カテゴリー別アーカイブ: 食べあるき

イノダコーヒのトーストが、、、

大雪で日本中がてんやわんやだった15日。
前日は、ドミトリーに泊まってました。

一部屋に2段ベッドが4つか5つくらいある部屋。

つまり、10人部屋ね。

子どもの頃は、2段ベッドがすごく憧れだったけど
大人になって、寝てみたら、いちいち梯子を
のぼり降りするのがめんどうだと氣づいたわ!

朝起きたら、一面の雪。
10センチくらい、積もってる!

でも、青空も見えていたので、そんなに降らないかなと
希望的天気予想。

ドミトリーには、女子部屋と男女共用部屋があるの。

男女共用部屋?!

そこに泊まる勇気のある女子、いるの?!

ベッドにはカーテンがついてるけどさぁ

私はやっぱり、無理かなぁ

56歳のオバハンを見たい男子は、いないって。

セミナー友達の29歳の男子も一緒に泊まっていたので
彼の車で、イノダコーヒまで、連れて行ってもらいました。

駐車場へ車を取りに行ったけど、戻ってこないなぁと
不思議に思いながら待っていたら、雪が積もりすぎて
駐車場から出ること自体、苦労したそうです。

ノーマルタイヤで来たと言ってし。
まさか、ここまでの大雪になるとは思わなかったって。
そりゃそうよね、九州は雪、降らんものね。

イノダコーヒの隣に駐車場があったので、そこへ
車を入れて、3歩ほど歩いたら、その向かいに、
イノダコーヒ自体の駐車場があるのを発見!

そこは、もちろん、無料!
こっちに入りなおそう!
雪に氣をとられていて、氣づかなかったわ。

でも、無事に車を動かすこともでき、ラッキー♡

これで、駐車料金を氣にせず、ゆっくり
コーヒーを味わえるね。

店内に入ると、ほかのコーヒーのお店とは
ちょっと違うコーヒーの香りがしてます。

ここはミルクと砂糖を入れるのが標準だから
その2つのにおいも一緒になっているせいかな?

喫茶店のモーニングって、コーヒーと
トーストとサラダで、値段は安いという
思い込みを持っていたら、、、

あらま。

イノダコーヒは、そんな格安メニューはなくて。

色々盛り沢山のメニューで、1000円前後と、
けっこういいお値段。

私はこの後、大阪で友達に会うから
絶対何か食べるし、ボリュームたっぷりの
モーニングは、遠慮しとこうかな。

コーヒーと、トーストを注文。

トーストは2枚で、340円くらいだったはず。

バターを塗って、1枚は男子にあげて。

まずはコーヒーを。

濃い目のコーヒーとよく合うように
配合されてるミルクと砂糖が入っていて
でも、しつこい味はせず、香りがいいの。

おいしいコーヒーだなぁと感激しながら
トーストを食べると。

ん?

はっ?

なに、このいまいちなパンは?!

さっきまでの感激がしゅわわ~んと
しぼんでいく~

なんか、その辺のスーパーで
売ってるような食パンだった。

340円の食パンにそんな要求をするなって
言われそうだけど。

でも、いくらなんでも、この味はないじゃろ。

ねえ、どう思う?と、男子に聞いてみたら
「そうですね、ふつうでしたね」

いや、これは普通以下じゃろ。

コーヒーがさすがにおいしいだけに、
この低レベルのトーストが余計に際立ってしまってたわ。

店を出るとき、周りのお客さんを観察してみたら
みんな、ボリュームたっぷりのメニューを
食べていました。

けちくさいのは、私たちだけだったよ♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




おむすび茶漬けでなく鯖寿司

かけはしでの7000円コースの続きです。

IMG_9738

あこうのチリ蒸し。

一番下には、昆布が敷いてあり、あこうの切り身、しいたけ、
豆腐、焼き白ネギ、白髪ねぎが載っていました。

これらの具は、ポン酢につけて食べました。

蒸し物なので、具材の味そのものが味わえて、あっさりしてます。
よい材料を使ってないと怖くて、作れない料理ですね。

具を食べ終わったら、お汁が残ってる、、、

このお汁って、魚や他の具からのだしが出ている
貴重なお汁ですよね。

このまま、捨ててしまっては、超もったいない。

で、私は、「スプーンください~」
しっかりお汁も飲んで、当然、昆布も食べましたよ。
そんなけちくさいことをしているのは、予想通り、私一人でしたけどね。

いや、これは、けちくさいことなんかじゃないのよ。

作ってくれた人に敬意を表しているんだと
自分で都合よく、言い訳してます~

そろそろ、料理も終わり。

最後は、とらぎすのから揚げ。

IMG_9741

魚を3枚におろして、骨のから揚げや、身をうすく
伸ばして魚せんべいにして揚げたり、身でアスパラガスなどを
巻いて揚げてたり、タネを取った小梅の天ぷらなど
いろんな味の揚げ物のお皿でした。

