腸活巻きずし

節分の巻きずしの話なので、
鮮度落ちまくりですね。

節分は大晦日だから、蕎麦を
食べると言われているでしょう?
(愛知の友達に話したら、知らん!と
断言されましたけど、、、)

それで帰国している次女に、そば粉と
小麦粉8:2で、パスタメーカーを使って
蕎麦を作ってもらいました。

今まで、ふつ~のパスタとか、うどんは
何度も上手に作ってくれてたので、蕎麦も
似たようなもんだろと、任せてみたら
意外と難しかったようで、すぐに短くちぎれてしまう
蕎麦になってました。

味は、、、

初めての蕎麦にしては、おいしかったよ♪

節分は蕎麦がメインじゃなく、巻きずしも。

と言っても、あれって、コンビニが流行らそうと
がんばった結果の巻きずしだからね。

毎年、言ってるけど、私が大学生のころに
初めて「節分には巻きずし」のポスターを見て
それから、徐々に浸透して行った食行事なので
特に丸かぶりはしなくてもいいと思うよ~

市販の巻きずしは甘すぎて、嫌なので
当然、自分で作りますよん♪

尾道の巻きずしは地の小エビをそぼろに
したものを具のひとつに使います。

これがめんどうでねぇ

料理の仕事してながら、面倒だなんて
言うんじゃねえ!と怒られそうだけど。

亡くなった母は、毎回、えびそぼろを
作ってくれてました。

ほんのり甘くて、コクもあって、えびそぼろが
ないと、尾道の巻きずしじゃない!

作り方は、うろ覚えなんですが

えびを茹でる
刻む
すり鉢ですりつぶす
鍋で砂糖、味醂、酒、塩で味付けし
炒りつける

文字で書くと、たいした作業じゃないんだけど
実際にやるときには、小エビの殻剥きも必要なので
もっと、時間がかかるの。

炒っていると、かわいらしいピンク色になる♡

死ぬ前に何を食べたい?と聞かれたら
私は「母の巻きずし」と答えるかな。

3人の子どもたちは、絶対に私の料理を
最後の晩餐に推薦してくれないことは
確実なのですが、末尾にでも潜り込めるように
料理の腕を上げたいわ~



オーストラリアワーホリ中に、寿司レストランで
バイトしていて巻きずしには自信があるという次女。

じゃあ、私と対決しようや!

次女はビニル袋を手にはめたり、マヨネーズを
袋に塗ったりと、海外風寿司職人もどき?

なに、それ?
日本じゃマヨネーズなんか、使わんけ!

しかし!

何事にも大雑把すぎる私のばらばらなすし飯と
海外寿司職人のすし飯の均質で平坦な並び具合。

 

げげっ!

い、いや、、、

具を載せて巻いてしまえば、わからんし!

と、挽回を期待してみたけど、切っているうちに
ばらっ、ばらっ、、と土砂崩れ多発。

 

まっ、私の巻きずしにはにんじんの煮物じゃなく
にんじんのぬか漬けを使っているからね!

乳酸菌が豊富で、腸活にもいいのよ!

次女は、ぬか漬けヤダ、煮物がいいと言うので
2種類のにんじんを用意してます。

この日は、お友達と一緒に巻きずしを
食べたのですが、みんな喜んでくれましたの。

と言っても、めっちゃお腹が空いてる状況で
巻きずしを食べたのでね。

空腹は最高のソースって言うからさぁ

でも、みんなの心の中には、節分の日の
あの巻きずし、おいしかったよねという
思い出が残っているはず♡

と、勝手に自己満足に浸っております♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




森絵都のみかづきを読んで

森絵都さんの本、みかづき。

これ、感動しますよ!
読んで、読んで!

特に教師とか、教育学部の学生さんとか
文部省のお役人とか、教育委員会の人とか。

超超簡単に言うと、塾の本だから、塾関係者も
読んでみたらいいかも。

昭和の戦争が終わってしばらく経った頃から
物語はスタートしています。

戦争を境にして、学校の教師が、教える内容を
180度転換したことに納得いかなかった主人公の千明。

そのため、学校なんか当てにできん!
自分で、子どもたちにまともな教育をしたい。
その場限りでころころ言うことが変わるような
公立の学校じゃなく、塾という場で一生涯の学ぶ力を
つけてやりたい。

初めのうちはそう思っていたのに、他にも塾が
でき始めて経営のことも考えていかないと
いけなくなり、とにかく塾を大きくすること
潰さないことの方に力を注ぐようになってしまったけど
それでもやはり、子どもたちを学校には
任せられないから塾でがんばるという使命感に燃える千明。

