんも他の用事をしていたようで、「完全に
見届けてないけど、下の小さいクラスへは持って
行かなかったようですよ」とのこと。

じゃあ、下の小さいクラスはどうだった?

「うん、みんなもっと欲しい~状態でしたよ。」

あらまっ、じゃあ、大きいクラスのを減らして
小さいクラスのを増やしておけばよかったんだ!

早退する日じゃなかったら、それくらいの余裕が
あったのに、、、
くぅ、、、残念、、、

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます。
どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

よもぎとみたらしは合わん!と怒られたよ

おやつにヨモギ団子を作りました。

春に園児たちが摘んできたのをちぎって、茹でて
冷凍していたヨモギです。

凍ってるのをフードプロセッサーで砕いて
みじん切りにして、米粉と豆腐と混ぜて
団子にします。

いつもなら、きな粉をまぶすのですが
きな粉をおやつに使う率が高いので
今日はきな粉は止めて、みたらし団子に。

でも、こしあんも少しあったので、
小さいクラスは、こしあん付きヨモギ団子で。

IMG_9490

そりゃあ、こしあん付きの方がおいしいわよね。

でも、大きいクラスは人数が多いから、あんこが足りないの。

みたらし団子も好きでしょ?

そう思っていたのに、残って、小さいクラスに降りてきました。

IMG_9492

「ヨモギと、みたらしは合わんと言ってますよ」

「このタレのぷよぷよが気持ち悪いと言ってますよ」

はあっ?!

みたらし団子のタレは、いつもぷよぷよにしてるでしょうが!

片栗粉でとろみをつけるから、ぷよぷよになるの!

10個ほど残ったヨモギみたらし団子は、ちゃんと小さいクラスの
子どもたちが食べてくれたからよかったけど。

 

昨日もおやつが少し残ってしまったし、、、

あんたたち、何年、私のおやつを食べてるのよ。

いいかげん、私の味に慣れてるんじゃないの?

もうすぐ、給食も終わりなのに、なんだか、ショックな
日々の連続です。

こしあん付きのヨモギ団子は?

もちろん、小さいクラスさんたちが、きれいさっぱり
たべてくれましたよ。

ボウルやスプーンについてるあんこも舐めて食べてました。

こしあんはおいしいもんね♡

自分用に作ったおからのケーキ。
おから、全粒粉、梅酒の梅の実、アーモンドプードル、
メープルシロップなどを使ったので、いつもより
上出来の味。

材料にいいものを使うと、やっぱり味が格段に良くなります。

IMG_9495

間引きニンジンの葉っぱは、柔らかいのでみそ汁の具として
食べるのですが、軸の部分は、固そうな氣がして、捨てようかなと
思ってましたが、軸がかわいそうな氣がしてね♡

さっと茹でて、ざくざく刻んでおからのケーキに入れてみました。

ちらちらと見える緑色の線が、にんじんの軸です。

苦味もなく、固くもなく、違和感なくいただけました。
目をつむって食べたとしたら、にんじんの軸って、
誰も氣づかないと思うな。

明日は人生初ハリです、どきどき。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます。
どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

七夕には素麺ですねって、いつの話よ

 

七夕の料理を今頃書いて、時季外れもいいとこだけど
まあ、読んでみてね、、、

七夕の時の保育園のおやつは、今まで、生協で
販売している星形のおかきや菓子パンを使ってました。

以前からそれを使っていたので、星形だし、いいかな~と
なんとなく。

これって、思考停止状態ですよねぇ

園長が、「七夕だしおやつは素麺にしたら?オクラを乗せて。」

IMG_9416

そうだね!

それは思いつかなかったわ。

8月には素麺のおやつを出していたのに、七夕には出していなかったわ。

たなびき 国内産小麦粉100%使用 白絹乃糸

めんつゆは、みりんとしょうゆで作ります。ちょっと味醂が多過ぎたので
かなり甘めのめんつゆになりました。
子どもは、その方がうれしいかな。

茹でる素麺の量をどれくらいにしようか、悩むわ、、、
こどもって、素麺が好きなので、たくさん食べると思うけど。
小さいクラスがどれくらい食べるのか、見当がつかないの。

その年によって、食べる学年もあったり、全然だめと言う年もある。

悩んだ末に、1.4キロ茹でてみました。

茹で上がった量を見たら、すっごく大量で、「しまった!」
「いくらなんでも茹ですぎた!」

やはり、0~2歳児は、食べ方がへたで、ずるずるっと吸い込んで
食べるという方法がわからないみたいで、時間ばかりが過ぎるのに
器の中の素麺は一向に減らない。

3~5歳児は、いくらでも「お替わり!」「お替わり!」と叫んでいるので
小さいクラスの素麺を取り上げて、大きいクラスへ持って行き、「食べて!」

それでもまだまだ、足りないみたい。

「じゃあ、もっともらってくるから」と小さいクラスへ取りに行くと

「あ~、もう取ったらだめ!」
「食べるのに時間がかかるけど、好きみたいよ」

ありゃ、、、

結局、大量に茹でた1.4キロの素麺はきれいさっぱり
おなかの中へ納まりました。

小麦粉の魔力はすごいな~

もう一つのおやつ、いなりずし。

IMG_9424

これも、今までは味付けしてあるいなり揚げを使ってました。

甘~~いの。

それを使うのが嫌で、しばらくいなりずしを作っていなかったのですが
もうしばらく、私は給食を作ることができないので、いろんな味を
子どもたちの記憶に残しておきたかったので、いなりずしを復活。

でも、揚げは自分で味付けしたい。

いなり用のちいさな揚げで、消泡剤を使っていない揚げがほしいと
八百屋さんにお願いして、探して来てもらいました♡

このいなりずしを作った日は、用事があって食べている現場を
見ることなく、帰ったので、子どもたちの反応はどうだったのか
氣になるわ、、、

小さい子どもたちは、みそ汁などに入っている揚げも、
もそもそするから、あんまり好きじゃないのよ。

いなりずしの揚げは、どうだったかな?と心配してたら
ちゃんと食べてくれたそうです。
と言っても、揚げですし飯をくるむのでなく、小さく切って
ちょんちょんと乗せただけで、量はごく少量にしておきました。

市販品のようにお菓子か?と思うような甘さではないのですが
どのクラスもさっさと食べてくれたようで、一安心。

この白いスープは、玉ねぎと大根とえのきだけ。
豆乳と白みそで味付けしてます。
パセリも一束をみじん切りにして、散らしてます。

IMG_9422

うちの保育園の子どもたちは、サラダでもスープでも
パセリを嫌がらずに食べる子がほとんどなので、ありがたい。

給食もあと2週間になってしまいました。

献立表を見ていると、国語の授業で習ったアルフォンソ・ドーデ
「最後の授業」を思い出して、胸がちょっと詰まりそう。

8月から市販の弁当を園児たちは食べるわけですが、
その内容を知れば知るほど、こわい、、、、という氣持ちになります。

まあ、保護者も読んでいるでしょうから、あんまり書かんとこ、、、

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます。
どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村