骨がカリッとしてて、頭も完全に食べれます。

最後の〆のご飯は、しめさば寿司。

ひとり、2切れ。

ややきつめの酢の味のすし飯と、肉厚なしめさばと、
紅生姜が、さっきの天ぷらの油をさっぱりさせてくれそう。

そして、茄子と冬瓜のお味噌汁。

IMG_9744

あ~、おいしかったと食べ終わったのですが、
一人の方が、「おなかいっぱいで、このサバすし、
食べれないんだけど、食べて」と隣の人に言ってました。

IMG_9743

言われた人も、「え~、私もおなかいっぱい」

そう、、、と言いつつも、「でも、私も無理」と困っているようなので
「じゃあ、私が食べてもいいですか~?」とまたまた、
ずうずうしく、いただいてしまいました♡

だって、こんなに丁寧に作られている料理なのに、食べずに
そのまま厨房へ下げてしまったら、申し訳ないですよね。

5000円のコースの〆は、おむすびのお茶漬けだったのですが
7000円になると、サバすしにグレードアップするのね。

でも、お茶漬けもすっごくおいしかったですよ。

デザートはいつものオレンジ色のプリン。

IMG_9746

卵の黄身だけを使っているんだろうね、だから
こんな色なんだろうねと、プリンの秘密を勝手に
暴きながらみんなでおいしくいただきました。

アルコールも、日本酒から始まって、梅酒のソーダ割り、
赤ワインと3種類もいただいて、すこ~し、酔ったかも?

でも、向かいの席の人が「お酒に強いんですね。
3種類も飲んだのに、顔の色が全然変わらないですね」

いや、お酒に強いんじゃなくて、単に地黒なんです、、、

お酒のあとは、アイスクリームとかコーヒーが欲しくなりますが
残念なことに、それらはございませ~ん。
と言うことで、おいしいお茶をだしてもらって、ごちそうさま。

IMG_9747

こんなにおいしいものをたらふく飲み食いさせてもらって
ありがたいですね。
明日からまた仕事が始まります。
1週間以上、休みがあったので、完全に仕事モードは
体の中から、抜けきってます、、、

明日、ちゃんと5時過ぎに起きれるでしょうか、、、

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます。
どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

季節早どりの、マツタケの土瓶蒸し

私が最初にかけはしで食事をいただいたときは
5000円コースでした。

その時、けっこう、ごっつい感じの魚の骨の
丸ごとから揚げが出されて、「この骨を完全に
食べることができるくらい揚げてあるのが、すごい!」と
超、超感激したので、あれを超える感動が
今回、なかったんですよね、、、

最初の先付けが、これ。

IMG_9726

手前が、そうめん瓜の酢の物、さざえ。
奥が、ねぶと(小さい魚)のから揚げのマリネ。

もうひとつ、とろろいものすり流し。

IMG_9727

お次は、吸い物。

IMG_9733

にゃ、にゃんと~

マツタケの土瓶蒸しでしたよ!

IMG_9735

マツタケの土瓶蒸しって、食べるのも見るのも、初めて!

でも、でも、残念なことに、このマツタケは、時期が早すぎて
日本産じゃないみたいで、香りがぜ~んぜんなかった、、、

あ~、その点が、ほんと、惜しい!
季節、超早どりでしたけど。

マツタケ以外には、鱧が入ってました。
マツタケの香りはしなかったけど、上品で、すっごくおいしい。
薄味だけど、味がぼけてない。

IMG_9734

次がお刺身。

IMG_9731

普通にお皿に盛り付けてある刺身と、この小鉢に
入っているのが、あなごの糸づくり。

あなごって、焼いてかば焼きみたいにして食べるのが
普通なんだけど、生ですか!
すごく珍しいです、かなり新鮮なあなごじゃないと無理ですね。

酢醤油で和えてあるので、そのまま混ぜて食べます。

刺身は、ひらめ、タイ、よこあマグロ、あかにし、太刀魚でした。

その後に、スズキのじんだ焼き、ずんだ焼きとも言います。
枝豆が乗っけてある焼き魚。

この焼き魚のお味も当然、おいしかったんです。
私が焼くみたいに、パサパサしてないし!
そして、添えてある細長い白いものを見て!
何だと思う?
朝顔よ!朝顔のつぼみよ!

IMG_9736

長いもで作ってあります。
赤い筋は梅干し。
その筋は、ちゃんと削ってあり、梅干しがだれないように
工夫がしてあるし、朝顔のがくは、しし唐で作ってあるのよ!
もう、めっちゃ、細工が細かい!

もう一つのガラスの小鉢は、ぶどうの宮重和え。

IMG_9737

これ、何度聞いても、もやしで和えとしか、聞こえなくて、はっ???

書いてもらってやっと理解できました。
宮重と言う地名は、大根の産地だとか?
大根おろしで和えてるデラウエアなので、宮重和え。
添えてあるみょうがも、さっぱりして、すてき。
名前も考えてありますね。

ここまで食べて来て、たった一人の男性参加者が、
仲居さんに聞いてました。
「えっとぉ、、お肉はないんですかね?」

はい、魚だけでございます。

「あっ、そう、そうだね、地の魚を使ってるんだね、、、」

やっぱり、男性は、魚より肉がいいんですかね?

素人が作る魚料理は、普通に焼くか、煮るか、
まあ、揚げてマリネにするかぐらいなので、
ここまでプロに魚料理のバリエーションを披露してもらうと
すごい!としか、言葉が見つからず、自分の語彙力の
不足をいまさらながら、反省しております。

ちょっと長くなったので、皆さんもお疲れでございましょう。

続きはまた、明日ね♡

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます。
どちらかひとつでも、クリックしてもらえると、うれしいです∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村