話は結構長いスパンで書かれて、現代にまで続いていく
かなりの長編小説です。

千明の熱い、熱すぎる教育に対する情熱が
ほんとにすごい。
回りの男たちは、軒並み圧倒されて歯ぎしりしてる。

60歳過ぎても、今の教育を何とかしなきゃ、
私が何とかしなきゃいけんわ!と塾どころか
私立学校も作ろうとするパワー。

単なるがんばりおばさんの話じゃなくて
夫婦の微妙な愛情も、子どもや孫との関係や
塾の講師たちとの葛藤とか、とにかく盛り沢山な
小説です。

最後の方は、千明の孫が塾とは違う形ですが
やはり教育に携わることになり、千明が遺した
タネが芽吹いて行くんだなぁと感動しました。

塾の経営に関して、千明は年下の夫に
相談もせず、毎回突っ走りすぎて、ついに
別れて暮らすことになってしまうのですが
それでも、お互い、深い目に見えないところで
愛し合っていたんだなぁというのが、最後に
描写されていて、「あ~ん、とっても素敵な
夫婦の形♡」「うらやましい~」と半分嫉妬、
半分感動みたいな離婚経験者の私は涙、涙。

私は教育に携わっているわけではないけど、
給食を通して、子どもたちと保護者さんたちの
食を少しでもいい方向に導いていけるように
自分自身がもっと勉強しないといけないなと
甘えている自分を鼓舞しています。

私には、千明ほどの情熱がまだまだない!

もっとやるべき給食の仕事があるのに、
やってない!と怠けていることに
氣づかされました。

今の学校の先生たちは、子どもに向き合うよりも
教育委員会に提出する書類と向き合う時間の
方が多いような氣がするのよねぇ

この本、教師が読んで感動して、同じように
子どもたちに情熱を注ぎたくても、身が持たない
んじゃなかろうかと思うわ。

いま、子育ての真っ最中の人にもぜっ~たい
読んだらいい本だと思うので、ちょっと長いけど
時間を作って、ぜひ!

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




健康にいいと言われるアマニ、意外と食べにくい味

オメガ3で有名なアマニ。

アマニオイルは炒め物とか揚げ物に使うわけではなくて
生で食べるのがいいと言われている油ですよね。

まあ、生で油を摂取することも大切なんだけど
揚げ物に使う油は何がいいのか、現在思案中です。

今回は、アマニの話なので、揚げ物油の悩みは置いとこう。

高級で品質がいい(らしい)アマニオイルって、かなり
くせがあって、食べにくいんですよというのを聞いたことが
あったんだけど。

いま、うちにはエゴマオイルがあるし、そんなにくせがあるんなら
わざわざ買う必要もないしと、買ったこともなければ、食べたこともなし。

ローストアマニがお安くなってるのを見つけたので、
じゃあ、どんな味なのか、試してみようかなと、買ってみました。

ごまの5倍くらいの大きさで、ピッカピカに光ってる。

なんか、プラスチックぽいひかり具合よ。

光沢剤を使ってるんじゃないかと不安になりそう。

手のひらに出して、パクッと口にほりこんで、もぐもぐ。

確かに、かなりくせが強く、、、まずいと言うほどでもないけど。

ニオイがきついから、食べにくいのかなぁ?

次女が帰国してるので、次女の好きないなりずしを
作る予定があったから、ごまの代わりにこのアマニを使うことに。

次女は、自分の予想していた味と違うと、すぐに「いらん!」と
怒りだすので、アマニいなりを氣にいるかしらねぇと一抹の
不安を抱きつつも、酢飯の中に、どさどさっ。

おあげは味醂と醤油でやや濃い目に煮て。ここで薄味に
してしまうと、かな~りぼけたいなりずしになるので要注意。

酢はかぼすを使いました。

スーパーの産直コーナーにきれいな黄色のカボスが
いつも置いてあり、ほんのり甘みのある果汁なので
見つけた時はいっぱい買いこんでるの。

朝も白湯に加えて飲んだりしてますよん♡

前の晩、しっかりめに味付けしたはずだけど、
今朝ちょこっと味見をしたら、なんとなくやっぱり
味が薄いような?

これはいかん!

また、次女がブーイングまき散らす!

鍋に入れてさらに醤油を足して、10分くらい煮直した
おかげか、うん、今度はばっちりなおあげになって
アマニ入りの酢飯もまったくくせがない普通の酢飯として
食べることができました♪

アマニはそのまま食べると、食べにくいのですが、
ご飯に混ぜると、違和感なかったです。

紅生姜は梅干しを作った時に一緒に梅酢に漬けこんだもの。

市販されてる味付きのいなりあげは、甘すぎるからいやなのよ。

いなりずしは寿司であって、お菓子じゃないんだからぁ

でも、肝心の次女は、「まだしょうゆ味が薄すぎる」と
言いながら、しょうゆを垂らして、食べてました。

もおっ、うちの醤油は高いんだから、、、
もったいない~

次は、節分の巻きずしだな。

オーストラリアの日本食レストランで働いてて
巻きずしは得意と豪語している次女と、巻きずし対決です♪

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村