マクロビ給食先生の四季の献立にようこそ

マクロビ給食先生の四季の献立のブログに
来ていただき、ありがとうございます。
KC3V0105

マクロビオティックに初めて触れたのは、
もう20年くらい前になります。

次女を出産して2年くらい経った頃、
手の指の関節に物がちょっと当たっても
「ぎゃあ~!」と叫ぶくらい痛いし、古新聞を
紐で縛るのにも力が入らず、ゆるゆる、、、

ん~?何か、指の形も変?と思い、整形外科へ
行ってみました。 そうしたら、「軟骨がなくなっているから、
こんなに変形してるし、物が当たっても痛いんだ。」
「でも、軟骨はいくらカルシウムを摂っても、一度無くなってしまったら
もう2度と再生されない」と言われ、大ショック~

え~?なんでこんなことに?

でも、お医者さんも、「さあ~なんででしょうね。」みたいな答えで
全然、頼りになりませんでした。 はぁ、、、

この変形した形が気になるなら、手術しかないとも言われましたが
入院とか手術とかは、お産の時だけと思っていたので
なんとか、この指を治す方法はないかと悩んでいました。

ちょうどその頃、マクロビオティックが徐々に流行の兆しを
見せ始めていたときだったようで、オレンジページがムック本を
次々と出版していました。

その本の中に、広島市のマクロビオティックの教室が載っていて
「あっ、これって、以前にちょこっと習っていた物?」と気付き
教室の見学に行ってみました。そこで、健康相談と言うのもあり
大阪の中 広行先生が指導されていたのを受けたんです。

指の変形の原因は、私が食べてきた食べ物にあり、
ちゃんとマクロビオティックの食事を実践すれば、
軟骨は再生されます!と言われ、すっごい衝撃を受けました。

この病気の原因も分かり、治し方も分かったので、「これは
やらなきゃ!」と意気込んで、食事指導も受けました。

が、、、

意志薄弱な私は、2カ月ほどであえなく脱落、、、

でも、体調も良くなったし、マクロビの理論にも 納得できたし、
なによりマクロビの料理がおいしかったので、
ずっと教室での勉強は続けていました。

ただ、私は玄米を受け入れることに全然抵抗はなかったけど
夫は「このまずい米はなんだ!まともな料理を作れ!」と怒っていました。

今から思うと、その時、一旦引っ込めればよかったのですが
「こんな健康にいい料理なんだから、食べない方がおかしい」
と主張し、夫には出さなくても、子どもたちには出していました。

子どもたちは、まあ仕方なく食べてるって感じだったかな。

「同じ釜の飯を食う」と言う言葉があるように
同じ物を食べていると、考え方も似てきます。

夫婦や家族がばらばらな物を食べていると、
繋がりもばらばらになってきます。

夫は、私に対する当てつけもあったのか
市販のお総菜や冷凍食品を買ってきたり
ちょっとでも、自分の嫌いな味だったりすると
一口食べただけでゴミ箱に捨て、インスタントラーメンを
作って、子どもたちにも「ほら、こんなまずい料理なんか
食べずに、このラーメンを一緒に食べよう」と誘ってました。

夫は肝機能の数値が悪く、服薬していたし、
頭部に脂肪の塊ができたり、膝の半月板の手術をしたりと
体調はいい方ではなかったのに、なんでジャンクな食べ物が
いいのか、ほんと、不思議でした。

食べる物が違うので、2人の意志の疎通が難しくなり
以前から、時々暴力は振るわれていたのですが
それがどんどんひどくなってきました。

明日のジョーを見てると、ボクサーが、顔を殴られて、
目の周りに青あざができてる漫画がでてきますが
そう言う状態が、日常茶飯事でしたよ。

その上、夫が高校生の頃、好きだった女性と又付き合い始め
その彼女が、夫の実家へ泊りに来たり、一緒にホテルへ
行ったりとかしていましたね。

離婚したいけど、経済的にやっていけるかなとか、
世間体がどうかなとか、色々考えてしまい、
なかなか踏ん切りがつかなかったのですが
あの東北での地震があり、明日、自分が生きていられるという
保証は何もないんだと思うと、50歳になり、あと何年
生きているか分からないのに、これからずっと
暴力におびえて暮らし、辛い思いをしながら生きていくのは
いやだ!と決心を固めました。

まさか私が反乱を起こすと思っていなかった夫は
面食らったようで、離婚調停には1年以上かかってしまいましたが
晴れて、花のシングルになっています。

離婚を決意する1年くらい前に、保育園での
給食調理の仕事に就く事ができていました。

料理が好きだった上に、子どもたちから元気の
エネルギーをもらえるので、とても楽しい仕事です。

その保育園で、長年給食を作ってきた方は
だしの素も使うし 砂糖、味醂いっぱいの
おいしいけど、甘辛い味付けでした。

砂糖、油は、超控えめ
マーガリンは使わない
麺の給食の日のおやつはおにぎり
だしの素もウエイパーもパス!
野菜も無農薬のものを、皮ごと使う
ラディッシュや冬瓜、ズッキーニなどマイナー野菜の登場
おやつにバナナや輸入オレンジはパス!
冬のピーマン、夏のほうれん草は使わない
と言う私の給食は、初めの頃、保母さんや保護者さんには
なかなか受け入れていただけませんでした。

子どもたちも、最初は戸惑っていたようでしたが
すぐに慣れてくれて、うれしかったです。

先輩給食先生ともかなり葛藤がありました。
自分がこの保育園の給食を長年築いてきたという
自負がおありになったからだと思います。

でも、もうちょっと砂糖や油など減らす必要が
あるな、、、と改革の必要性を感じたんです。
幸い、園長先生が、初期の私のとんでもなく下手な
給食にも辛抱強く付き合って下さり、感謝しています。

おかげで今では、給食がいいからという理由で
うちの園を希望してくださる保護者さんも増えてきて
落ち込む日が多かった最初の2年間を
辛抱して、がんばってよかったとしみじみ思います。

この経験があるので、何があっても
諦めずに続けていれば、必ず成功するし
今与えられている仕事を精いっぱいやれば
必ず、認めてくれる人が現れるというのも
実感しています。

この地球上での、今世の私に残されているのは
後何年なのか分かりませんが、自分としては77歳まで
生きていたいな~

死ぬまでにやっておきたいこと、いろいろありますが

ドイツのクリスマスマーケットを見に行く
ドイツの市場で、さくらんぼを山盛り買って、食べる
ライプチッヒのコーヒー博物館に行く
ドイツで料理教室をする
値札を見ずに買い物をする
飛行機のファーストクラスに乗る
with 彼氏ですかね~

こんな、はちゃめちゃな私が提案するマクロビは
以前挫折してしまった方や、初めての方でも
やり続けることができるマクロビです。

プチマクロビでもやり続けていると、健康になるし
マイナス7歳に見られるような若さを保つことができます。

高校生の時のスカートもまだはけるようになり
毎朝4時半に起きることもできるようになりますよ。

このブログでは、マクロビ献立レシピだけでなく
読んだ本の感想や、保育園の給食、毎月やっている
マクロビクラスの様子なども書いています。

どうぞ、末永く、マクロビ四季の献立を読んでいただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です