タグ別アーカイブ: 香港

騒音はいやだけどショットは何杯でもおっけ~

歩き回ってかなり疲れてましたが
やはり、おいしいものの誘惑には
勝てないですねぇ

この日の夕食は、ベジタリアンの飲茶♪

最先端の飲茶か、ベジタリアン飲茶のどっちが
いいかと通訳さんから提示されたのですが
9人の参加者のうち、2人がベジタリアンだったので
ベジタリアン飲茶に決まったようです。

私はマクロビオティックやってるので、
ベジタリアン飲茶派みたいに思われてるけど
こんな風に外食するときは、あんまり主張しないように
してます、最近は。

マクロビオティックやり始めたころは、色々
注文をつけていたのですが、かなり迷惑かけるよなと
氣づいたし、友達失くしそうなので、最近は
おとなしくしてます~

で、今回のベジタリアン飲茶。

一つを除いて、どれもこれもめっちゃおいしかった!!!

ただ、お店の中国人ウエイトレスさんの
対応が、日本式に考えると横柄な態度で、
えっ?これって、どっちが客なの?みたいな。

9人のうち、8人はおいしい、おいしいと
興奮しながら喜んで食べたのですが、
飲茶猛者は、「毒気がない、、、」
「みんな、ほんとにこれが好きなん?」
「このあと、ぎとぎとのラーメン食べに行きたい」
などと、罰当たりなことをぼやいていました。

この夕食を食べ終わったら、もう宿に戻るのかと
まじめな私は考えていたのですが、香港はここからが
本番だよってことらしく、まだまだ香港ナイトは
何時間も続きす。

わたしひとりが宿に帰るのも寂しいじゃない?

眠い~
疲れそう~
なんだけど、みんなと一緒にバーを3軒はしご。

通訳さんお勧めのバーなんだって。

今までのショッピングセンター街と打って変わっての
バー街へ。

どの店にも黒人の呼び込みおじさんがいるんです。

その黒人が通訳さんを抱え込んで、
「うちの店で飲みなよ」
「1杯目は店のおごりだよ」

なんでどの店も黒人なの?と聞いてみたら
呼び込みもしてるけど、変な奴がさわぎだしたら、
店の外へほおり出す役目もしているそうです。

私、アルコールは好きなんだけど、
騒音は苦手なの、、、

香港のバーって、どこもこんなにやかましいのかしら、、、

隣の人と話をするのすら、困難なくらいの騒音。

店内音楽なんだろうけど、私には騒音にしか感じない~

2軒目はそんなにやかましくなく、しっとりした
雰囲気で、店内に卓球台とビリヤードがありました。

私以外、みんな喜んで卓球ダブルスをやってます。

みんな、上手なの~

私も人生初のビリヤードをやったんですが、
どうやったらここまで下手くそになれるのか
自分でも理解不能なくらい、めちゃくそ、、、

もう、腰が引けてる時点で、こいつ、運動神経ゼロだなとわかるよねぇ

3軒目は天井に蝶が舞ってる。

紙で作った蝶かと思ってましたが、本物だって!

ひえ~、、、

氣持ちわり~

テーブルにはバッタやコオロギが山ほどいて
昆虫がきらいな私は、ぎょえ~~

と思っていたら、妖精でした、、、

鉄で作った妖精。

う~ん、妖精って、パステルカラーの絵で
見ると、かわいいけど、こんな風に鉄色だと
昆虫と同じ範疇に入るね、、、

この3軒めで一人がダウンし、もう帰ると
言いだしたので、便乗して、私も「失礼します~」

残りの7人はその後2時間くらいして
お宿に戻ってきました。

その後も話は尽きず、何時間も話していて
寝たのは朝の5時過ぎ。

えっ、、それってもう起きる時間じゃん~

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




割り勘で108ドルと170ドル

香港風水ツアーは9人の参加者だったのですが
一人は、飛行機に乗り遅れて、「夜中に到着」
と連絡が入り、8人で夕食に出かけました。

お宿は、コーズウエィベイ(銅鑼湾)という
繁華街にあるので、ちょっと歩くとすぐに
大きなショッピングセンターなどがありました。

名前は全然、覚えてないんだけど
大きなビルの10階にレストラン街があり
そこの中で、てきと~に飲茶っぽいお店をチョイス。

さすが、土曜日だったので、どこの店も
行列ができていて、10分くらい待ちました。

その間、みんなが入れ替わり立ち替わり、トイレへ。

みんなが戻ってこないうちに一つのテーブルが
空いたので、4人は先にどうぞと言われました。

トイレ組が戻ってくるまで、一人は入口で待ち、
私たち4人は、お先に食べるね~

お肉たっぷりの焼きそばとか、焼き飯とか、
蒸し餃子とか、注文して、これでまだ
お腹が空いたら、さらに注文しようと
言うことになりました。

意外と早く、次々に料理がやってきます。

しかも、一皿がけっこう、大きい。

4人で4皿注文したのですが、もうこれ以上
注文しなくてもいいよねと言うことに。

精算すると431ドルちょっと。
じゃあ、一人108ドルか。

食べ終わり、残りの4人はどこに?と
店内を探してみると、ビールも注文して
楽しそうに食べてました。

4人組が精算してみると、一人当たり
170ドル。

えええっ!!!

