カテゴリー別アーカイブ: 尾道市庁舎建て替え、公会堂取り壊し問題

しつこいけど、再び尾道公会堂について

しばらく公会堂問題について書いてなかったけど
また大々的に書こうと思ってます!

でも、それって、市役所と対立しようとか
けんかしようということじゃないので。

平谷さんに、「公会堂、壊したらダメよ~」と
言い続けても余計、意固地になるだけだと思うしね。

まあ、平谷さんに限らず、するな!するな!と
言われたらだれでも意固地になるわよね。

IMG_8385

でも、公会堂はやっぱり壊したらだめよ~
まだまだきれいだし、由緒ある建物だし。
壊してしまったら、二度と同じものは建てられないのよ。
それは、わかってると思うんだけど。

しかも、市庁舎を新築するとか言ってるけど、
それって、借金だよ。
人のお金だよ。
今の子どもたちに押し付ける借金だよ。

市役所は「借金じゃない!」と言い張ってるけど
それは本気でそう思ってるのか、知ってるのに
ごまかしてるのか、どっちかわからないけどね。

公会堂がなくなったら、1000人規模での
集会はどこでするつもりなの?
尾道市の人口なら、1000人の集会って
ふつ~にあるでしょ。

市議会でこの問題を討議してた時、ある議員が
公会堂を壊した後、1万人収容できる建物を
建てればいいと言ったそうだけど、

おまえ、あほ?

尾道に1万人規模のものが必要かどうか、
考えること、できない?

しかも、そのお金、どこから出すの?

議員とか公務員とかを長年やってると、人様の税金が
自分のお金のものだと勘違いしてくるのよ。

あなたたちが使うお金は市民が収めたお金です。
自分が働いて作りだしたお金ではありません。

私も勤め出して最初の頃は、給食先生と言われるのが
恥ずかしくて、申し訳ないわ~と思っていたけど
もう5年以上「給食先生」と言われていると
たまに名字だけで呼ばれたり、「給食のおばちゃん」と
言われると、ムカっ!となるくらい、えらそ~な
勘違い人間になってしまってます。

市役所や市議会に長くいると、自分たちが扱っているお金を
いかにも自分が企業で働いて作りだしたように勘違いする人が
出てくるのは不思議ではないんでしょう。

お前と一緒にするなって?

だって、自分が働いて得た訳でもないお金で、自分が働く
場所をまずきれいに広く新しくしようとしてるんだから、
そう思われても仕方ないでしょ?

新しい市庁舎は、市民の憩いの建物になるんだと
言い訳してるけど、それって既存の建物がいくらでも
あるし、貧乏都市尾道が作るべきじゃないよ。

尾道は日本遺産に認定されたから、有頂天に
なってるけど、それと尾道の経済状況は
まったく別物。

尾道、めっちゃ貧乏だから。

備後3大都市である福山、尾道、三原のなかでも
群を抜いて、経済状況がひどいんですよ。
それなのに、さらに借金を重ねると、尾道に
住もうと言う人、いなくなるよ。

将来、税金を払ってくれるようになる子どもたちに
申し訳ないと思わないんかな~

今は高度成長期じゃないんだから、じゃんじゃん壊して
じゃんじゃん新しく作ると言う時代ではなく、既存の
物をどうやって上手に生かして使うかと言うのを
考える時代じゃないのかな。

どなたか、尾道市に再考を促すよう言ってくださるような方、
ご存知ないでしょうか?

