カテゴリー別アーカイブ: 読んだ本の感想

森絵都のみかづきを読んで

森絵都さんの本、みかづき。

これ、感動しますよ!
読んで、読んで!

特に教師とか、教育学部の学生さんとか
文部省のお役人とか、教育委員会の人とか。

超超簡単に言うと、塾の本だから、塾関係者も
読んでみたらいいかも。

昭和の戦争が終わってしばらく経った頃から
物語はスタートしています。

戦争を境にして、学校の教師が、教える内容を
180度転換したことに納得いかなかった主人公の千明。

そのため、学校なんか当てにできん!
自分で、子どもたちにまともな教育をしたい。
その場限りでころころ言うことが変わるような
公立の学校じゃなく、塾という場で一生涯の学ぶ力を
つけてやりたい。

初めのうちはそう思っていたのに、他にも塾が
でき始めて経営のことも考えていかないと
いけなくなり、とにかく塾を大きくすること
潰さないことの方に力を注ぐようになってしまったけど
それでもやはり、子どもたちを学校には
任せられないから塾でがんばるという使命感に燃える千明。

話は結構長いスパンで書かれて、現代にまで続いていく
かなりの長編小説です。

千明の熱い、熱すぎる教育に対する情熱が
ほんとにすごい。
回りの男たちは、軒並み圧倒されて歯ぎしりしてる。

60歳過ぎても、今の教育を何とかしなきゃ、
私が何とかしなきゃいけんわ!と塾どころか
私立学校も作ろうとするパワー。

単なるがんばりおばさんの話じゃなくて
夫婦の微妙な愛情も、子どもや孫との関係や
塾の講師たちとの葛藤とか、とにかく盛り沢山な
小説です。

最後の方は、千明の孫が塾とは違う形ですが
やはり教育に携わることになり、千明が遺した
タネが芽吹いて行くんだなぁと感動しました。

塾の経営に関して、千明は年下の夫に
相談もせず、毎回突っ走りすぎて、ついに
別れて暮らすことになってしまうのですが
それでも、お互い、深い目に見えないところで
愛し合っていたんだなぁというのが、最後に
描写されていて、「あ~ん、とっても素敵な
夫婦の形♡」「うらやましい~」と半分嫉妬、
半分感動みたいな離婚経験者の私は涙、涙。

私は教育に携わっているわけではないけど、
給食を通して、子どもたちと保護者さんたちの
食を少しでもいい方向に導いていけるように
自分自身がもっと勉強しないといけないなと
甘えている自分を鼓舞しています。

私には、千明ほどの情熱がまだまだない!

もっとやるべき給食の仕事があるのに、
やってない!と怠けていることに
氣づかされました。

今の学校の先生たちは、子どもに向き合うよりも
教育委員会に提出する書類と向き合う時間の
方が多いような氣がするのよねぇ

この本、教師が読んで感動して、同じように
子どもたちに情熱を注ぎたくても、身が持たない
んじゃなかろうかと思うわ。

いま、子育ての真っ最中の人にもぜっ~たい
読んだらいい本だと思うので、ちょっと長いけど
時間を作って、ぜひ!

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




ちょっと古い本だけど消失グラデーション

ずっと以前、もう5年くらい前?まだ新聞を読んでいたころ。

そう、今は新聞も取ってないし、テレビもない家です♪

日曜日の新聞に読書欄があって、青少年向けに
こんな本がお勧めというコラムがありました。

その中で面白そうな本が紹介されていたら、
切り抜いて、図書館で借りていたの。

その切り抜きがいくつか出てきたので、
図書館へ行ったついでに借りてきました。

2011年31回横溝正史ミステリ大賞の
消失グラデーション。

長沢 樹 作。

消失グラデーション (角川文庫)

いわゆる学園ものがたり。
そして、ボーイズラブ♡きゃあ~!
そして、バスケ部の話。

と思うようなふつ~の学園小説だったのに

最後に

えええっ!!!

そうなん?!

