タグ別アーカイブ: ANA機内食

ハーゲンダッツじゃないとテンション落ちるねぇ

シュツットガルト中央駅に早く戻りすぎましたが
コインロッカーから荷物も出してしまったので
周辺を散歩するのも、大変だし。

結局、待合室でだらだらと、待つより
することがない、、、

時間配分ほんとに、失敗したなぁ

玉ねぎのタルト、ツヴィーベルクーヘンが
秋のお菓子だから食べたらいいよと、教えてもらったので
探しまくったのですが、見つからなかったのよ。

多分、塩系のタルトだと思うけど。

甘い系のタルトしか売ってなかった。
見るのも飽きるくらい、てんこ盛りに売ってます。

また長女の好きなノルトゼーの寿司パックを買って
遅めの昼ごはんとして、4人でぱくぱく。

去年のイタリアから帰国する時、飛行機に
乗る前にちょっとアイスを食べたくらいで
お腹がいっぱいになってしまい、せっかくの
機内食を残す羽目になった経験があるので、
今回はできるだけ、おなかをすかしておかなきゃ。

私たちが乗る列車は、シュツットガルト⇒
乗り換えで長女一家は下車⇒私はそのまま乗ったまま空港へ。

時間が来たので、プラットフォームへ行ってみると。

なに?

この混雑は?

めっちゃ人が溢れてる?!

まさかこんなことになると思わず、
乗車券だけ予約してて、座席指定はなしだったの。

だって、行きはるんるんに空いていたし。

半端なく混んでいて、空いてる席なし。

あまりの混雑ぶりに写真を撮れなかったのですが、
予約席にはどこからどこまで、予約されてますと
駅名が表示されているんです。

で、その駅名表示がない座席だけが、フリーで
座っていいわけです。

たまに、シュツットガルトからでなく、途中の
駅からの予約席というのもあるので、その人が
来るまでは座っていても大丈夫。

婿さんがそういう途中からの予約席をやっと1席
見つけて、そこへ孫2人を座らせました。

30分ほど乗っていて、もう長女一家は乗り換えのため
下車しなければいけません。

出口に行くのが一苦労な混雑ぶりだけど、荷物を
抱えて、子どもも連れて、「すみません~」と
人混みをかき分けて、ちびちび前進。

私も出口まで付いて行こっと。

見ると、1年生の孫は、べそべそ、、ぐしゅぐしゅと
泣いているの。

去年のイタリアの時も別れるとき、べそべそ。

去年の3月に日本からドイツへ発つとき、
広島空港へ見送りに行ったけど、その時は
全然べそべそせず、にっこにこで旅立って行ったのにねl?

子どもの心理はわからないわ~

列車から降りて、乗り換え時間があまりないと
言っていたし、4人はあっ!と言う間に走り去って行きました。

私は空いてる席を見つけて、フランクフルトフルークハーフェンまで。

img_0450

来るときは深夜便だったので、食事も軽めの内容でしたが
帰国は夕方便扱いになるので、期待できそう♪

食事の後、恒例のアイスクリームが配られたんです。

長女が去年帰国した時、不満を漏らしてましたが
私の便も同じように、無名アイス会社のものだった。

img_0459

一昨年、ニューヨークへ行ったときは
ハーゲンダッツだったのにぃ

今、ANAは乗客数でJALを抜いた!と
大宣伝してるし、大儲けしてるんじゃないん?

なんでこんな緊縮財政的なアイスを?

最近、ANAの人と会うことがあり、
この疑問をぶつけてみたら、「実はねぇ、
機械的な事故とか続いてて、その修理に
お金がかかっていて、けっこう厳しいんですよ」

あら、、、そうなの、、、

まあ特にハーゲンダッツファンでもないんだけど
普段食べないから、機内食で食べれると
特別感があって、うれしいのよ♡

機内は満席で、またまた4人掛けの席の
真ん中という最悪な席になってしまったんですが
56歳のオバハンは、エコノミー症候群防止のため
「すみません~」「ちょっとトイレ行きたいので~」と
遠慮なく頻繁に出させてもらいました。

img_0460

今回もギャレーを偵察♪

すてきな絵はがきも置いてありました。
ちょうど、CAさまが来られたので、「これは
合成写真なんですか?」と失礼なことを聞いてみたら
「いえ、ちょうどうまい具合にこういう写真が
機内から撮れたのです」だそうです。

img_0159

羽田から広島空港への飛行機もこれまた満席どころか
ダブルブッキングになっていたのか、
アナウンスで「遅い便に代わってもいいお客様には
1万円か、ANAポイントを差し上げます」。

ひょお~

明日仕事じゃなければ、遅い便に代わってあげるんだけどねぇ

国内便は飲み物しか出ないし、しかも種類とかサービス、
めちゃ低と学習していたので、さっきのギャレーから
もらってきたアラレを食べながらもらったコーヒーを
飲んで、夕食代わりに。

羽田空港ですごい光景に出会い、衝撃だったんですけど。

フランクフルトから羽田への機内で、ビジネスクラスに
家族5人で乗ってる人がいたの。30代前半の夫婦で、
とくにセレブ感は感じられず←失礼な上から目線でごめん。

で、子ども3人が小学校低学年、幼稚園、1歳くらいで
それぞれ、ビジネスクラスの座席に一人ずつ!

おおっ!

この運賃を払える若夫婦はどんな職業なん?と
よっぽど聞いてみたかったわ。

で、その人たちが羽田で荷物を受け取っていて
特大スーツケースとボストンバッグを各5個と
なにかわからないけど、小動物のケースも。

この話を友達にしてたら、「そりゃ、あなたなら
どんな仕事なんですか?と聞けただろうに」
「いや~、聞いてほしかったわ」

うん、知りたいよねぇ

ドイツ旅行記のオチがしょーもない話に
なってしまいましたが、この部分が
今回の旅行の一番の思い出かもw

2000字超えてしまい、長々と失礼しました。

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

また、今年も孫に会いに行きたいな~
どんな季節がいいかな~とワクワク&
悩みながら旅行計画を立てています。

いつも、クリックしていただき、ありがとうございます∞

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村