尾道の町並みを愛している人たちが、
なんにんも意見してくださると市役所のほうも
立ち止まってくれるんじゃないかと
淡い期待を持って、これを書いています。

いつもクリック、ありがとうございます。
どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

公会堂、市役所問題の疑問解決


親戚のおじさんの家に、署名をお願いに行ったら
あ~だ、こ~だと色々反論を受けました。

おじさんだけでなく、他にも同じように疑問を持っている人は
多いと思うので、箇条書きにしてみました。

①人口が減るから、市役所も大きくする必要がないと言うなら
小中学校の耐震補強などもする必要は、ないんじゃないか。
今でも耐震補強とかちゃんとしているんだから、市役所建設よりも
小中学校を優先というのは、おかしい。

確かに小中学校も耐震補強工事、していますね。

でも、かな~り古いひどい建物、多いですよ。
耐震補強どころじゃなく、それこそ、建て替えするべき?みたいな校舎も。

さらにおかしなことに、大きな地震が来るからと言って、市庁舎は免震構造で
建てるのに、小中学校は、耐震補強しかしないのよ。
いったい、どういうつもり?
小中学校は、壊れても平気なの?

②増築部分はもろく悪くなっているのは使わないと言うなら
その部分をどこへ作るのか?例えば、公会堂別館に移転すると
言う人もいるが、老人にとって、一か所で用事が済まないのは、困る。

取り壊すのは本館の西側部分なので、壊す部分と同じ面積で
東側に作ると言うのも一つの案です。

また、資料などをすべて一括して保存するために、今より
大きい庁舎が必要と市役所は主張しているが、そんなことを
したら、その庁舎が使えない状況になったとき、大変なことに
なる、資料は分散しておく方がリスクが低いですよね。

③市役所の机の上がどこも山積みだ。一人当たりの机の面積が
狭いせいだ。だから、大きい市役所が必要だ。

机の上が乱雑なのは、OA化が遅れているせいです。
技術革新は目覚ましいものがあります。
あと10年もしたら、市役所まで出向かなくても、家にいながら
手続きができるようになるかもしれません。
そういうことを考慮していくと、広い庁舎はますます必要ないのです。

ダウンロード

隣の福山、三原と比べてみても、出生率、結婚率は極めて低い。
そのくせ、人件費はめっちゃ高い。
はあ~?なに、それ?尾道大丈夫か?

尾道の人口は毎年減ってきています。そして、地方交付金はすでに
減額されることが決まっているのです。
それなのに、ここで借金である合併特例債を使って市庁舎を建てると言ったのは、
市長選に勝つためのばらまき作戦だったと思わざるをえないですね。

人口が減るとわかっているのに、いまより大きな市庁舎建設を
すると言うのは、一般企業ではありえない話ですね。

ダウンロード (24)

自分のお金だったら、しないでしょ。

④免震構造は単なるゴムなんだから、海水が入って来て
使えなくなるという不安は必要ない。大丈夫だ。

免震構造がある空間に海水が流入してしまうと、海水の浮力により
建物が免震ゴムを巨大な力で引き伸ばし、免震システムを破壊してしまいます。
また、周りの民家などが倒壊してそのがれきが免震システムの空間である
敷地と市庁舎の空間に流入してしまうと、免震システムは正常に働かず
市庁舎は倒壊する恐れがかなり大きいのです。

⑤サンニチ新聞で杭問題が載っていました。

1960年に建てた時の写真を見ると、コンクリートの杭を打ち込んでいます。
しかも12メートルのものを400本以上も。
市役所側は、木製の杭の可能性があると言っていますが、写真をよく見たんでしょうかね?

液状化する恐れもあると言う情報を市役所側は、何か月も隠してましたね。
市長選の前に知っていたのにね。
署名活動が盛んになって来て、発表したのは、どういう意図があるのかな~

最初に問題点も挙げて書いてますので、そちらもご覧ください。

いつも、クリック、ありがとうございます♡

どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村

 

 

政治家を目指す人の気持ちがわかったわ


10月20日から始まっている住民投票条例のための署名活動。

私も早速、用紙を持って、ご近所へ回ってみました。

「あ~、、、うちは、しないから、、、」と言う家。
え、、、どうしてしたくないのか、その理由を知りたいな~と
思いつつ、退散。

「どうしても、この署名、しないとダメなの?」と言う家。
いや、そんなどうしてもっていうことないけど。
してもらうと、うれしいよね。
そんでもって、投票も行ってもらいたいし。