と、超驚く結末で、これはすっごくお勧めな
ミステリー小説です。

感が鋭い人なら、私のこれだけの紹介だけでも
途中から、わかってしまうかなぁ

まあ、私は相変わらず感が鈍いので
最後までぜ~んぜん、わかりませんでしたけど。

でも、ミステリ大賞の選者の作家さんたちが
本の紹介でも驚いた結末、3本の指に入ると
絶賛されていたので、作家さんたちも
衝撃の結末だったんでしょう。

感が鈍いのは、私だけじゃない♪

この本は、ぜったい、ネタバレとかを見ずに
読んでほしいです。

一気に読みたいから、時間がたっぷりあるときに。

こんな楽しい本に巡り合わせてくれて
新聞にもちょっと感謝しなきゃね♡

でも、もう取らないけど。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




給食のおにいさんと私のスポットライト

29日から正月の4日までの~んびり
できるのは、たぶん今年が最後だろうから
毎日、あさ8時前までごろごろ寝ていました♡

年末に図書館で借りた本を読んだりして
思いっきり、ごろごろを堪能したお正月でした。

img_0431

給食のおにいさん。
遠藤彩見さんの小説。

私のスポットライト。
林真理子さん。

給食のおにいさんは、小学校給食が舞台。

私のスポットライトは、中学生のいとこ
2人が主人公の話です。

この2つ、全然関係ない話のように見えて
繋がってるなぁと思ったのは、いまどきの
子どものたちの心の狭さかな。

まっ、子どもは大人の鏡だから、子どもの
心が狭いってことは、今の大人の心が狭いってことよね。

保育園の園児たちは、嫌いなものや
苦手なものがあっても、保母さんに
「食べなさいっ」と言われると、泣き泣きでも
最後まで食べますが、小学校になったら
そんなに世の中、甘くないからねぇ

無理に食べさせようとしたら、虐待だと
訴えられたり、食べてる途中にうろうろしたり
食べ物を投げてみたり、反対に自分の
好きなものを奪ってみたり。

そんなことが書かれているこの本を
読んでいると、私、保育園の給食でよかった~
助かった~ありがたい~とつくづく感謝します。

親の顔が見てみたいわ!と憤っていたら
やっぱり、この親にしてこの子ありという
親なのよねぇ

img_0347

でも、そこで諦めていたら、小学校の
給食のおにいさんは務まらないのよ。

私のスポットライトの方は、いとこ同士の
中学1年生の女の子。

一人はふつうの目立たない女の子で、もう一人は
超かわゆくて、モデルにスカウトされ、あれよあれよと
言う間にタレントになっていく女の子。

今は、目立つとみんなからいじめられ、
目立たないようにしてても、いじめられと
ほんと、息苦しい学校になってるよね。

目立たないように、息をひそめて
中学生活を送っていた主人公彩希ちゃんが
学園祭で劇の主人公に選ばれてしまい、
すったもんだのあげく、感動的に
うまく成し遂げてしまう。

その時の感動が忘れられず、タレントに
なりたいのでなく、演劇を純粋に
勉強したいという思いから、子どもの
劇団に入る。

そこで、自分の居場所を見つける。

学校でどんなにいじめられても
学校以外に自分をのびのびさせる
場所がある子は、少々、困難があっても
それを乗り越えていけるんですよという
メッセージを送っている小説でした。

あまりに短くまとめたし、感動も何も
わからんようなまとめ方ですが。

これだけしか書いてないと、「じゃあ、私も
読んでみようかな」という氣もちにはなれんよね、、、

でも!

どっちも涙なしでは読めないので、ぜひ、
読んでみて!

私が涙もろすぎるのかもだけど。

img_0358

小学校でも、「ほんとにもおっ、こいつはっ!」と
ブチ切れそうな子どもでも、ちょっと方向を
修正してやったら、あらまぁ!この子にはこんなに
すばらしい面が隠れていたのねと、びっくりするくらい
子どもが変わって行くんですね。

その隠された磨かれていない原石を早く
見つけ出してあげてくださいと、学校の
先生にはお願いしたいです。

給食のおにいさんは、それをおいしい給食で
やってみせるのですが、私にはまだまだその域に
達していない自信があるので、、、、

料理の腕も磨かないといけないけど、人間性も
磨かなくては、、、

実はねぇ、林真理子さんのファンなのよ。

顔とか体型はまあ、ファンじゃないけど。

エッセイとか読んでいて、私よりちょっと
お姉さん世代なんですが、自分でじゃんじゃん
稼いで、じゃんじゃん好きなものを買いまくってという
思いっきりの良さが、かっこいい!と惚れ込んで
にわかファンになってます♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村