ビールを注文したとはいえ、ずいぶん違うね。

あっ!
このテーブルには、九州ツアーの時の
牡蠣小屋猛者がいるからか!

今度は、飲茶猛者に進化してます♪

食事の後、「デザートを食べたいよね」
と、豆腐デザートの店を探して、場末の
市場通りを通り抜け、目指すお店へ。

豆腐ゼリーに、様々な味のシロップが
かかっていて、どの味もホットとコールドが
選べます。

飲茶猛者は、「チョコレートをホットで、
普通のをコールドで」

えええっ!!!

2つも食べるの?!

そりゃ、ここへ来たからには、いろんなのを
食べてみるべきでしょう!だって。

ココナッツ味とか、ジンジャー味とか
アーモンド味とか、どれもおいしかったんですが、、、

飲茶猛者のホットチョコレート味が、激マズ。

笑えるしかないくらいまずい。

自分が注文したのに、さすがの猛者も食べれなかった。



どんな味かと言うと、昔々、駄菓子屋さんに
あったチューブ状のチョコレートの味。
しかも、水っぽい。

お宿に戻り、今日の男子4人の秘密の
行動について、大盛り上がり。

何をしたのか、4人に了解を取ってないので
ここに書けないのが、ほんとに残念よ~♡

明日は通訳の人が風水なお寺などを
案内してくれるそうです。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




スラム街の香港エアビー

香港へ着いたのはいいけど、ここから
エアビーのお宿へ、自力で行くという
ミッションが待ってたんです。

中国語、まっ~たく、わからんのに、
どうやって行くべ、、、

グーグルマップは印刷してきたけど
スーパーウルトラハイパー方向音痴なので
予想通り、すぐに迷ってしまいました。

地図を見たり、道の看板を見たり
はあ、、、と途方に暮れていたら、
「なにか、お手伝いしましょうか?」
と、地獄で仏に会ったような言葉が降ってきました♡

40代くらいと、30代くらいの女性が2人。

40代の女性が日本語ペラペラみたいで、
話しかけてくれたんです。

「ここへ行きたいんです!」

2人で地図を見て、「こっちですよ」
「一緒に行ってあげますよ」

え~!いいんですか!
ありがとうございます!

かなり方向違いな場所にいたらしく、
しばらく、とことこ歩き回りました。

女性が、「大丈夫ですか?」と心配そうに
私を見てくれたんですが、そんなに
年寄りっぽく見えたかしら、、、

坂道を登ったりして、10分くらい歩き
やっと、スカイプチャットに上がっていた
エアビー宿が入っているアパートの写真と
同じ建物が見えてきました。

あ~!

あれかも!

そうみたいですね。
じゃあ、私たちは、これで失礼しますね。

ありがとうございました♡

今まで、「中国人は、急に小金持ちになった
貧乏人だから、品性がないんだ」と、超バカに
してたんですが、反省しました、、、

すみません。

建物が見つかったのはいいんですが
入り口がいまいち、わからんわ~と
思ったので、近くにあったコンビニに行って
「すみません。道を聞いてもいいですか?」
と、地図を見せようとしたら、、、、

ツアー参加者がぞろぞろと、店に
入ってきました!!!



なんて、ラッキーな私!

エアビーの部屋へ一緒に歩きながら
「スラム街じゃけ。部屋に入った途端
怒りださんといてよ」

私って、そんなに怒りっぽく
思われてるんかしら、、、

部屋がスラム街なんじゃなくて、
廊下がスラム街でした。

壁がいたるところで剥げ落ちてる!

香港は電車の切符の自動販売機では
使える紙幣の額が決まっているし、
クレジットカードも使えないの。

最初は50ドル札しかなかったので
それを崩すために、コンビニで
マンゴージュースを買って、やっと
電車に乗れたんです。

そのマンゴージュースが、めちゃおいしく、
12時ごろ小さいおむすびを食べて以来
水すら口に入れてなかったので、17.50ドルの
マンゴージュースで、生き返りました♡

生き返ったので、夕食を食べに出ていく
元氣も盛り返し、総勢9人で夜の香港の
中心街、コーズウエィベイへ繰り出しました。

どんな夕食だったのか、次回ね。

なんか、また4回くらい書かないと終わりそうにないかも。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村