こういう家では、はなから拒否!なので、空気を読めないことで
有名な私もそそくさと引っ込みます。

「これね、、私、わからんのよ」と言う家。

「わからないですか、 では私がこれから説明してもいいでしょうか?」
「うん、して」
「では、5分くらいお時間をいただきます」

IMG_7429

①市役所は今の市庁舎は古いからぼろい、ダメと言っているが
本館の方は、60年代に建てたもので、職人さんが手練りの
コンクリートを使った丈夫な建物である。
建築史上も貴重な建物で、補強すれば、十分使える。

②70年代に建て増しした部分は、粗悪なコンクリートを
使っているので確かに弱っている。
ここは、使えないので、壊すほうがいい。

③ぶっ壊すと言っている公会堂は、当時、市民の熱い
希望で寄付を集めて作った建物である。
しかも、有名な建築家に設計を依頼している。
その人が設計して建てた他の建物は、まだすべて現役である。
尾道の海岸の砂地に建てると言うことで、重さを軽く設計している
特殊な設計であり、同じデザインの建物として、ユネスコの
第一事務局があるくらい、素晴らしいデザイン性を持っている。

④新築検討委員会で検討したと言っているが、たった5回しか審査していない。
しかも、座長は尾道大学の副学長であり、尾道市に逆らえない立場である。
台本をあらかじめ渡され、新築ありきの方向に持って行っている。

⑤検討委員会の委員13人のうち、3人しか建築の専門家がいない。
そのうち、一人だけが、「資料が少ない」「資料をもっと出してほしい」
何度も請求しても、座長も市役所も無視して、全く資料を出さなかった。
このようなずさんな状況で、検討したと言うのは、おかしすぎる。

⑥尾道は地震が少ない地域なのに、わざわざ免震構造を採用している。
耐震構造で十分なはずである。免震構造を採用しても、海が近いので
海水が流入する恐れもあり、そうなるとメンテナンス費用が莫大かかるどころか
肝心の地震の時に役に立たない可能性がある。

images

⑦市が使う予定の合併特例債は、タダでもらえるお金ではなく、借金である。
今後、人口が減り続ける尾道がこれ以上、借金を背負ってどうするつもりなのか?
市のサービスは低下するのは、明らかである。
中学校の体育館のトイレの天井が落ちてくるなど酷い環境を子どもたちに
強いておきながら、自分たちの職場だけを新築するのは、いかがなものか。

images

⑧合併特例債を使って、借金地獄に落ちている地方自治体もある。
また、耐震補強工事をする方がお金がかかると市は、主張しているが
他の自治体では、ほとんどが補強工事をして、安上がりに済ませている。
免震構造を採用して、中央のゼネコンに工事を発注し、尾道の
企業が潤うわけでなく、ほとんどのお金はゼネコンへ流れてしまう。

⑨保育園で働いているので、この子どもたちに借金を残すわけには
いかないと思って、この運動に参加している。

以上のことを滔々と説明したら、

「わかった!署名するわ!」と言ってくださいました。

おおっ!すごい、私の説明で、人の気持ちを動かせた!と
つい、気分が良くなってしまいました。

こういう状態って、エネルギーが漏れているから危険、危険。

で、こうして、「わからんわ」と言う人には、説明をして、署名してもらって
と言うのを続けていたら、政治家になりたいと言う人の気持ちが
わかりましたよ。

自分の演説を聞いて、自分に賛同してくれ、投票してくれる。
それって、めっちゃ、気持ちがいいことなんだな~って。

今まで、「政治家って選挙の時だけペコペコして、普段は
えらそ~にして、最低よね」と馬鹿にしてたんだけど、
彼らは演説が好きだから、やってるんだなとわかりました。

まあ、私は大勢に話しかけるのは苦手で、1対1の説明なら
できるので、政治家には向いてないな。
いつも、クリック、ありがとうございます♡

どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです♡

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村